変動費

変動費」に関するマネーコンテンツを 63件掲載しています。
また、変動費は、 使う節約節約費目 の中に入るカテゴリーです。

日々家計簿を付けていると、食費などは日に日に増えていくのが目に見えます。
それだけに金欠状態になると、一番にしわ寄せがくるのが食費でもあります。
交通費なども電車やバス、タクシーに乗ると発生してしまいますので、できるだけ徒歩や自転車移動に切り替えてしまうものです。

変動費には食費や、水道光熱費、交通費といったものがありますが、これらは比較的自分でコントロールがしやすいものでもあります。
「今月の給料も使いきってしまい、あと数日どうやって耐え凌ごうか……」と考えた際に、まず思いつくのは食費を削ったり、遊びに行くのをやめるなど、極力お金を使わずに過ごすこと、つまり変動費を減らすことなのではないでしょうか。

たとえば節約したい費目が1番目が食費、2番目が電気代、3番目が水道代だとします。
食費を節約したい場合に考えられるのは外食を減らすことです。
今までお昼のランチは必ず毎日外食だったのを、お弁当を作るなどして週に1回だけにします。
1回のランチに1,000円かかっていたとすれば、これだけで6,000円は削減できますから、これは効果的と言えます。
またおやつなどの間食をしがちなのであれば、ダイエットもかねて食べないようにするなどが挙げられます。

電気代を節約したい場合に考えられるのは、使わない電化製品のコンセントは抜いておくことです。
他にも夏場のエアコンはなるべく扇風機を使う、電気はこまめに消す、省エネの電化製品に買い換えるといったことが挙げられます。

水道代を節約したい場合に考えられるのは、洗濯の回数を減らすことがあります。
一人暮らしでも今まで毎日洗濯していた、ということであれば、2日に1回の洗濯にしてもさほど問題は無いでしょう。
また、冬場お湯を使いたいけれどなかなかお湯が出てこない時など、水を流しっぱなしにしてしまうことがありますよね。
この水を洗濯用の水としてためておき、洗濯をするときに使うという方法もあります。
特に水は手を洗ったり洗い物をするなど使用する機会が多く、ちょっとした出しすぎに注意をすることで水の無駄遣いを減らすことが出来ます。

変動費を減らしたい、と思ったら、ぜひともマネストのコラムを参考に、節約を実践してみてくださいね。

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com