• 4人家族の生活費平均は24万!20万円以下に節約して余裕のある生活を送るためには?

2017/02/28

使う

66941views

4人家族の生活費平均は24万!20万円以下に節約して余裕のある生活を送るためには?

4人家族の生活費平均は、なんと24万円!?

4人家族の生活費平均は24万!20万円以下に節約して余裕のある生活を送るためには?

あなたのご家庭では毎月いくらの生活費がかかっていますでしょうか?その生活費を少しでも抑えたいですよね?

総務省が発表している家計調査によると、勤労世帯のうち、2人以上の世帯の生活費の平均は月315,379円(2015年調査)という統計がでています。このうち住宅ローンなどを除くと、実際には24万円程度での生活費が必要です。

地域別に見ると、最も支出が多いのは北陸で33万6,600円、最も支出が少ないのが沖縄の23万9,000円で、東京などを含む関東の大都市圏は北陸に次ぐ33万1,700円となっています。

また、年齢別には子どもが高校生や大学生になる50代での支出が最も多く、その支出の平均は34万円となっています。

これらの統計を踏まえると、生活費は毎月結構かかることが分かります。収入を増やす以外にどうすれば節約できるのか?その方法を具体的に紹介します。

4人家族の生活費、見直そう

4人家族の生活費平均は24万!20万円以下に節約して余裕のある生活を送るためには?

生活費を見直すには、食費光熱費の見直しから入るとスムーズな節約が可能です。というのも、これらが最も見直しがしやすい項目だからです。

例えば住宅ローンの見直しの場合は繰り上げ返済や住宅の売却など、根本的なところを変えなければ月々の支払は変わりません。賃貸住宅の場合も家賃を見直そうと思うと引っ越しが前提となります。

保険の見直しの場合は、過剰な保険となっている場合は効果的ですが、そもそも加入段階でしっかりと必要な保険金額を計算しているはずです。そのため意外とロスがでていないことが多いのです。

反面、食費や光熱費は買い物の方法や支払方法によって簡単に節約ができる項目でもあります。まずは食費と光熱費の見直しから解説します。

4人家族で食費はどれくらいかかる?月平均は?

先ほど紹介した総務省の家計調査によると、毎月の家計の支出である31万5,400円に大して、食費の平均は7万4,300円となっており、家計支出全体の1/4もの支出は実は食費であることが分かります。1カ月が30日だとすると、1日当たり2,476円かかっている計算となります。

もしあなたのご家庭が8万円以上の食費であれば、もう少し節約した方が良いでしょうし、5万円ほどでやりくりしている場合は毎月3万円近く貯金に回すことができるでしょう。

もちろん、食費を節約したいからといって、無理な節約を続けていると途中で挫折してしまうかも知れません。平均値は個人の事情を考慮していないので、あなたのできる範囲で節約することが大切です。

4人家族で光熱費(電気代等)はどれくらいかかる?月平均は?

光熱費の全国平均は一体いくらくらいなのでしょうか?同統計によると、光熱費の全国平均は23,000円となっており、家計支出の中でもそれなりの費用が毎月かかっているといえるでしょう。

光熱費は他の電力会社に切り替える方法や、他のプランに変更する方法、オール電化にしてガス代を浮かす方法などさまざまです。お料理をガスでするのが良いと思っている人はガスは必須ですし、光熱費を効率よく管理したい人にとってはオール電化が便利です。

いずれにせよ、あなたのご家庭に合った方法で、最も良い会社やプランを選ぶと良いでしょう。

ただ、支払方法は工夫するとお得になる場合が多いようです。具体的にはクレジットカード払いにより、毎月ポイントを貯めることができますので、どうぜ支払うなら少しでもポイントを稼いでお得に支払いましょう。

シンプルライフで生活費を節約しよう

4人家族の生活費平均は24万!20万円以下に節約して余裕のある生活を送るためには?

