節約

節約」に関するマネーコンテンツを 341件掲載しています。 固定費変動費イベント費節約アイテム節約の心構え などのお役立ちコラムを集めています。
また、節約は、 使う の中に入るカテゴリーです。

節約とは、「なにかを切り詰めたり、無駄を省くことによって、その分のお金を浮かせること」です。
よく「節約ってつまりケチってことでしょ?」と思われがちなのですが、「節約すること」と「ケチケチすること」は似ているようで違うものなのです。
辞書を引いてみると、「節約」はあくまで「生活における<無駄>」を切り詰めるものですが、ケチは「必要以上に金品を惜しむこと」と定義されています。
ですから、節約において必要以上に無駄を切り詰める必要はありません。
「節約は決してケチではない」のです。

節約にはメリットこそあれど、デメリットは見当たりません。
これが一番のメリット、と言えるかもしれません。
というのも先程述べたように、節約はあくまで「生活する上で起こっている<無駄>を無くす行為」ですから、その分浮いたお金や時間が発生しても、決してなくなるようなことはありません。
ですから、節約はすればするだけ得をする、といっても過言ではないでしょう。
その時間やお金を有効活用すれば、資産を増やすことだって夢ではないのです。

節約の方法といっても、さまざまなものがあります。
一番節約しやすいものと言えば、水道代や電気代、ガス代といった光熱費ではないでしょうか。
こまめに電気や電化製品の電源を切ってあげたり、ガス代を節約するために保温調理器で料理をしたり……など、様々な節約方法があります。
他にも、携帯電話のパケット代を節約するために、極力Wi-Fi回線で繋ぐ、自家用車ではなく、カーシェアリングに加入して使いたい時だけ利用する、といったものまで、節約できるところはたくさんあるのです。

節約において一番大事なことは、やはり最初に述べた「必要以上の節約をしようとしない」というところにつきます。
節約したいからといって、真冬の間も暖房機器は使わず、毛布や湯たんぽだけで生活する、といったものでは、生活に支障が出てしまいますよね。
「節約だから」と無理をしてしまう、または同居する家族にも必要以上の「節約行為」を強要してしまうのでは、「ケチ」と変わりません。

「節約」は、義務ではなく趣味のように、楽しくやるのが長続きさせるためにも効果的です。
ご家族や同居している人がいるなら、みんなで楽しくできる「節約方法」を選ぶのが、気持ちよく、そして一番効果の高い「節約方法」なのです。
「家族みんなで取り組むことが出来る」というのは、節約ならではの特徴とも言えるかもしれません。
もちろん一人暮らしの方も、「自分が楽しく出来る」ことを優先させてみてくださいね。

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com