2016/03/01

使う

1578views

【北海道・東北地方限定!】無料で楽しめちゃうスポットまとめ15選

「レジャーにはお金がかかる」というジョーシキを打ち破れ!

まとまった休日の際に、どこかレジャーに行きたいと思っている人はいませんか?
しかし中には二の足を踏んでしまう人もいるかもしれません。
なぜなら、レジャーに行くとなれば入園料やアトラクション料金など、いろいろとお金がかかるからということを理由に挙げる人も多いでしょう。


しかしよく見てみると、無料で十分楽しむことのできるレジャー施設も、日本各地に少なからず存在しています。
そこでここでは、北海道と東北地方にある無料で楽しめるレジャー施設をいくつかピックアップしてみました。


北海道や東北地方在住の方で、今度の休みどこかに行こうと計画を立てている人はいませんか?
そのような人は以下のレジャー施設を中心にプランを立ててみると良いでしょう。

北海道・東北地方の無料で遊べるスポットまとめ15選

札幌市民防災センター(北海道)

各種災害の模擬体験ができ、防災に関する知識や実際にそうなった時の行動を勉強できます。
楽しく学べるので、ためになるレジャー施設ということもできるでしょう。

定山源泉公園(北海道)

定山渓温泉の開祖である美泉定山の生誕200年を記念して造られた公園です。
ただの公園ではなく足湯や湯の滝などがありますし、温泉卵を誰でも気軽に作れるスポットもあって楽しみ方はいろいろです。

雪印メグミルク 酪農と乳の歴史館・札幌工場(北海道)

昔使われていた機械から現在の製造の仕方を模した模型といった感じで乳製品に関する各種資料が展示されています。
見学をするためには見学の前日までに電話による申し込みが必要なので、注意しましょう。

幌延町トナカイ観光牧場(北海道)

トナカイを飼育している日本全国でも珍しい牧場になります。
特に5~6月に訪れるとちょうど出産時期になるため、生まれたてのトナカイの赤ちゃんを見物できるかもしれません。

丹頂鶴自然公園(青森県)

富士見湖パーク内にあります。
丹頂鶴は国の特別天然記念物に指定されている貴重な鳥ですが、間近でその生態を見学できます。

宮沢賢治イーハトーブ館(岩手県)

文豪宮沢賢治の資料が豊富に展示されています。
1階の展示場では企画展なども開催されていますので、宮沢賢治作品の愛好者は一度訪れておく価値があるでしょう。

小岩井乳業株式会社 小岩井工場(岩手県)

牛乳をはじめとした乳製品を伝統的な技術を駆使して生産しています。
バターやチーズの製造工程のビデオ上映や見学した後は新鮮な牛乳の試飲もできるサービスがついてきます。

岩手県立児童館いわて子どもの森(岩手県)

おもちゃを使って遊べるスポットや短編のアニメの楽しめるシアターなどがあって、家族連れにおすすめの施設です。

台原森林公園(宮城県)

総面積が実に約60万平方メートルに達し、自然をそのまま生かした公園となっています。
遊歩道やジョギングコース、アスレチック広場がありますし、野鳥やリスなどの小動物の観察もできます。

蔵王ハートランド(宮城県)

ウサギやヒツジ、ヤギなどの動物と触れ合うことのできる牧場です。
それぞれ500円ずつかかりますが、チーズやバター作りの体験もできるのが魅力です。

秋田県立博物館(秋田県)

人文や自然など多種多様な資料が展示されています。
わくわくたんけん室というところがあって、こちらでは80種類からなる体験メニューに自由に参加することができるのも特色の一つです。

横手市増田まんが美術館(秋田県)

日本独自の文化であるマンガに関する日本初の博物館になります。
日本国外の有名な100人の作家の原画などが紹介されているので、国内外の漫画ファンが足しげく通っています。

白鷹町ふるさと森林公園(山形県)

白鷹町ふる大平山にある森林公園で、テニスコートやゴルフ練習場などのスポーツ施設が充実しています。
園内にはパレス松風という温泉旅館も併設されているので、疲れた体を癒すことも可能です。

会津喜多方ラーメン館本館(福島県)

有名な喜多方ラーメンに関する資料が充実している施設になります。
試食サービスや土産物屋もあって、いろいろな楽しみ方ができます。

三春ハーブ花ガーデン(福島県)

ハーブを中心としてバラなどの草花が四季によって異なる表情を見せてくれます。
ガーデンカフェもあって、自家焙煎のコーヒーやスイーツなどを楽しむことができます。

無料だって1日中遊べちゃう!

公園で体を動かして遊んだり、アカデミックに文学や自然科学について学習できたり、北海道・東北地方だけでも無料で楽しめる施設の数多くあることが以上でお分かりになったはずです。
それぞれの施設とも、入園は無料ですがそれでも1日中ずっといられるほどいろいろなスポットを用意しています。


たまの休み家族サービスしたいけれども、自由に使えるお金はそう多くないと悩んでいるのであれば、上で紹介した無料の施設に行ってみませんか?
お金のことを気にせずに、家族全員心行くまで楽しめ、充実した休日のひとときをきっと過ごせるはずです。
一部有料のサービスもありますが、多くは数百円程度で利用できるので他の施設に行くよりは安上がりになるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com