2015/07/30

使う

4922views

【使い捨てはNG!】繰り返し使って無駄なコストを削減!キッチンで使う4つの日用品を節約すべし!

キッチンは、「使い捨て」の宝庫なんです……なんてもったいない。

キッチン 節約


キッチンでは日々料理をして、その時にラップやアルミホイルを使ったり、茶碗洗いでは当然洗剤を使うでしょう。


これらは一見すれば使い捨てのように思われ、実際使い捨てて使っていないでしょうか。


しかしこれらの物は工夫すれば代用したり、使う量を減らしたりして節約も出来ます。


使い捨てられてしまうこれらの物を是非とも節約してみましょう。


4つの使い捨てられがちな日用品は、こうして節約しよう!

キッチン 節約

ラップは、繰り返し使える代用品を使う!

ラップは使い捨てのを買って使っていれば、すぐに無くなってしまいます。


無くなる度に新しいのを買わないといけないので出費も増えます。


これを何かで代用すれば出費が減らせて節約できます。

シリコンラップなら繰り返し使える!

ラップは普通は使い捨てますが、それではすぐに無くなって新しいのが必要になります。

しかしシリコンラップならこのような心配はありません。


シリコンラップはシリコンで出来たラップであり100均などで売っています。


通常のラップのように使えて、しかも洗って何度も繰り返し使えるのでお得です。

ジップロックやフリーザーパックは、そのままチンできる!

ジップロックやフリーザーパックは、洗えば何度も使えてお得です。


しかもこれらは冷凍や解凍するときもそのまま使えて、いちいち取り外す必要もなく、冷凍保存したもののレンジなどで解凍することも出来ます。


これらをラップ代わりにすれば、節約にもなります。

ジップロックのフタや、食器用のフタは便利です。

ラップの変わりに、食器の蓋やジップロックの蓋を使うという方法もあります。


こうすればラップを使わずに済んで、節約になります。


ただし洗い物が増えるというのが難点です。

アルミホイルは、一度使っただけで捨てない!

アルミホイルは、一度使っただけで捨てない!


アルミホイルは実は何かに使った後も、使い道があり、そうすればお得に使えて節約にもなります。

タワシ代わりに使えるんです。

実はアルミホイルは一度使った物でも、くしゃくしゃに丸めればタワシ代わりになります。


アルミで代用したタワシなら、硬いこびりついた汚れなども綺麗に落ちます。


ただしテフロン加工の製品には使わないようにしましょう。

包丁やハサミ等を研ぐ時にも使えます。

アルミホイルを数枚重ねて、包丁やハサミで切れば切れ味が良くなります。


これはアルミ粒子が砥石の変わりとなるので、切れ味を良くする効果があるのです。


もちろん一度使ったアルミホイルでも可能です。

ごぼうやレンコンといった野菜の皮を剥く時にも活用!

くしゃくしゃにしたアルミホイルで、ごぼうやレンコンを擦ると皮が剥けます。


しかも泥を落としながら皮が綺麗に剥けるので便利です。


でこぼこした向きにくい野菜などにも使えます。

小さく丸めたものを排水溝などに入れておくと、ぬめり防止にも!

キッチンの排水溝に丸めたアルミホイルを2~3個ほど入れておけばヌメリ防止になります。


これはアルミホイルが殺菌の繁殖を抑えるので、ヌメリ防止や悪臭防止の効果があるのです。

そのキッチンペーパー、ほんとうに1枚必要?

キッチンペーパーは実は他のもので代用できることも多いのです。


代用したりすればわざわざ買う必要もありませんし、キッチンペーパーの使う量を減らせば節約にもなります。

そもそも、キッチンペーパーは半分でも十分なことが多い。

キッチンペーパーは1枚使う必要はなく、油を吸い取れたりすれば十分です。


そのため、わざわざ1枚使って使わない部分を出すよりも、半分だけにして節約しながら使うと出費も抑えられます。

新聞紙や広告、DM類も何枚か敷けば代用品になる!

キッチンペーパーで油を拭き取れないということも多いです。


油がまだあるのでもう一枚キッチンペーパーを使うとなれば、余計にもったいないです。


そのような場合は、新聞紙や折り込みチラシなどで代用できます。


新聞紙や折り込みチラシは捨ててしまう物なので、せっかくなのでキッチンペーパーの代用として使ってみましょう。

小さく切ったガーゼや使い古した肌着でも十分使える!

使って余ったガーゼや古くなって破けて使えない肌着などでもキッチンペーパーの変わりになります。


小さく適当な使いやすい大きさにして、油ふきなどに使ってみましょう。


驚くほど油が吸い取れます。

洗剤の消費量は減らせる!

洗剤は毎日の茶碗洗いで絶対に使う物です。


これをどうやって節約するかで出費をどれだけ減らせるかも決まります。


洗剤は工夫すれば意外に節約できるものなんです。


特に油汚れは落ちにくいので、これを洗剤以外で綺麗にするようにすれば洗剤の節約になります。

お米のとぎ汁で、油汚れは分解できます。

頑固な油汚れは何度も洗剤を使って汚れを落とすなら、変わりに米のとぎ汁を使ってみましょう。


とぎ汁に油汚れの食器を浸けておくだけです。


そうすればとぎ汁のでんぷんが油を分解して綺麗にしてくれます。

アクリルタワシを使うのも手。

アクリルタワシは洗剤を使わなくても汚れを落とす優れものです。


アクリルの細かい繊維が汚れを落としてくれるのです。


しかしこれはなれない人には抵抗があるかもしれません。

使い捨てるものはどうせ捨てるのです。だからこそ費用はかけないこと!

節約 再利用


日々キッチンで使うようなラップや洗剤は使い捨てるようなものです。


使い捨てのものだからこそ、費用をかけないようにする、代用できる物で代用する、ということが節約になります。


いつもは使えないと思ってそのまま捨ててしまっていた物が、こんなところに代用できたりするということもあるのです。


是非とも今回紹介した節約方法を試してみて下さい。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com