2016/03/26

使う

1673views

電力自由化は本当にオトク?通信会社のセットプランを徹底比較!

ついに一般家庭向けの電力自由化が始まる!

電力自由化 画像

普通の家庭で冷蔵庫・エアコン、テレビ等の電気を使う場合、今までは自分の住んでいる場所によって利用する電力会社が決まっていました。

言い換えるなら、事実上、電力会社は使用する人が選べない仕組みであったと言えます。

しかし、2016年4月から電力自由化がはじまり、一般の家庭でも電力会社を選べる様になるため、より安価で電気を提供している新電力を利用することによって電気代を今までよりも抑えられる可能性があります

また、電力自由化によって良い意味で競争が激しくなり、その中でもセット割という一種の割引制度を導入予定としている電力会社も多くあります。

別のサービスとセットになったセット割を利用することで、今までよりもずっと費用を削減できるかもしれません。

 

ここでは、セット割を導入予定の通信会社について、サービス内容等も含めて紹介していきます。

ソフトバンクについて

ソフトバンク 画像

通信会社の中でも、既に電力事業を行っており実績が多数あるのがソフトバンクです。

子会社に「SBエナジー」があり、太陽光発電を中心とした電気事業を展開しています。

ソフトバンクは「東京電力」と提携しており、万が一の場合にも対応できるように万全の体制を整えています。

新電力を利用するにあたって一番の懸念点が「安定的な電力の供給」ですが、その点をソフトバンクは一番カバーしていると言えるでしょう。

 

また、多数の店舗で使用できるTポイントとも連携しており、電気の使用に応じてポイントが付与される仕組みとなっています。

Tカードを持っている人が非常に多いため、ほとんどの人がお得な対象となるのが強みです。

その他、別で「おうち割」と呼ばれるセット割を提供することが発表されています。

おうち割には2種類あり、携帯電話とネット回線をセットにする場合と、携帯電話かネット回線に電気をセットにするプランがあります。

家族のほとんどがソフトバンクユーザーの場合は、このどちらかのセット割を利用すれば今よりも費用を削減できる可能性が高いでしょう。

auの「auでんき」について

エーユー 画像

テレビCMでも多く知られている、携帯電話キャリアの一つであるKDDIグループも電力事業に参入すると言われています。

展開する電力サービス「auでんき」の大きな特徴として、沖縄等を除けば日本国内のほぼ全ての地域が利用可能です。

 

また、電気とauの携帯電話等を同時に利用することで、auでんきセット割」を利用することが出来ます。

月額電気料金に応じた金額によってauWALLETプリペイドカードに付与されるポイント還元率が変わり、5千円未満の場合は1%、5千円以上8千円未満なら3%、そして8千円以上なら5%のポイントをキャッシュバックされます。

以前からauのサービスを利用しており、プリペイドカードを頻繁に利用している人に特にお勧めです。

 

その他、「auでんき」を稼働するにあたって、電力をどういった形で販売するのかといった内容は公にされていませんが、実は別のサービスで既に電力事業を展開しています。

2014年9月に開始された高圧電力として「マンション一括受電」と呼ばれるサービスを提供しており、この実績を踏まえてより良いサービスを提供されることが期待できます。

携帯キャリアの一つであるソフトバンクもauと同様に電気の販売に参入していますが、現段階では東京・関西、中部電力エリアに限定されています。

そのため、それ以外の地区に住んでおり、現在auの携帯電話を利用している、又はこれから利用する予定がある家庭にお勧めです。

NTT(ドコモ)について

ドコモ 画像

大手携帯会社であるドコモのNTTグループでは、現在時点では「セット割」の導入は見られませんが、電力会社やガス会社と提携しdポイントとして還元することを発表しています。

中部電力との提携では、電気を支払う際にドコモ専用のカードである「dカード」を使用することによって、通常よりも多い「2倍」のポイントが付きます。

dカードでは基本的に1%のポイント還元となっているため、2倍だと2%分のポイントを付与されます。

このポイントはその他にもローソンやマクドナルド、ぐるなび等でもポイントが貯まり、また使う事ができるため、身近な所で利用しやすいのが特徴です。

また、大阪ガスとも提携することが発表されています。

現地点ではNTTの通信と大阪ガスの電気のセット割が検討されており、2017年4月にはガス自由化が始まりますので、2017年にはさらにガスがセットになる「トリプルセット割」が提供される可能性が高いと考えられています

 

現在中部電力から電気を受けている家庭や大阪ガスを利用している家庭、ドコモの携帯を契約している家庭は大がかりな契約等も必要なく、今よりも費用を抑えて利用できる可能性があるのでお勧めです。

その他にも魅力的な「セット割」は続々登場予定

電球 画像

今回は通信会社のセット割やサービス内容についてご紹介しましたが、まだまだ新電力として参入予定の企業はたくさんあります。

通信関係以外にも、旅行会社やカード会社、コンビニ、車・ガソリン関係等多数の企業が参入してくるため、一番自分に合ったサービスを提供している企業を選びましょう。

 

なお、電力自由化は2016年4月から開始されますが、少し時間を置いてからより良いサービスを提供してくる企業も出てくると予想されます。

すぐに電力会社を変えるかどうかは個人の自由ですが、2年以上契約する等ある程度の規約がある場合も多いため、しっかりと検討することが大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com