JCB一般カードとはどんなカード?

日本生まれの国際的クレジットカードブランド「JCB」が発行する、最もスタンダードなクレジットカードが「JCB一般カード」です。
JCB一般カードは、その上位互換カードである「JCB GOLD」、並びに29歳以下限定の「JCB CARD EXTAGE」「JCB GOLD EXTAGE」と共に、「JCB ORIGINAL SERIES」というラインナップに属するカードとなっています。

 

このJCB一般カードとは、どのようなメリットのあるカードなのでしょうか?
今回マネストでは、7つの項目から「JCB一般カード」を徹底検証してみました!

JCB 一般カード
発行会社 株式会社 ジェーシービー
ブランド JCB
年会費 無料(条件付き)
ポイント還元率 0.5%〜2.5%
電子マネー QUICPay
海外旅行保険 最大3,000万円
国内旅行保険 最大3,000万円
お申し込みはこちら

50万円以上の利用&WEB明細書の登録があれば、家族カードも合わせて年会費無料!

クレジットカードと聞けば、誰しも気になるのは年会費ですよね。
ここでは、JCB一般カードを使うときにかかる年会費だけでなく、家族カードやETCカード、さらにJCB一般カードで利用できる電子マネーについて解説していきましょう。

JCB一般カードは、年会費無料で使える?

JCB一般カードは、インターネットからのご入会であれば、初年度は無料で利用することができます。
ですから、JCB側へネットや電話を通して資料請求して、郵送で申込み……なんて手順を踏んでカードを作ると、初年度から年会費が発生することになってしまいます。
とはいえ、わざわざこのような回りくどい手段をとる人はまずいないでしょうから、「JCB一般カードは初年度無料」と考えていただければと思います。

JCB一般カードのインターネットからの申込み方法

JCB一般カードはJCBの公式サイトから申し込むことができます。以下では、JCB一般カードの申込方法をお伝えします。

 

(1)JCB公式サイトのトップページ上の「カード」にカーソルを合わせます。

(2)隠れていたタブが広がりお勧めクレジットカードの一覧が表示されますので、その中から「JCB一般カード」をクリックします。

 

(3)画面最下部の「カード申し込み」」をクリックします。


 

(4)ポップアップ画面が立ち上がります。そこで申し込むカードの種類を選びます。ここでは「JCB一般カード」を選びます。


 

(5)規約への同意後、申し込みに必要な情報を入力します。なお、入力項目は以下の通りです。入力、選択事項はたくさんありますが、迷うようなものはないでしょう。

 

  • カードデザイン

  • 氏名(漢字、カナ、ローマ字)

  • 生年月日

  • 性別

  • 郵便番号

  • 住所(漢字、カナ)

  • 電話番号(携帯電話、自宅)

  • 主な職業

  • 年収

  • カード利用目的

  • キャッシングサービス利用希望枠

  • 運転免許証(保有の有無と運転免許証番号)

  • 勤務先名(漢字、カナ)

  • 住まい(持家/賃貸)

  • 配偶者の有無

  • 子供の有無

  • 生計を同一とする人数

  • 他社からの借入

  • Eメールアドレス

  • お知らせメール配信

  • JCBカード暗証番号

  • 判定状況確認用キーワード

  • カード利用代金引き落としの金融機関

  • 追加カードの申し込み(ETC、QUICPay)

  • カード利用代金明細について(WEB上でチェックか、郵送で明細書を受け取るか)

  • 家族カードの申し込み



 

 

なお、運転免許証を持っていれば、本人確認書類をアップロードで提出でき、コピーを郵送する必要がないので、早くて手軽です。

また、カード利用代金の引き落とし口座の設定も、書類や銀行の届出印の押印なども不要で、インターネット上でできます

インターネット申し込みの場合、申し込んでから約1週間程度で自宅にカードが本人限定郵便で届きます


上述の通り、初年度の年会費はインターネットで申込みをすれば無料になることがわかりました。問題は、次年度以降の年会費です。
JCB一般カードは、次年度以降1,250円+税の年会費がかかります。

消費税が8%であれば、税込み1,350円の年会費を払う必要があるのです。
とはいえ、この年会費には無料になる条件があります。
それは、以下の2つの条件を満たすことです。

