固定費

固定費」に関するマネーコンテンツを 37件掲載しています。
また、固定費は、 使う節約節約費目 の中に入るカテゴリーです。

固定費は家賃や駐車場代、通信費などほぼ決まった一定の額や、生活していく上で必ずかかってくる費用です。
必要経費として把握がしやすい一方、日々の生活の中でコントロールができないものもあります。
家賃や駐車場代などは契約の段階で金額が決まってしまいますので、同じところを利用し続ける間は節約するといったことが難しいところでもあります。

このような費用を削減するためには、探す段階でどこまでなら妥協できるのかを決めておく必要があります。
たとえばお部屋探しであれば、お風呂とトイレは別でなくとも良いのか、洋室ではなく和室でも良いのか、住む部屋も広々とした空間が必要なのかどうか、といったことが該当します。
多少狭くても生活に問題がないのであれば、狭くて安い部屋を選んだほうが節約にはなりますよね。

固定費で一番負担になるってくるのが家賃です。
一般的に家賃に充てる金額として適正とされているのは、収入の約1/3程と言われます。
毎月の給料が30万とすれば大体10万程が家賃に消えるわけです。
しかしこれは他の出費で何がいくらあるのかによっても、1/3という数字が適正かどうかも変わってきます。
例えば毎月車のローン5万円が固定費として発生する場合を考えると、給料から5万円が引かれた状態で計算しなくてはなりません。
よって実質月25万が使えるお金ということになり、25万円の1/3である83,000円までが家賃として使えるお金になります。
当然ながらこの固定費が低ければ低いほど残るお金は増えますので、貯金を考える上で固定費を下げることは前提条件となってきます。

ただ、固定費を下げすぎたあまりに生活に支障をきたしてしまう場合も考えられますので注意が必要です。
例えば家賃を下げるために今までのマンションからアパートに引っ越したとします。
マンションに住んでいるときは駅が近く徒歩圏内だったのがアパートに引っ越したところ、駅までかなり距離があるので自転車やバスに乗る必要が出てしまうこともあります。
安いものには何らかの理由が存在しますので、入念な下調べをしマイナス面に対してどこまで妥協できるかを決めておきたいものです。

家賃だけでなく保険料や通信費といったものまでマネストでは扱っていますので、参考にしてみてくださいね。

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com