デビットカード

デビットカード」に関するマネーコンテンツを 13件掲載しています。
また、デビットカードは、 使う の中に入るカテゴリーです。

現金主義者の方は、クレジットカードを使うことに抵抗を感じるようです。
というのも、クレジットカードは支払いをした際にお金は減りませんが、毎月利用した分を1ヶ月後などに支払いをしなければなりません。
これを「借金」として捉えられていたり、またお金を使う感覚が麻痺してしまうかもしれない、という恐怖感もあるようです。
とはいえ、現金を持ち歩くのもうっかり財布ごと落としてしまい、なおかつ中身が全部盗まれていたとあれば入っていた金額は返ってこないでしょうし、普段利用する際にも小銭を探すのが面倒だったりとデメリットもあります。

そんな現金主義者の方でも使いやすいのが、デビットカードです。
デビットカードはクレジットカードと同じように使え、銀行口座に入っている金額しか使うことが出来ません。
支払いをしたらすぐさま銀行口座からお金が引かれます。
クレジットカードのように後から請求されるわけではないので、審査などもなく16歳以上なら誰でもカードを作ることが出来ます。

大きなメリットは小銭を持ち歩いたりすることがないことです。
たとえばスーパーなどで買い物をした際に、今までのようにジャラジャラと財布の中をかき回して小銭を探す必要がありません。
あらかじめ銀行口座にお金を入れておく必要がありますが、持ち歩く荷物を減らすことが出来ます。

また、銀行残高が支払い可能額であることから、うっかり使いすぎる心配が無いことも特徴です。
クレジットカードは銀行残高に関わらず使える金額が30万円までといったように決まっています。
その時手元にお金が無くても支払いが出来てしまい、ついつい使いすぎてしまうこともありますよね。
デビットカードは支払いのタイミングが即座引き落としで、現金支払いと同じ感覚です。
使えば減るので家計管理がしやすいことも挙げられます。

デメリットとしては、デビットカードはクレジットカードが使えるお店であれば大体使えますが、一部の場所では使えないこともありますので注意が必要です。
またクレジットカードと比べてしまうとポイントや付帯サービスといった面では劣ってしまいがちです。
とはいえ、デビットカードは現金支払いが形を変えたものと思っておいたほうが良いでしょう。
例えばポイントの還元率だけだとクレジットカードには劣ってしまいますが、現金支払ではポイントが付かなかったことを考えれば、メリットもあると言えますよね。

マネストではデビットカードについて基礎知識から商品情報まで網羅していますので、デビットカードに興味がある人はぜひとも読んでみてくださいね。

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com