貯金のしかた

貯金のしかた」に関するマネーコンテンツを 15件掲載しています。
また、貯金のしかたは、 貯める貯金 の中に入るカテゴリーです。

これから結婚や出産を控えている、車や家を買いたい、学校に行きたいなど人生には大きな買い物や出費が必要な時があります。
また病気やけがで入院することになったり、失業で無収入になったりと、思わぬ出来事で出費をする必要に迫られる場合もあります。
人生の一大事や急な出費といった、いざという時に貯金が無いと身動きがとれず、何も出来ない状況になってしまいます。
急な支払いや困難な状況をもスムーズに乗り越えていくには、貯金があったほうが良いことは言うまでもありません。

貯金のしかたには小銭で貯金していく、貯金専用の銀行口座を使うなど貯金の方法も人それぞれです。
小銭貯金などは貯金箱等につど貯めていき、満タンになったら開封して使ったり、銀行窓口に行って銀行口座に入金の手続きをしたりします。
貯まっていくにつれ貯金箱はどんどん重たくなってきますので、お金が貯まっている!という感覚をダイレクトに感じられます。

また、現金を近くに置いておくことに抵抗がある人は、貯金専用の銀行口座を用意してお金を貯めていくことも有効です。
手元に置かないことで使う心配が無くなりますので、自然と貯金ができるようになることもメリットです。

貯金が苦手な人や出来ない人は途中で飽きてしまったり、欲しいものはどんどん買ってしまう傾向があります。
貯金をする前に使ってしまうので、どうしても残らないのです。
貯金をするには闇雲にただ貯金をするよりも、貯めたお金をどうしたいかなどの目標を持つことで途中で挫折してしまうのを防げます。
家を建てるために総額300万、子供の今後のために毎月2万を貯金するなど、明確な目標があることで貯金が増えていくことの楽しみが感じられるようになります。
苦痛に感じてしまうと人間は途中で辞めたくなりますので、楽しんでできるかどうか、というのは実は大きなポイントなのです。

貯金が上手な人は家計簿を付けたり、給料が入っても無駄遣いをしないなど、自己の管理も上手にしています。
こういった人の場合は欲しい物があっても目的のためなら我慢ができます。
大きな目標があるからこそ目の前の甘い誘惑には負けずに取り組めるのです。
貯金を継続していくには自制心、忍耐力、貯金の目的を持つことが大切になります。

マネストでは小銭貯金から銀行を使った貯金、また楽しみながらできる貯金まで様々な貯金方法を扱っていますので、できそうなものが見つかったらぜひとも実践してみてくださいね。

「貯める」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com