2016/03/01

使う

1401views

電気代をお得に!中部電力(中電)の電力自由化の新プランまとめ

電力会社乗り換えの前にすべきこと

中部電力

2016年4月から電力自由化が始まり、新規事業者が電気事業に参入してきます。
新しい事業者の電気料金プランも続々と発表されており、どのプランにしようか比較して検討している人も多いでしょう。
既存の電力会社の他に新規参入会社も様々なプランを用意しています。

 

そんな中で早速プランを検討しても乗り換えを考えている人もいるかもしれませんが、すでにある事業者でも電力自由化に向けた新しいプランが発表されています。
そのためにもしも新しいプランにしようと考えているなら、まずは既存の会社の新プランを検討してみてはいかがでしょうか?
ここでは中部電力の電気プランについてご紹介します。

中部電力の新プラン

中部電力 新プラン

2年間契約するとお得になるプラン

こちらは2年間契約でお得になるプランであり、電気使用量によってポイントがもらえたり、割引きがあったりします。

ポイントプラン

10A~30Aの電灯契約の人を対象としたプランであり、カテエネポイントが貯まり、それを電気料金の支払いに使えます。
ポイントで支払える上限額は決まっておりますが、電気料金の約1%をポイントとしてもらえます。

おとくプラン

40A~60Aまたは契約容量が6kVAの電灯契約の人が対象であり、毎月カテエネポイントを150Pプレゼントまたは電気料金から毎月150円割引が選べます。

とくとくプラン

7kVA以上の電灯契約の人が対象であり、毎月カテエネポイントを150Pプレゼントまたは電気料金から毎月150円割引が選べます。

暮らしに役立つサービスと電気料金がセットになったプラン

暮らしサポートセット

台所が詰まってしまった、ドアの鍵を無くしてしまった、などのトラブルの駆けつけサービスがセットになったプランです。


対象のサポートは、

  • 水回りトラブル
  • ガラスのトラブル
  • 鍵のトラブル
  • 在宅サポート

となっています。
さらには、パソコントラブルや健康に関する電話相談や、ハウスクリーニングが割引きで受けられます。

 

こちらも2年間の継続利用が加入条件です。
上記のポイントプラン・おとくプラン・とくとくプランのどれかとセットで加入するプランです。
セット料金として、毎月暮らしサポートセット代金として300円がプラスされます。

ライフスタイルに合わせてお得な時間帯を選択できるメニュー

スマートライフプラン

夜や朝方など電気を使う時間が決まっている人向けプランです。

  • 22時から翌朝8時までのナイトタイム
  • 23時から翌朝9時までの朝とくナイトタイム
  • 21時から翌朝7時までの夜とくナイトタイム

の3つの時間帯から選べます。

デイタイムは1kWhにつき38.00円、ホームタイムは1kWhにつき28.00円、ナイトタイム     1kWhにつき16.00円となっているプランです。

従来のプランの確認も忘れずに!

中部電力 従来プラン

従来のプランもそのまま提供される予定であり、これらのプランは終日電気料金の変化はなく、電気使用量によって料金が変わるプランです。
またEライフプランとタイムプランとピークシフト電灯は、2016年の9月で新規募集が停止される予定です。
中部電力 - 電気料金の選び方

従量電灯B

10A~60Aまで使用するアンペア数によって基本料金が変化します。
電気料金は使用量によって変化し、1kWhにつき、

  • 120kWhまでは20.68円
  • 120kWhをこえ300kWhまでは25.08円
  • 300kWhをこえると27.97円

という料金設定になっています。

従量電灯C

6kVA以上50kVA未満の方が対象のプランです。
電気料金は使用量によって変化し、1kWhにつき、

  • 120kWhまでは20.68円
  • 120kWhをこえ300kWhまでは25.08円
  • 300kWhをこえると27.97円

という料金設定になっています。

Eライフプラン(3時間帯別電灯)

デイタイム、ホームタイム、ナイトタイムの3つで電気料金が違うプランです。
月曜から金曜日は、

  • デイタイムは9時~17時
  • ホームタイムは7時~9時、17時~23時
  • ナイトタイムは23時~翌朝7時

土日祝日は、

  • ホームタイムは7時~~23時
  • ナイトタイムは23時~翌朝7時

となっています。

 

電気料金は使用量によって変化し、1kWhにつき、

  • デイタイムは35.61円
  • ホームタイムは25.43円
  • ナイトタイムは13.45円

という料金設定になっています。

タイムプラン(時間帯別電灯)

1日をデイタイム(7時~23時)とナイトタイム(23時~翌朝7時)に分けたプランです。

電気料金は以下のようになっています。

  • デイタイム(最初の90kWhまで)= 24.16円
  • デイタイム(90kWhをこえ230kWhまで)= 29.32円
  • デイタイム(230kWhをこえる)= 32.40円
  • ナイトタイム = 13.45円

それぞれ1kWhにつきの値段です。

ピークシフト電灯

1年を夏季とその他季に分け、さらに夏季の平日の1日をピークタイム、デイタイム、ナイトタイムの3つの時間帯に分けたプランです。

月曜から金曜日は、

  • ピークタイム : 夏季13時~16時
  • デイタイム : 夏季7時~13時、その他の季節 7時~23時
  • ナイトタイム : 23時~翌朝7時

土日祝日は、

  • デイタイム : 7時~23時
  • ナイトタイム : 23時~翌朝7時

 

電気料金は以下のようになっています。

  • ピークタイム = 57.46円
  • デイタイム(最初の90kWhまで) = 23.67円
  • デイタイム(90kWhをこえ230kWhまで) = 28.73円
  • デイタイム(230kWhをこえる)   = 31.74円
  • ナイトタイム = 13.45円

それぞれ1kWhにつきの値段です。

ライフスタイルに合わせたプラン選びを......

電気料金 ライフスタイル

電気料金はライフスタイルに合わせたプランを選ぶべきでしょう。
ただし設定が細かすぎるたEライフプランとタイムプランとピークシフト電灯は新規募集停止予定なので、それ以外のプランで選ぶこととなります。
中部電力では新プランも発表されるので、従来プランと一緒に、自分に最適なプランがないか検討してみると良いでしょう。
ポイントサービスも開始されるので、それを上手く使えば電気料金が安くもなります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com