1.MyJチェックに登録をすること

MyJチェック」とは、紙の明細書を発行しない代わりに、WEB上で明細を確認できるサービスです。MyJチェックを利用するには、「MyJCB」への登録(無料)が必要になります。
MyJチェックに登録した場合、毎月の支払額が確定するごとに、MyJCBに登録したメールアドレスに案内が届き、紙の明細書と共に送られてくる会報誌もWEB上で閲覧することができます
MyJチェックに登録しておくと、インターネットにつながる環境さえあればいつでもどこでも、ご自身のパソコンやスマートフォンで明細を確認することができるので便利です。

MyJチェックの申込みはパソコンやスマートフォン、携帯電話でできます。MyJCBにログインし、注意事項や利用規約に同意の上、登録ボタンを押せば完了です。

 

2.年間50万円以上のご利用があること

年間50万円の利用、というと「とてもじゃないけど達成できそうにないなぁ……」と思うかもしれません。

ですが、50万円をギリギリ達成できる月あたりの利用額は、およそ4万1200円です。
これは、水道代や電気代と言った光熱費や、携帯電話利用料金といった通信費などをカードで一元管理すれば、絶対に達成できない金額ではありませんよね。

JCB一般カードで、ETCカードや家族カードは作れる?

ETCカード

<引用元:きらやかJCB ETCスルーカード>

もちろん、ETCカードは作れます
年会費は無料です。
ただし、JCB一般カードの新規入会と同時にお申し込み頂いた場合、ETCカードの方が先に送られてくる可能性もありますので、この点注意してください。

なお、JCBカードとETCカードが一緒になった一体型カードもあります。カード枚数を増やしたくない方、まだJCBカードを持っていない方にはお勧めです。

家族カード

生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上」であれば、発行することができます。
1枚あたりの年会費は400円+税。2015年2月現在の総額は432円となります。
家族カードの年会費は、本会員の年会費が無料になれば、合わせてこちらも無料になります。

JCB一般カードで使える電子マネーは?

JCB一般カードでは、「QUICPay」という電子マネーが利用できます。
QUICPayの利用料や、発行手数料、年会費は無料です。

QUICPayとは?

<引用元:チャージのいらない電子マネー。クイックペイ>

「QUICPay」とはJCBが提供する電子マネーで、QUICPayの利用できる店舗で利用可能です。
SuicaやEdyと違い、後払い型の電子マネーなので、事前に入金しなくても利用することができます。いざ使おうと思ったときに「チャージが足りない!」なんてことが起こりません


QUICPayでの利用分はクレジットカードと同時に請求され、なおかつQUICPay利用分にもポイントが発生しますから、日常生活の中でポイントを撮り逃すことがなくなってとてもおトクです。


しかも、万が一盗難や紛失に遭ってしまい、好き勝手に利用されてしまったとしても、QUICPayの支払に使っているクレジットカードと同様の保障がついてきますから、安心ですよね。

 

これがもしも現金だったとしたら、盗まれたり失くしたりした分はよほど運が良くない限り戻ってきません。しかも、現金払いの分はお店のポイントだけが付いて分散しがちですが、QUICPayで支払えばお店だけでなくクレジットカード分のポイントも付いてきます

クレジットカードをとことんおトクに使いたいなら、これを使わない手はありません。

QUICPayはカードタイプだけでなく、モバイルタイプ(「おサイフケータイ(R)」対応のスマートフォン・携帯電話でクイックペイが利用)やキーホルダータイプなどがあります。またカードタイプのQUICPayには、クレジットカードとクイックペイ機能のどちらも利用できるクレジットカード一体型、nanacoとクイックペイの2つの電子マネーが利用できるQUICPayがあります。皆さんの使い方で色々選べて便利ですね。

お申し込みはこちら

JCB一般カードは普通のJCBカードよりもポイントが貯まる!しかもAmazonではポイント最大3.75倍に!

 

クレジットカードを探す際、年会費と共に気になる点といえば、ポイントですよね。
ここでは、ポイントやマイルについて見ていきましょう。

JCB一般カードを使うと、どのくらいポイントが貯まる?

JCB一般カードでは、「OkiDokiポイントプログラム for ORIGINALS」という専用のポイントプログラムが適用されます。
これは、JCB一般カードを始めとした「JCB ORIGINAL SERIES」のカードのみの特別なポイント制度です。
カード利用1,000円につき1ポイントが付与され、1ポイントあたりはおよそ5円の価値となります。

有効期限

ポイントの有効期限は、ポイント獲得月から2年間となります。
延長できる制度は特にありません。

ボーナスポイント制度

MyJチェックのご登録のうえ海外でカードを利用すると、ポイントが2倍に!

