2016/05/03

使う

12271views

NHKの受信料はいくら?1番お得なオススメな支払い方法はコレだ!

NHK料金...まさか毎月支払っていませんよね?

日本, 東京, Nhk, テレビ, 建物, 晴れた日

おそらくほとんどの家庭で1台はテレビを保有しているのではありませんか?
そしてテレビを持っている人の大半が、NHKの受信料を支払っているはずです。
よく「あまりNHKの番組は見ないのに受信料を支払うのは納得できない」と思っている人の話を耳にします。


ところでこのNHKの受信料ですが、全員一律だと思っている人も多いかもしれません。
しかし受信料にはいろいろと支払方法があって、その方法を工夫すれば値引き料金で負担することも十分可能です。


テレビを持っている限り、ずっとNHKの受信料は支払わないといけません。
固定費を少しでも節約できれば、年間単位で比較するとかなり大きな効果も期待できます。
そこであまり世間一般では知られていないNHKの受信料の支払い方法について検証しましょう。

口座・クレジット払いで12ヵ月前払いするのが断然オトク!

地上契約の場合

支払い方法 月額 2ヵ月前払 6ヵ月前払 12ヵ月前払
口座・クレジット 1,260円 2,520円 7,190円 13,990円
継続振り込み等 1,310円 2,620円 7,475円 14,545円

ごく一般的なテレビを持っている人はこちらの地上契約になります。

衛星契約の場合

支払い方法 月額 2ヵ月前払 6ヵ月前払 12ヵ月前払
口座・クレジット 2,230円 4,460円 12,730円 24,770円
継続振り込み等 2,280円 4,560円 13,015円 25,320円

衛星放送を受信したい場合にはこちらの衛星契約を結びます。

ちなみに衛星契約の場合でも通常の地上波の放送を視聴できます。

特別契約の場合

支払い方法 月額 2ヵ月前払 6ヵ月前払 12ヵ月前払
口座・クレジット 985円 1,970円 5,620円 10,940円
継続振り込み等 1,035円 2,070円 5,905円 11,490円

特別契約は地形などによってテレビを視聴するのが難しい環境にあるとか、電車などの衛星放送だけを受診できるようなケースに適用されます。

 

いずれの契約形態でも共通しているのが、口座・クレジットの方が継続振込みと比較して安く受診料を抑えられることです。

しかも前払いをまとめて行った方がその効果は大きくなるわけです。

 

たとえば地上契約で継続振込み月額と口座・クレジット12か月前払いで比較すると140円以上、衛星契約だと216円、特別契約でも123円程度月額が安くなるわけです。

お得にNHKの受信料を支払うのであれば、口座・クレジットを使って前払いをすることです。

受信料が半額に!「家族割引」も受けることができる

NHKの受信料ですが、一定の条件を満たすと割引が適用される可能性もあります。
たとえば同一生計で離れて暮らす家族や別荘などの受信料については本来の受信料の半額を支払えばよくなります。
具体的には学生で一人暮らしをしている人とか単身赴任の人などは対象になるでしょう。


ちなみに実際の割引効果ですが、口座振替・クレジットカード継続払いで12か月前払いにした場合で、衛星契約が12385円・地上契約でも6995円の割引になります。
家族割引を適用させるためには、まず申込書に必要事項を記入して送付しましょう。
この時口座振替利用届やクレジットカード等継続払い利用申込書が必要です。
その他には同一生計であることを証明するための学生の場合には学生証・単身赴任の場合には健康保険証か社員証のコピーを提出します。

当てはまっていませんか?受信料免除になる家庭

個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?

NHKの放送を受信できる受信機すなわちテレビを設置した場合にはNHKと契約を結ばないといけないと放送法に書かれています。
つまりNHKの放送を見ようと見まいとテレビを購入したら、基本NHKと契約を交わさないといけない決まりになっています。
イコール、NHKの受信料を支払わなければなりません。


ただし例外もあって、NHKの受信料を支払わなくても良い世帯というのもルールに中で決められています。

・生活保護を受けている世帯
・市町村民税非課税で家族の中に身体・知的・精神障碍者を抱えている世帯
・社会福祉事業施設に入所している人
以上の方は全額NHKの受信料を免除されます。

もしくは世帯主が

・視覚・聴覚障碍者の世帯
・1級もしくは2級の身体障碍者の家庭
・重度の知的障碍者
・1級精神障碍者
・戦傷病者
以上の場合NHKの受信料の半額が免除されます。


しかし例えば所得が少ないとか生活が苦しいといった条件では免除されることはないので、その点には注意が必要です。

12ヵ月一括払いすれば家計もスッキリ!

 

NHKの受信料はできることなら支払いたくないと思っている人もいるかもしれません。
しかし上で紹介したように、NHKの受信料は工夫次第で負担を軽減することは十分可能です。
できるものはどんどん活用していくことです。


例えば子供が遠く一人暮らしをしている、旦那さんが単身赴任をしている場合には家族割引を活用しましょう。
そのようなケースではなくても、振込用紙などで支払いを毎月行っている人は口座振替やクレジットカードの継続支払いにして、何ヶ月かまとめ払いをすると安くなります。
ただし何ヶ月かまとめ払いをする場合、どうしても一括で支払いをする金額も大きくなりますから、自分の家計の状態などとも相談してバランスを見ながらまとめる期間を検討することです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com