2016/09/29

使う

634views

ガンコなキッチンの汚れは…お金かけずに重曹でピッカピカ!

キッチンは毎日使うからこそ、常にキレイにしておきたい…けれど。

キッチンでスープを温めなおしている女性

スーパーやドラッグストア、100円ショップなどに行くと重曹が販売されているはずです。
100円ショップで販売されているくらいですから、それほど高い商品ではないです。
世の主婦の皆さんや一人暮らしをしている人でも、気軽に購入できる代物でしょう。


しかしそのリーズナブルな価格に反して、重曹は私たちの日常生活の中でいろいろと活用できます。
その中でも今回紹介したいのが、キッチンの掃除に利用する方法です。


キッチン掃除をしたことのある人はお分かりでしょうが、キッチン汚れの中にはかなり頑固なものもたくさんあります。
洗剤を使っても思うように取れなかった汚れが、重曹を使うときれいさっぱりになることも十分あります。
いままで重曹を使ったことのなかった人は、一度スーパーやドラッグストアなどで購入して活用してみませんか?

キッチンと言えば、油汚れがこびりついて…でも、重曹があれば大丈夫!

換気扇の掃除はキッチンの中でも、かなりの強敵といえます。
なぜなら油汚れがこびりついてしまって、ちょっとやそっとではなかなか落とせないからです。
しかし重曹があれば、換気扇の油汚れなどもすっきり落とせます。


換気扇のファンを取り外したら、ぬるま湯の中にカップ1杯程度の重曹を入れます。
そしてファンをつけ置き洗いするだけです。
1~2時間も経過すれば、油汚れが浮いてきますのでスポンジで簡単にこすれば簡単に取れるはずです。


換気扇の他にもガスコンロなど、油汚れのかなりひどい部分もあるかもしれません。
その場合にはそのひどい汚れのところに重曹に水を少し加えたペースト状のものを塗ります。
そして乾くまで放置して、その後お湯に浸すと油汚れが剥がせますのでしつこい油汚れ対策に利用してみましょう。

意外に汚れている電子レンジの中も、重曹で一撃!

電子レンジの中を見てみると、思っている以上に汚れていることもままあります。
電子レンジの汚れをきれいにするときに重曹を活用しましょう。


電子レンジを重曹で掃除する方法ですが、水コップ1杯に対して大さじ2杯の重曹を混ぜて、重曹水を作ります。
そしてこの重曹水を電子レンジの中に入れて、時間にして2~3分程度加熱します。
そうすると重曹水が蒸発して、これがスチームクリーナーのような役割を果たします。


チンといったところで、10~20分程度そのままの状態で放置します。
蒸らして汚れを浮き上がらせるためです。


最後にスポンジもしくは乾いた布を使って、浮き出た汚れをふき取ります。
スポンジや布でふいても取れないような汚れがあれば、重曹に水を少量加えたペーストを塗ってたわしでこすってみると綺麗になるでしょう。
最後に酢を水で希釈したので拭くと汚れが付きにくくなりますし、殺菌効果も期待できます。

お茶好きなほど悩まされる、茶渋の汚れ…こんなところでも重曹大活躍!

急須などに茶渋がついて、普段の食器洗いではなかなか落ちないという人はいませんか?
このようなしつこい茶渋の汚れも、重曹を活用すればしっかり落とせるかもしれません。


洗剤を使ってもなかなかきれいにならない茶渋が付着しているのであれば、汚れている急須を鍋の中に入れ、水と重曹を加えます。
だいたい水400mlに対して、重曹大さじ1杯の割合で入れていきます。
そして鍋を煮立たせていきます。


沸騰したところで火を消して、そのまま30分くらい放置しましょう。
重曹水はアルカリ性で、熱を加えることでその傾向が強まります。
そしてこのアルカリ成分は茶渋を分解してくれるのできれいになるわけです。


鍋に熱を加えるときには、かなりの発砲が起こります。
ですから吹きこぼれのないように、強火で熱を加えないようにすることが大事です。
また熱した重曹水は強烈なアルカリ性になるので、そのままではなくゴム手袋などをつけて急須など中に入っているものを取り出しましょう。

食材を洗いたいけど、排水溝の汚れが気になる…重曹があればそんな心配ご無用です!

汚れたタイルと排水口

キッチンの排水溝がぬめっていて、あまりさわりたくないという人もいるでしょう。
しかし簡単にこのぬめりを取り除く方法があって、重曹を使って掃除をすればごしごしこするような作業も必要なくなります。


排水溝の掃除をする前に、生ごみが溜まっているのであれば、こちらを取り除きましょう。
そして排水溝に重曹を振り掛けるのですが、大さじ3杯を目安にして少し多めに振りかけてみることです。


重曹を振りかけたところで、今度はお酢を撒きましょう。
お酢の目安ですが、重曹の半分くらいだと思ってください。
するとおそらく泡のようなものが発生するはずなので、そのままの状態で5分程度放置します。


5分経過したところでお湯を出して排水溝を流すと、排水溝のぬめりや嫌な臭いなども解消するはずです。
あまり長時間重曹とお酢を放置してしまうと、排水溝を傷つけてしまうこともあるので5分目安は遵守しましょう。

一家に一台、重曹は置いておくべきと言える!

キッチンの汚れを洗剤などを使ってごしごし洗っていたけれども、思うように汚れが落とせなかったという経験を持っている人もいるでしょう。
中にはキッチンは仕方がないと思って、あきらめている人もいるかもしれません。
しかし洗剤を使っても思うように落とせなかった汚れが、重曹を使って落とせる可能性は十分あります。


キッチンは自分や家族が口の中に入れる料理を作る場所です。
当然のことながら衛生環境なども考えると、清潔にしておきたいところでしょう。


重曹はドラッグストアやスーパーなどで簡単に、しかも安く手に入る商品ですから、重曹を使った掃除にチャレンジしてみませんか?
上で紹介したように、決して難しいテクニックなどもなく、素人でも手軽に始められるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com