• 献立を考えるのが面倒…1週間分の夕食メニューを3分で決める方法

2017/02/27

使う

36611views

献立を考えるのが面倒…1週間分の夕食メニューを3分で決める方法

夕食の献立を1週間分考えるのは、実はカンタン!

毎日献立で悩む時間はもう必要なし!夕飯の献立を一週間簡単に決められちゃう方法!

毎日の夕飯のメニューを考え続けるのって、意外と大変なことですよね。この献立を考えるということに、気が重くなった経験のある方も多いのではないでしょうか。

自分で考えるメニューだと、同じ材料や短期間で繰り返す料理になってしまいがちです。そこで今回は夕飯のメニューにもう困らない、メニューを考える手間を省けるコツをご紹介していきましょう。

もう献立を考えたくない!そう思った時に役立つ夕飯1週間レシピ

毎日献立で悩む時間はもう必要なし!夕飯の献立を一週間簡単に決められちゃう方法!

メイン料理を、スーパーの安い食材を使って決めよう!

まずは食費の節約にも繋がるおすすめの方法からご紹介しましょう。それはメニューをスーパーに買出しに行ってから決めてしまうという方法です。

前もってメニューを決めてしまうと、スーパーに行った時に「これこないだ広告の品だったのにな」「安くなる日まであと2日あるけど今日必要だしな」なんて、高めの買い物になってしまいかねません。「ちょっと高くついてしまうけどしょうがないか」と諦めてしまうのは、食費が高くかかってしまう典型的な例です。

そこで食費を節約するためにも、スーパーで安い食材を見て、その場でメニューを決めてしまいましょう。これであれば食費の節約にもなりますし、「安い食材の中で」という狭い範囲での候補に絞られますので、メニューも決めやすくなりますよ。

もちろん日ごろから安価で売られているもやしや鶏胸肉なども活用しつつ、広告の品もチェックするのも忘れてはいけません。広告をチェックしておけば、あらかじめ家でメニューの候補を考えられますので、買出しもスムーズに行うことができるでしょう。

副菜は1品~2品あれば十分!

よく理想的なメニューの形として「一汁三菜」と言われますよね。これはお味噌汁などの汁物の他にに、主菜と副菜を2つ作らねばならないことです。正直なところおかずを3つも4つも作るのは、「面倒くさい」そう感じませんか?

そこでおかずの量を、主菜と副菜1品程度にしてしまいましょう。主菜にハンバーグを作るから副菜にサラダ、魚の塩焼きを主菜にして副菜に肉じゃが、このようにメインとなるおかず以外に、もう1品作るだけで十分夕飯として成立しますね。もし食卓が寂しいと感じるのであれば、お漬物などの箸休めになるものを添えるのがおすすめです。

また、おすすめの献立として「ご飯にかけるおかず」があります。わかりやすいのが丼ですね。これであれば、お味噌汁と丼物だけでも十分です。他にもカレーなどもおすすめですよ。シチューやカレーなどの場合はお味噌汁というわけにもいきませんので、軽くサラダでもつけると華やかになります。

一汁三菜でなくても、見栄え良く、なおかつ栄養面にこだわることは可能です。理想を追い求め過ぎると疲れてしまいかねません。たまには肩の力を抜き、副菜の数を減らしてみましょう。

スマホカレンダーに献立を埋めていこう!

メニューを決める際におすすめの方法として、「毎日ではなく長いスパンで考える」という方法もあります。これは今週一週間分や、平日5日分など、まとめて考えてしまう方法です。これであれば、「3日前と似たメニューになってしまった」なんて失敗をすることはありませんし、1度考える時間を作るだけで、しばらくメニューを考える憂鬱さから開放されます。

そんな時活用して欲しいのが、恐らく多くの方がお持ちであろう携帯です。スマホの中には、カレンダーというアプリや機能が備わっているかと思いますが、そのカレンダーにメニューを書いていくのです。携帯であればすぐに取り出して確認することもできますので、買出しの際などに「今日何作る予定だったっけ!?」なんてことにもならずに済みますね。

このメニューを埋めていく際にも、何も「月曜から考えなきゃいけない」なんて決まりはありません。例えば「来週の火曜はお父さん会議で遅くなるって言ってたな」「金曜日は娘が出かけるから夕飯いらないって言ってた」など、家族の都合を考慮して、思いつく日から埋めていっても良いのです。

またスーパーによっては「木曜日はお肉が安い」「水曜日は魚が安い」など、曜日で決まっている場合もあるでしょう。このようなことも考慮してみると、以外と決めやすいかもしれませんよ。また多めに出来て余ってしまいがちな煮物やカレーなども次の日に回せることがありますので、余裕を持って考えることが出来るかと思います。

クックパッドなどのレシピサイトに頼ろう!