海外でJCB一般カードを利用する際は、MyJチェックに登録するだけでポイントが2倍になります。
ですから、1,000円で1ポイントとなっていたものが、実質500円で1ポイントもらえることになります。

年間利用額によってポイントが倍に!

 

JCBでは年間でJCBカードを一定金額以上利用した方向けにポイントアップする「JCBスターメンバーズ」というメンバーシップサービスを提供しています。

利用金額ごとのポイントアップ率は下表のとおりです。

 

メンバーランク名称

集計期間中のご利用合計額

ポイントアップ率

スターαPLUS

100万円以上

50%アップ

スターβPLUS

50万円以上

20%アップ

スターePLUS

30万円以上

10%アップ


for ORIGINALだけの特典!ORIGINAL SERIESパートナーの店舗利用でポイントがさらに倍!専用ショッピングモールを使えばさらにおトクに!

<引用元:JCB ORIGINAL SERIES>

「ORIGINAL SERIES」のカードのみに適用されるのが、特定店舗でのカード利用でポイントが倍になる制度。
この特定店舗は「ORIGINAL SERIES パートナー」と呼ばれ、Amazonやイトーヨーカドー、セブンイレブンの他にも、スターバックスや昭和シェル石油、エッソ・モービル・ゼネラルなど、普段生活する上で利用頻度の高い店舗が多いので、利用価値はかなり高いです。

 

OkiDokiランドはネットショッピングでもポイントが「早く」、「たくさん」たまる!!

JCBが運営する「OkiDokiランド」というポイント優待サイトがあります。

OkiDokiランド経由でネットショッピングをするだけで、OkiDokiポイントが2倍~20倍たまります

提携ショップには、楽天市場ヤフオクじゃらんがあります。OkiDokiポイントもたくさんもらえるうえ、ネットショップのポイント(楽天スーパーポイントなど)ももらえてお得です。

 

実は、Amazon利用をするなら隠れた優良カード。

少し話は横道にそれますが、JCB一般カードはAmazonを利用するならかなりおトクなカードです。
というのも、日本版のAmazon(http://www.amazon.co.jp)利用でも、海外利用分」としてカウントされるからです。
先ほど解説した通り、「MyJチェックに登録の上、海外でカードを利用するとポイントが2倍になる」ので、この時点でポイントは2倍となります。
さらに、Amazonは「ORIGINAL SERIESパートナー」ですので、さらに+1倍となり、3倍のポイントが貯まるのです。
また、年会費無料の条件をクリアしていれば、自動的に次年度はポイントが0.2倍となりますから、最低でも3.2倍のポイントが貯まることになります。
100万円以上の利用であれば、3.5倍ものポイントが付与されるのです。

JCB一般カードで、マイルを貯めることはできる?

「陸マイラー」という言葉ができるほどに、最近ではクレジットカードの利用でマイルを貯めよう、という風潮があります。
それでは、JCB一般カードでマイルは貯まるのでしょうか?……というと、残念ながらJCB一般カードでマイルを貯めることはできません
しかし、ショッピングで得た「ポイント」をマイルに交換することは可能です。

JALマイレージバンク(JMB)

申込可能ポイント 500ポイント以上1ポイント単位
交換レート OkiDokiポイント1ポイント=JALマイル3マイル
移行期間 受付後約2~3週間

ANAマイレージクラブ【マイル】

申込可能ポイント 500ポイント以上1ポイント単位
交換レート OkiDokiポイント1ポイント=ANAマイル3マイル
移行期間 受付後約1週間

ANAマイレージクラブ【ANA SKYコイン】

申込可能ポイント 500ポイント以上1ポイント単位
交換レート OkiDokiポイント1ポイント=ANA SKYコイン3コイン
移行期間 受付後約1週間

デルタ航空スカイマイル

申込可能ポイント 500ポント以上1ポイント単位
交換レート OkiDokiポイント1ポイント=デルタ航空スカイマイル3マイル
移行期間 受付後約1~4週間

お申し込みはこちら

ポイントの交換にもお得がある!!

頑張って貯めたOkiDokiポイント。何と交換するか楽しみですよね。以前はカタログから選ぶくらいしか選択肢がなく、欲しいものが掲載されていないとがっかりしたものです。

OkiDokiポイントは、色々な方法で交換できます。しかもお得にポイント交換できる方法もありますので、必見です。

 

定番!!商品に交換してみよう!

