• 振込手数料最大270円のジャパンネット銀行は、リアルタイムの入金対応でありえないほどスピーディ!ジャパンネット銀行の3つのメリットを徹底解説!

2015/02/02

貯める

1520views

振込手数料最大270円のジャパンネット銀行は、リアルタイムの入金対応でありえないほどスピーディ!ジャパンネット銀行の3つのメリットを徹底解説!

振込手数料、なんでこんなに高いの…とお嘆きの皆様に朗報です。


日頃から、銀行の振り込み手数料は高いと感じていませんか?一度の手数料は数百円と小額ではありますが、それが積み重なれば大きな金額になります。


少しでも振込手数料を安くしたい、そんな方には是非ともジャパンネット銀行をオススメします。


ジャパンネット銀行は、振込手数料が安いばかりではなく、その他のメリットもありますので、ここではそれらを紹介します。


ジャパンネット銀行
普通預金金利0.03%
定期預金金利(平均)0.23%
定期預金最低預入期間一ヶ月
他行宛振込手数料54~270円
口座維持手数料0円
ATM手数料無料回数月1回まで
主な提携ATM

ゆうちょ銀行 ATM

セブン銀行 ATM

E-netコンビニ ATM

ローソン ATM

@BANK ATM

お申し込みはこちら



ジャパンネット銀行の概要

ジャパンネット銀行は、2000年に開業した銀行であり、三井住友銀行の傘下であり、日本初のネット専業銀行として誕生しました。


オークションやネットショッピングの決済の際にログインするだけで支払いが出来たり、FXなどでの入出金が出来たりと、個人で利用する場合のサービスが充実しています。


本店所在地は東京でありそこにだけ窓口があり、インターネットバンクなので、支店はなく、すずめやはやぶさと言った動物に名前が支店に付けられています。またビジネス用のビジネス営業部という支店もあります。


口座維持手数料は無料であり、口座での取引はトークンを利用したワンタイムパスワードを利用して取引を行います。

ジャパンネット銀行のメリットは、振込手数料だけではありません。

1.驚きの安さ!振込手数料は最大270円!

ジャパンネット銀行の大きな特徴として、振込手数料が安いというのがあります。


ジャパンネット銀行同行間では54円、他行宛は3万円未満が172円、3万円以上が270円となっており、振込手数料は他行と比べると安くなっています。


またATMでの出金手数料はその月の1回目が無料となっており、無料で利用できるのも嬉しいところです。

2.入金にタイムラグなし!スピードを求める方には最適!

インターネット専用口座なので、その取引が反映されるのはリアルタイムであり、入金や振込を行っても、すぐに反映されます。


普通の銀行では朝早く振込を行っても、それが反映されるのは昼過ぎになることもあり、待たされる場合も多いです。


取引がすぐに口座に反映されて、待たされたくないという人には是非とも利用して欲しい銀行となります。

3.ネット銀行だから当たり前!定期預金の金利も高い!

インターネット専用銀行なので、その分人件費などのコストも抑えられています。


それを反映して、商品の一つである円定期預金は高金利が適用されており、他行の定期預金よりも高い金利となっています。


預入期間は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年、5年、7年、10年となり、最小期間で1ヶ月から始められます。預け入れ金額は1万円以上からであり、100万円未満の場合のそれぞれの金利は以下の通りです。


1ヶ月 : 年利0.055%
3ヶ月 : 年利0.065%
6ヶ月 : 年利0.090%
1年 : 年利0.090%
2年 : 年利0.090%
3年 : 年利0.090%
5年 : 年利0.090%
7年 : 年利0.110%
10年 : 年利0.200%


満期になれば解約出来、また自動継続することも可能です。満期前の解約も可能ですが、中途解約すると受け取れる利息が少なくなってしまいます。

4.キャッシュカードがおサイフ代わりに?VISAのデビットカード機能がつけられる!

ジャパンネット銀行の特徴の一つとして、デビッドカードを発行しています。銀行でもデビッドカードを発行しているところは少なく、その中の一つです。


デビッドカードは、キャシュカードと一体型のカードになり、クレジットカードと同じようにネットショッピングなどで支払いに使用できます。さらには、動画サイトやレンタルサーバーなどのウェブサービス、公共料金の支払いなどに使えます。


発行されるのはVISAブランドのカードになり、VISAなので海外でも使用できます。また年会費などはかからず、無料でカードを持つことが出来ます。


ただしクレジットカードと違う点は、デビッドカードは使用している口座にお金がないと支払いには利用できません。たとえば1万円の商品をネットショップでデビッドカードを使用して買おうと思う場合は、カードに1万円分の残高が無いと買い物は出来ません。


クレジットカードは残高が無くても後払いできるのに対して、デビッドカードは後払いは出来ません。

「振込」に重きを置く人は、ジャパンネット銀行を活用しよう!

振込を重視するならジャパンネット銀行を利用すべきです。振込手数料が安く、振込が即座に口座に反映され、タイムロスはありません。


またインターネット専用銀行なので、送金や振込などの取引はインターネット上で行うことが出来、24時間いつでも取引可能ですので、時間を選びません。


お金に余裕がある場合には、定期預金も金利が高いので利用すると利息を受け取れ、資産運用には安全な方法です。


利用者にとってメリットの多い銀行であり、インターネット上から申し込みが出来ますので、是非とも利用することをおすすめします。


ジャパンネット銀行
普通預金金利0.03%
定期預金金利(平均)0.23%
定期預金最低預入期間一ヶ月
他行宛振込手数料54~270円
口座維持手数料0円
ATM手数料無料回数月1回まで
主な提携ATM

ゆうちょ銀行 ATM

セブン銀行 ATM

E-netコンビニ ATM

ローソン ATM

@BANK ATM

お申し込みはこちら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「貯める」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com