生活費を見直すには、シンプルライフがおすすめです。シンプルライフは決して無理をして強引に生活費を切り詰めるということではなく、無駄なものを抑えて効率よく生活する方法のことです。

シンプルライフに入る前には家計簿をつけることが大切です。あなたの家計の状況を明示化すれば、一体どこに無駄があるのか?毎月どの項目に対する出費が多いのかが一目瞭然となります。まずは家計簿をつけて、その上でシンプルライフを心がけましょう。

シンプルライフを具体的にいうと、「必要なものだけ買う」「食材は使える分だけ、すぐ使う」「冷蔵庫や洗濯機のサイズが適切か見直す」「小さい間取りでも快適に過ごす方法を知る」などがあげられます。それでは、1つずつ具体的に見て行きましょう。

断捨離で必要なものだけ買う生活を!

買い物をする際に、つい余計なものを買ってしまい、それが積み重なって大きな浪費となってしまうという人がいらっしゃいます。スーパーで買い物をしている時、本当は献立とは関係ないけれど、特売や値引きの文字を目にして衝動買いをしてしまうことは誰でも経験があるのではないでしょうか?

スーパーで買い物をする時のコツは、先に献立を決めておき、買う物も事前に決めてから行くということが大切です。事前に決めたもの以外は買わないようにしていると、不要なものを買う恐れがなくなります。

献立は1週間単位で決めておくと、特売に合わせて買いに行くことができますので、なるべく計画的な買い物を心がけましょう。

食材は使える分だけ、すぐ使う

食材は使える分だけすぐに使うということも大切です。そうすることで腐ったり傷んだりしにくくなります。たとえば生鮮食品の場合、加熱して料理にしてしまえば長持ちします

反面、冷凍食品は長期保存がメリットなので、これらをいつ使うかでタイミングを調整するとよいでしょう。

刺身などの生ものは直ぐに食べて、それ以外の生鮮食品は料理をして数日持たせ、長期保存がきく食材は次の買い物までのタイミングを見計らって買う。そういう段取りの仕方によって、無駄な食材が減り、結果的に節約となるでしょう。

4人家族、冷蔵庫や洗濯機のサイズは適切?

冷蔵庫や洗濯機のサイズが適切かどうかも節約のポイントです。無駄に大きな冷蔵庫や洗濯機では電気代が勿体ないですし、家族の人数に対して小さすぎる冷蔵庫や洗濯機は家事の効率を落としてしまいますので、無駄が多く出るきっかけとなりかねません。

できれば冷蔵庫や洗濯機は、日々の生活の中でピッタリか、ほんの少し余裕があるという程度がおすすめです。

もちろん、節約のためといっていきなり冷蔵庫や洗濯機を買い替えるというのはあまりおすすめではありません。何のための節約か分からなくなってしまいます。

あくまでも、次に買い替えるタイミングが来た時に参考にしていただければと思います。

4人家族でも2LDK・3LDKの間取りで楽に過ごせる!物が少なければ快適ライフに!

住宅のチラシを見ていると、1LDKや2DK、2LDKや3LDKなど、その広さに応じて適切な家賃が設定されています。しかし、家族が何人だからこの広さにしなければいけないというルールはありません。

それらは目安でしかありませんので、多少狭い住宅だったとしても、インテリアや家具の配置を工夫することで、家族みんなが快適に暮らすことはできるでしょう。

家賃を抑える代わりに住宅が狭いという人は、なるべく物を減らしましょう。物が多いと居住スペースの体積が減ってしまいます。なるべく物を少なくして間取りを最大限に活用するようなインテリアや家具の配置を心がけると良いでしょう。

まずは家計簿の見直しからスタート!

4人家族の生活費平均は24万!20万円以下に節約して余裕のある生活を送るためには?

生活費の節約は食費や光熱費から行うと手軽に無理なく節約することが可能です。余計な食材を購入したり、無駄な光熱費を支払わなくても良いように、しっかりと自己管理をしておきましょう。

それらを管理するには、家計簿をつけて家計の明示化が大切です。節約のスタートは家計簿からと心得ておきましょう。節約生活をスタートさせたら、なるべくシンプルな生活を心がけると結果的に節約につながります。シンプルで無駄のない生活を心がけましょう。

関連する記事

食費に光熱費......もうこれ以上は節約できない!というアナタにオススメな1ヶ月5週間やりくり!

【節約もどき?】あなたのその行動、本当に節約になるの…?ついやりがちな間違い節約ベスト5はこれだ!

家計の節約、意外と知らない固定費の節約、家計簿をつけるメリットは?4つのカテゴリーから検証

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com