融資

融資」に関するマネーコンテンツを 10件掲載しています。
また、融資は、 借りる の中に入るカテゴリーです。

「融資」という言葉を調べてみると、「個人・法人問わずに資金を融通すること」とされています。
ですが、マネストでは「融資」を「法人がお金を借りること」とし、個人がお金を借りることを「ローン」と定義することにしました。
というのも、個人と法人では「お金を借りる」という同じ行為でも、借りる際の大事なポイントやハードルが変わってくるからです。
ですから、カテゴリとして「個人」と「法人」と大きく分けることにしました。

法人が融資を受けるメリットは、「利益の確定を待たなくても、大きな資金が手に入る」ということに尽きるでしょう。
会社は利益が無ければやっていけませんから、このメリットは計り知れないものとなります。
また、資金繰りが悪化した場合、一時的にでも社長などの「個人」がお金を会社のために使わなければならない、という場面も出てくる可能性もあります。
ですが、融資さえおりてしまえばその心配はありません。

しかしメリットが大きい分、そのデメリットも大きくなってしまいます。
まず、融資を受けるまでの手続きが煩雑で、融資を受けるにも時間がかかることがデメリットの1つです。
個人への融資より額が大きくなってしまうことが多いため、審査に時間がかかってしまうことは仕方が無いとはいえ、長い期間「融資が下りるか下りないか」でやきもきするのは非常に嫌ですよね。
また、融資を完済するまではこの「返済」ということを意識した経営を余儀なくされるため、経営の自由度が下がってしまう、というデメリットもあげられます。

法人への融資は、銀行や信用金庫といった民間の金融機関以外にも、政府や自治体による融資も存在します。
国が出資する金融機関である「日本政策金融公庫」からの融資や、「融資」とは多少違いますが助成金や補助金を利用する、という手もあるのです。
また、消費者金融には「ビジネスローン」という法人専用のローンサービスも展開していますので、これを利用してみるのも1つの手といえます。

法人や個人事業主の方に役立つ「融資」のハウツーをマネストではお届けしますので、困った時は頼ってみてください。

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com