節約費目

節約費目」に関するマネーコンテンツを 154件掲載しています。 変動費イベント費 などのお役立ちコラムを集めています。
また、節約費目は、 使う節約 の中に入るカテゴリーです。

光熱費や水道代、電気代、電話代、食費など普段の生活に密接に関係した費用はどうしても発生してしまうものです。
家賃、駐車場、保険料などはほぼ一定額の支払いがほとんどですが、光熱費などのように使えば利用料も増加する費用は節約をするなどで、ある程度増減をコントロールすることはできます。
とくに家計簿を付けている人であれば毎月かかる費用は極力抑え、貯金などに少しでも回したいと思う人も多いのではないでしょうか。

そこで節約を考えるに当たって始めると良いのが、どこが節約可能なのかを精査するために節約費目を洗い出し、優先順位をつけてみることです。
現在の生活レベルと照らしあわせて、節約ができるのはどの費目かを検討します。
生活にかかっている費目をすべてリストアップし、そこから変動する費目をチェックし節約したい順番などに並べ替えます。
毎月何にいくら費用がかかっているかを再度リスト化することで、意外と必要が無かったということも出てくる場合があります。

たとえば洗い出した節約費目のなかに交通費があるとします。
その中には電車の定期代やタクシー代、車のガソリン代などもあるかもしれません。
タクシー代が仮に5,000円だったとして、どうしてこんなに高かったのかを考える機会になります。
飲み会に行き、終電を無くしてしまいタクシーを使わざるを得なかったのかもしれません。
ということは終電を考えて先にお店を出るとか、いっそのこと飲み会に行かなければ、飲み代もかからずタクシー代もかからなかったということがわかってきます。
このように連鎖して、無駄遣いになっている所がわかってくるのです。

他にも保険料などで、複数の保険に加入しているものの内容が重複している箇所があったり、必要のないプランに入ってしまっているということがよくあります。
節約費目の一覧を作成する目的は、何が必要で不要かをはっきりとさせることにあります。
不要な出費をはっきりさせることが節約の第一歩でもあり、節約して残ったお金を貯金やさらに必要なものに充てることができるのです。

マネストでは、節約費目を大きく「固定費」「変動費」「イベント費」とわけてみました。
家賃や通信費など、同じ金額が毎月・毎年かかるものが「固定費」、電気代などの光熱費や交通費など、毎月かかるものの変動する費用が「変動費」、旅行やクリスマスといったイベントでかかる費用を「イベント費」としています。
自分が節約したいと思う費用はこのどれかに該当しますので、節約したい費目が洗い出したらぜひとも参考にして節約生活をスタートしてみてくださいね。

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com