毎日献立で悩む時間はもう必要なし!夕飯の献立を一週間簡単に決められちゃう方法!

夕飯の簡単・便利な献立(レシピ)がたくさん!

自分で思いつくメニューの数には、どう頑張っても限界がありますよね。そこで行き詰った時などはレシピサイトを活用するようにしてみましょう。料理本の購入などもいいかもしれませんが、ネットで検索すれば本代もかからず経済的です。

「これなら安く作れそう」「これは私が食べてみたい」など、選ぶ基準はお好きに決めて頂いて結構です。また参考にしてアレンジしてみるのも楽しいかもしれませんね。

レシピサイトとして有名なクックパッドでは、様々なキーワードから検索する機能がついており、とても便利です。例えば野菜を使ったレシピでも、キャベツや玉ねぎなど、詳細な食材から探すことも可能なんですよ。

また人気のおかずはどんなものがあるのか、メインになるおいしいおかずはどんなものがあるかなど、食材が決まってなくても調べることが可能です。煮るか焼くなど、決まったメニューになりがちな魚のレシピも豊富にありますので、ぜひ参考にしてみましょう。

cookpad

使い切れなかった食材は食材検索で使い切ろう!

レシピ検索だけでなく、食材の使いきりに迷ったときも、ネット検索は役立ちます。「広告の品で安かったから多めに買ってしまって残ってる」「この食材だと限られたレシピでしか使わないから賞味期限までに使い切れなさそう」など、様々な理由で食材が余ることはあるでしょう。そのような場合に「使わないから捨てよう」という選択肢を取るのはもったいないですよね。

使い切れなかった食材というくらいですから、少量だけある場合もあるかもしれません。そのような場合は「かさまし料理」などが役に立つこともありますよ。「ひき肉が少量しかなくて家族分は賄えない」そんな場合でも、豆腐やおからでかさましすることで、家族分のハンバーグとして利用できるかもしれません。

他にも少量でも使いきれる為のアイデアがネットには溢れていますので、ぜひ検索して無駄なく食材を使い切るようにしましょう

副菜は週末作り置きレシピを使おう!

先ほど副菜は1品程度で十分だと伝えましたが、それでも副菜を考え、毎日作り続けるのは手間がかかることです。そんな場合は週末などの休日に作り置きをし、平日はそれらを活用するようにしましょう。この方法ですと、夕飯の準備にかかる時間が時短になるのはもちろん、調理の手間や光熱費などの節約にもなりますね。

煮物を1週間持たせるのは無理な話かもしれませんが、冷凍保存することで1週間分の副菜を作り置きすることは可能です。また、きんぴらや酢漬けなど、冷凍せずとも1週間日持ちするレシピもたくさんあります。副菜のメニューを考えること・作ることに手間を感じる方は、これらのレシピを活用してみましょう。

下記のサイトでは、そのような「日持ちするレシピ」をたくさん知ることができますよ。これらのアイデアを活用することで、毎晩メインのおかずを作るだけで済み、夕飯の準備がずいぶんと楽になるでしょう。主菜だけでなく、副菜でも迷ってしまう…そんな方はぜひチェックしてみてくださいね。

日持ち7日 | 作り置き・常備菜レシピサイト『つくおき』

1週間の献立をつくれば、無理なく楽しく料理ができる!

毎日献立で悩む時間はもう必要なし!夕飯の献立を一週間簡単に決められちゃう方法!

メニューを考える手間を省くコツ、いかがでしたか?毎日考えると手間な献立も、長いスパンで考えてしまうと、意外と簡単に決まるものです。また副菜の数を減らすこと、その副菜を作り置きなどすることで、手間も食費も節約できることがわかりましたね。

ネット検索でレシピサイトなどを活用すれば、自分では思いつかないようなおいしいおかずと巡り合えるかもしれません。ぜひ今回の情報を参考にして、メニューを考える手間を省きつつ、節約できる食生活に変えていきましょう

関連する記事

節約食材の王様もやしを使った簡単レシピ、このレシピで節約する

食費を節約する。買い方?使い方?それとも保存の仕方?それぞれのコツを教えます

節約メニュー保存版!意外な食材1つで食費を浮かせて貯金する方法

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com