保険

保険」に関するマネーコンテンツを 4件掲載しています。
また、保険は、 貯める の中に入るカテゴリーです。

保険とは、「将来起こるかもしれない<危険>」に対して、お金を事前に払いながら備えるしくみです。
実は、なにかが起こった際に支給される保険料は、同じ保険会社に加入している加入者全員の支払う保険料から賄われています。
ですから「保険」とは、ある1人の身に起きた事故や入院などを、みんなで支える「相互扶助」のしくみなのです。

保険に加入していることによるメリットとはどのようなものがあるでしょうか? 1つは、もしも不慮の事故に遭ったり、病気になったりしたとしても、保険にさえ入っていれば手術代や入院費がなんとか賄えるくらいのお金が支払われることです。
たとえば、入院費は1日単位で費用がかかってしまうものだということをご存知ですか?
入院が長引けば長引くほど、その入院費は嵩んでいってしまうのです。
しかも、入院中は働くこともできませんから、収入も途絶えてしまう可能性も否定出来ません。
そんなときに保険が降りてきたら、大助かりですよね。
このような緊急事態にしっかり備えることが出来る、というのが保険の大きなメリットです。

しかし、殆どの保険は「掛け捨て型」というものであることを知っていますか? これはその名の通り、満期を迎えたとしても、払い込んだ保険料は返ってこない保険なのです。
とはいえ、万が一のことを考えると損失は少ないほうですから、これを必要経費とみるかデメリットと見るかは、その人の考え方によります。
そして、保険料の問題もあります。
一般的に、支払うべき保険料は年齢が高くなればなるほど費用が高くなってしまいます。
これは、年齢が高いほうが病気のリスクが高い、と見なされるからです。

保険には、大きく分けて2つの種類があります。
1つは生命保険。
「人のいのち」に対する保険です。
主に、終身保険や死亡保険、医療保険がこの「生命保険」に属しています。
そしてもう1つは「災害や事故」に対する保険である「損害保険」。
これは、自動車保険や火災保険、海上保険などが主な種類となります。
どちらも選ぶ際には、「今の自分にはどのような保険が必要なのか?」ということを優先して考えてみてください。

とはいえ、保険は会社の数以上の商品数ですし、同じ会社の同じ名前の商品でもコースや種類によってその内容が変わっていたりと、とても比較するのが難しい商品でもあるのです。
ですから、いろいろ調べて比較してみてもよくわからない・・・となってしまった場合は、街中にある保険代理店や、普段使っている銀行などで相談してみるのも1つの手です。
生命・損害共にマネストでは基礎知識から活用法まで提供していければと思いますので、ぜひともご覧下さい。

「貯める」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com