カードローンの審査

カードローンの審査」に関するマネーコンテンツを 14件掲載しています。
また、カードローンの審査は、 借りるローンカードローン の中に入るカテゴリーです。

カードローンを利用する際には、必ず審査というものを受ける必要があります。
これは、「この人にはお金を貸しても大丈夫か、またどのくらいの金額までなら貸しても返してもらえるか」ということを調査・決定するために行われているのです。

この審査を行う際には、申込時に申告のあった年齢、勤続年数、勤務先、居住年数、居住形態、家族構成等の情報を参考にして行います。
中でも年収や職業形態、他社からの借入件数は大事な要素と見られており、特に他社からの借入件数は多すぎると審査落ちの原因になりやすい項目とも言えます。
また、最近では「年収の1/3以上の借入を制限する」という「総量規制」の影響もあり、50万円以上の借入をする場合には、所得を証明する書類も提出する必要があります。

注意するべきこととしては、全ての情報は「個人信用情報」という形で様々な機関に収集されていることです。
登録される情報としては、分割払いやクレジットカード・ローンの返済情報はもちろんのこと、自己破産や返済遅延、さらに申込の情報まで登録されてしまいます。
申込時の申告と信用情報に乖離があれば怪しまれてしまい、借入ができなくなってしまうのです。
ですから申込を行う際には、絶対に虚偽の情報を書かないようにしましょう。
また、申込の情報が立て続けに記載されていると「この人相当困っているのかな?大丈夫かな?」と敬遠されてしまいがちになりますので、短期間の間に3社も4社も申込を行わないようにする必要があります。

「審査」、というと難しそうに聞こえるかもしれませんが、特にカードローンの審査では「継続的な収入があること」さえ認められれば、アルバイトやパートの方、また学生の方も借り入れることは比較的簡単にできてしまいます。
ただし、専業主夫・主婦の方は「自身に収入が無い」ため、借入を行いたい場合は配偶者の所得証明が必要になったり、配偶者名義で借入を行う必要があります。

マネストでは審査のコツやチェックポイント、やってはいけないことなどカードローン審査にまつわる様々な情報を掲載していますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com