商品との交換はポイント交換の定番です。ディズニーランドのオフィシャルスポンサーらしくディズニーのキャラクターグッズや、家電製品、カタログギフト、JCBギフトカードなどと交換できます。

また交換できる商品も入れ替わりがありますし、期間限定の商品なども用意されているので、チェックしてみましょう。

 

Amazonのお買い物で使える!

Amazonなら、他のポイントなどに移行することなく、OkiDokiポイントをそのままお買い物に使えます。Amazonのサイトから「パートナーポイントプログラム」に登録すると、OkiDokiポイントが1ポイント(3.5円相当)から使えます。登録は無料で、一度登録すると、いつでも、使いたい時にすぐに使えるので便利です。

 

 

好きなマイルやポイントにひとまとめ

貯まったOki Dokiポイントを、提携先各社のマイル・クーポンやポイントなどに交換できます。「ポイントがあちこちにあって煩わしい」、「あと少しで欲しいものと交換できるのに」などというときに方にお勧めです。ただし、提携先によって交換レートが異なるようですので、ご注意ください。

 

提携先

OkiDoki1ポイントあたりの各社プログラムの交換レート

nanacoポイント

nanacoポイント 5ポイント

dポイント

dポイント 4ポイント

楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイント 4ポイント

Tポイント

Tポイント 4ポイント

スターバックスカード

スターバックスカード 5円分

楽天Edy

楽天Edy 3円分

JALマイレージバンク

JALマイレージバンク 3マイル

ANAマイレージクラブ

ANAマイレージクラブ 3マイル

 

またnanacoは定期的に「nanacoポイントキャンペーン」が行われていて、通常より高いレートでOkiDokiポイントからnanacoポイントに交換できたり、ボーナスポイントが付与されたり、お得に交換できます

 

 

ポイントでクレジットカードのお支払い

たまったOkiDokiポイントを、クレジットカードの返済に充当できます。申し込んだポイント数から換算した金額を、カードご利用金額からマイナスしてくれます。

換算レートは下表の2種類あります。

例えば2,000ポイントを支払金額に充当すると、1ポイント=4.5円換算レートの場合、カード利用金額から9,000円(2,000×4.5円)を引いた金額が請求されます。

ポイントの有効期限が近いけど、交換したいものがない場合など、この方法があると助かりますね。


 

交換レート

1ポイント=3円

1ポイント=4.5円

申込可能ポイント

500ポイント以上

1ポイント単位

1,000ポイント以上

1,000ポイント単位

ポイント数

500ポイント~

1,000ポイント~

 

ボーナス払いはもちろんリボ払いも可能!

クレジットカードを利用すれば、もちろん翌月には支払いが待っています。
JCB一般カードの支払い方法は、どのようなものがあるのでしょうか?

1回払い

もちろん、1回払いが利用できます。後述する「支払い名人」に登録すると、1回払いでもリボ払いにすることが可能です。

2回払い

分割手数料は無料です。

分割払い

分割回数は、3回〜24回まで選べます。
手数料の実質年率は7.92〜18.00%となります。
また、ショッピング後の変更も可能です。

スキップ払い

お支払いする月をあとから最長6ヵ月先までスキップできます。1回払いのショッピングのみに利用できます。ですので、後述する「支払い名人」に登録していると、自動的にリボ払いになるため、スキップ払いは使えません。

手数料の実質年率は7.92~18.00%(月利0.66~1.50%)で、ご利用可能枠は200万円までです。

ボーナス1回払い

夏:取扱期間は12月16日〜6月15日、支払日は8月10日。
冬:取扱期間は7月16日〜11月15日、支払日は1月10日。

リボ払い

実質年率は8.04〜18.00%となります。
ショッピング後の変更も可能です。
リボ払いには、以下の3つのコースがあります。


定額コース:残高に関わらずお支払い元金は一定の金額(5千円以上1千円単位)
全額コース:締切日時点でのご利用残高全額
残高スライドコース:残高によってお支払い元金が変動。
          標準コース短期コースの2コースがあります。

締切日(毎月15日)のご利用残高 標準コース 短期コース
10万円以下 1万円 2万円
10万円超20万円以下 2万円 4万円
20万円超10万円ごとに 1万円加算 2万円加算

「支払い名人」

自身で設定した金額を超えると、「1回払い」のものが自動的にリボ払いになるサービスです。
初回分の手数料は無料となっており、2回目のお支払い以降、実質年率15.0%がかかります。

支払い名人 説明

<引用元:「支払い名人」〜支払い額は自分で決める>

なお、どの支払い方法を選んでも、締め日は15日、支払日は10日となっています。
支払日の変更はできません。

お申し込みはこちら

最高3,000万円の海外旅行保険が付いてくる!カードのデザインもディズニー柄が選べます!

