貯金の心構え

貯金の心構え」に関するマネーコンテンツを 26件掲載しています。
また、貯金の心構えは、 貯める貯金 の中に入るカテゴリーです。

貯金に対しての考え方で「我慢をすることだけが貯金である」と考えている人も少なくありません。
外食は全くしてはならない、お菓子も全て断ち切るなど、その徹底ぶりを楽しめれば良いのですが、そのような我慢ばかりでは貯金をすることは出来ません。
貯金ができる人と貯金ができない人の違いは、貯金の心構えにあります。

基本的に貯金は、少なくとも半年、長くて数年と継続して取り組んでいくものです。
数ヶ月やって終わりということではないので、できるだけストレスは少ない方が取り組みやすいですよね。
まずは貯金に対する正し心構えを持つことが、貯金をしていく上でも大切なことになってきます。

貯金をするにあたっては、目標を持つことが大切になってきます。
貯金をしたいと言う人は多いですが、「どうして貯金をしたいのか」が漠然としている場合が多く見受けられます。
「将来のため」「いざというときのため」など、理由は何でも良いのですが、より具体的な目標を持ったほうが貯金をする強い動機になるものです。
そして貯金を楽しむ気持ちを持つことも大切なことです。
例えば外食が好きで毎週末にはおいしいものを食べに出かけているとします。
その外食を一切やめて浮いた分すべてを貯金に回す、という考えではなく、外食をやめて貯めた10万円のうち、5万円で1年に1回超高級レストランに行く、と考えればやる気も出てくるのではないでしょうか。

他にも使っているお金は浪費なのか、消費なのかを意識することも大切です。
消費は生活をする上でに必要な出費を指します。
衣服、食品、生活用品など、日々の生活上で欠かすことの出来ないものを買うことは消費です。
浪費は生活に必要のない出費です。
たとえばお菓子やジュースなどは食べなくても特に問題はないもので、健康にも良いものではありません。
高級腕時計も、時間を確認するだけであれば高価である必要はありませんよね。
このように生活をする上で、無くても良いものは浪費に該当します。
貯金には浪費などを辞める我慢は必要ですが、必要以上に我慢をしないことが、貯金を継続していく上での心構えとして大切であると言えます。

貯金をするにあたって持っておきたいメンタル面の話などもマネストでは扱っていますので、貯金を始めようと思ってる方や、貯金してるけど辛い……という方は、ぜひとも一度読んでみてくださいね。

「貯める」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com