助成金・補助金

助成金・補助金」に関するマネーコンテンツを 1件掲載しています。
また、助成金・補助金は、 借りる の中に入るカテゴリーです。

助成金や補助金は起業時などの資金調達方法として、多くの起業家や事業家から注目されています。
借りたら返さなければならない融資とは違い、助成金や補助金はどちらも原則的に返済が不要なので、うまく活用すれば、経営への大きな助けになります。
ですから起業したり新規事業を立ち上げる際には、助成金や補助金などをうまく活用して、資金に少しでも余裕をもたせるといいでしょう。

助成金と補助金は非常に位置づけが似ていて違いを見出すのは難しいのですが、大きな違いが二つほどあります。
まず一つは、受給に対する難易度です。
助成金は要件などさえあえば受給できる可能性が高いのに対して、補助金は予算の関係上採択の条件が確定していることが多いので、申請しても受給できない場合もあります。もう一つの違いは、申請の期間です。
助成金は随時、または長期間の申請期間が設けられているものがほとんどなのですが、補助金は申請期間が短く設定されていることが多数です。

つまり、補助金よりは助成金の方が受給の難易度は低いということになります。

どちらを利用するにせよ、しっかりと書類を作成して、自分の行う事業がどれほど社会に役立つ事業なのか、ということをアピールできれば問題無く受給することができるでしょう。

助成金・補助金はどちらも原則として返済不要なので、うまく活用すればとても助けになるものです。
しかし、一つだけ注意していなければいけないことがあります。
それは、どちらも後払いだということです。

例えば融資などの場合では、融資してもらえると決まった時点で入金してもらうことが可能です。
そのため、お金を色々な出費に対してすぐに使うことができます。
しかし、助成金や補助金の場合では後払いになるので、最初に必要な経費は全て自分で支払った後に、お金が返ってくるという順序になります。
たとえば、必要経費が300万円だったとして、助成金として100万円受給できることになったとしましょう。
この場合は300万円の経費を全て使い終わった後、その経費の内訳を報告し確認してもらってから初めて100万円の助成金を受け取ることができるということになるのです。

こうした事情から、初めから助成金や補助金をあてにすることはできません。
しかしながら、後払いになったとしても返済不要の融資を受けることができるのはとても大きいことですよね。
マネストではこういった補助金や助成金についても取り扱っていきますので、企業を考えている方などにはぜひ参考にして頂ければと思います。

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com