貯金

貯金」に関するマネーコンテンツを 49件掲載しています。 貯金の心構え家計管理のしかた などのお役立ちコラムを集めています。
また、貯金は、 貯める の中に入るカテゴリーです。

「貯金」とは、本来「郵便局や農協・漁協で扱っている、貯蓄を目的とした金融商品のこと」を指しています。
つまり、銀行や信用金庫で扱う「預金」と中身は一緒なのです。
ですが、普段からこのような本来の意味で「貯金」という言葉を用いる人は少ないですよね。
そのため、マネストでは「貯金」の意味を、日常会話でも使われている「家でお金を貯めること」と定義することにしました。

貯金のメリットは、「貯金をしよう!」と思ったその日からすぐに始められたり、手軽で簡単に出来ることでしょう。
貯金をする方法としては、500円玉ができたらひたすら貯め続ける「500円玉貯金」が有名な貯金方法の1つです。
その他にも、なにかをしたり、買ったつもりになってその値段分のお金を貯金する「つもり貯金」や、その日出た小銭を全て貯金箱に入れてしまう「小銭貯金」なんていうものもあり、貯金を簡単に行える方法はたくさんあります。
しかし簡単に出来る分だけ、「なかなか長続きしない!」というデメリットもあります。
投資などと違って、「お金が増えた!」という実感が湧きづらいのもその原因の1つでもあります。
他にも、「盗難に遭ってしまったらまず返ってこない」「金利が無いので、貯めた分しか増えない」という貯金ならではのデメリットももちろん存在します。

ですから、「貯金をしよう!」と思い立ったら、まずは「自分でも続けられそうな方法を選ぶ」ことや、「貯金目標をしっかり設定して、目にしやすいところに貼っておく」という、「長続きさせるための下準備」をしておくことがポイントです。
また、貯金したいからといって無理しなければいけないような額を設定するのも禁物。
貯金はあくまで「余ったお金をしっかり貯める」ためのものですから、一度に大きな額を貯め続けるより、小さな額をこつこつと貯めることが大事なのです。

貯金は、今述べたように「簡単な方法で小さな額を貯めていき、気付いたら大きなお金になっている」というのがなによりの特徴です。
もし貯金を続けられて、まとまった額になったなら、その資金を元に旅行へ行ったり、銀行に預けたり、また投資を行ってみたりと、使い道は様々ですし、いざという時にもしっかり役立ってくれます。
ですから、マネストでは貯金を習慣的に行っておくことをおススメしています。

「貯める」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com