クレジットカードには、様々な保険がつきもの。

また保険以外にも、様々なサービスや機能が提供されています。
JCB一般カードには、どのようなサービスがあるのか見ていきましょう。

JCB一般カードには、どんな保険が付いてくる?

海外旅行保険

海外旅行へ旅立つ前に、

  1. 搭乗する公共交通機関の料金をJCB一般カードで支払った
  2. 参加する募集型企画旅行(ツアーパックなどのこと)の料金をJCB一般カードで支払った

場合に、最大3,000万円の死亡保険が適用されます。

なお、一番利用する可能性の高い病気の治療費用は、1回につき100万円までとなります。事前にMyJチェックへの登録が必要です。

国内旅行保険

下記の条件を満たした場合、最大3,000万円の死亡保険が適用されます。

  1. JCB一般カードを利用して、国内航空機や船舶などの公共交通機関の搭乗券をご購入、またはJCBが発行するJAL・ANAのエアクーポンをご利用いただき、乗客として搭乗中に障害を負った場合。
  2. JCBトラベルやJCB加盟の旅行代理店、宿泊施設、運輸会社などで宿泊施設の予約を行い、かつその代金をJCBカードでお支払い頂いた場合宿泊施設の火災や事故などにより障害を被った場合。
  3. JCB一般カードを利用して、募集型企画旅行の料金を支払い、参加中に障害を負った場合。

事前にMyJチェックへの登録が必要です。

ショッピングカード保険

購入後、90日以内に壊れてしまったり盗難などの被害にあってしまった場合は、年間最高100万円まで補償されます。

不正利用保険

紛失・盗難のお届けは、24時間体制で受け付けています。
しかも、万が一カードが第三者に不正使用されても、お届けいただいた日から60日前にさかのぼり、それ以降の損害額をJCBが補償します。
また、インターネットショッピングや通信販売でも、身に覚えの無い請求が発生していることに気づいた場合は、請求通知から60日以内にJCBに届け出て不正利用が認められれば、自分がその分を払う必要はありません

また、カードの利用状況を24時間年中無休で監視しており、第三者に不正使用されていそうだと検知されたら、カードの利用をいったん保留にしてくれるシステムもあります。不正使用の可能性があったときは、すぐに電話やメールで連絡してくれますので安心です。

JCB一般カードならではの特徴やサービスはある?

JCB一般カードならではの特徴……それは、「ディズニーデザインが選べる!」

JCB一般カード ディズニーデザイン

JCB一般カードでは、普通の券面デザインだけでなくディズニーデザインも選ぶことができます
ディズニーデザインのカードを用意しているのは、

  • JCB一般カードを始めとした、「JCB ORIGINAL SERIES」
  • ディズニー★JCBカード
  • イオンカード
  • MUFGカード
  • りそなクレジットカード

の5種類しかありません。

 

ディズニー好きな方や、かわいい券面デザインのカードを探している方にはおすすめの1枚です。

お申し込みはこちら

JCB一般カードのメリットはこれだ!

50万以上使っている間は年会費無料&ポイント1.2倍

「年間50万以上の利用」という年会費無料条件を満たしている間は、ポイントは常に1.2倍。さらに海外での利用なら2.2倍に!

普通のカードよりも貯まりやすいポイント

ORIGINAL SERIESパートナーの利用で、他のJCBカードよりもおトクにポイントが貯まりやすい!

安心のJCBブランドと、充実した各種保険

最大3,000万円の海外旅行保険に加え、安心のショッピングガードと不正利用の補償を完備!

JCB 一般カード
発行会社 株式会社 ジェーシービー
ブランド JCB
年会費 無料(条件付き)
ポイント還元率 0.5%〜2.5%
電子マネー QUICPay
海外旅行保険 最大3,000万円
国内旅行保険 最大3,000万円
お申し込みはこちら

関連する記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com