• 【現金主義者に告ぐ】「現金支払いが一番安心する!」というこだわり、捨ててみませんか?デビットカードが現金払いより勝る3つの理由

2015/03/26

使う

1334views

【現金主義者に告ぐ】「現金支払いが一番安心する!」というこだわり、捨ててみませんか?デビットカードが現金払いより勝る3つの理由

現金主義者に多い、「クレジットカードは借金!」という思い。


みなさんはクレジットカードを持つのは怖いと思っていないでしょうか?


クレジットカードなら、その場で現金を持っていなくても買い物が出来、後払いで精算するので、借金のような仕組みだと感じているかもしれません。


確かにクレジットカードなら、分割払いなどをすると、金利手数料もかかり、現金で買うよりも余計にお金を支払わなければいけません。そして、限度額内なら、いくらでも買い物が出来るというのが怖いのではないでしょうか?


そんな風に思っているなら、是非とも使いすぎの心配のないデビットカードがおすすめです。

ここではデビットカードが現金より勝る点を紹介します。

デビットカードなら、実質現金払いでもおトクにお買い物ができる!

デビットカードなら、キャッシュバックされたり、ATMの手数料がかからず、現金で支払うよりもかなりお得です。


メリットをいくつか紹介しますので、デビットカードを使う際の参考にして下さい。

現金に比べて……使った分だけキャッシュバックされるところもある!

デビットカードでは、キャッシュバック制度が設けられているカードがあり、毎月の利用金額に対して、0.2%や0.5%という金額をキャッシュバックしてくれます。


キャッシュバック率で言えば微々たるものですが、年間で考えれば馬鹿に出来ない金額になります。


ましてや現金で支払えばキャッシュバックは絶対に受けられないので、尚更デビットカードを使った方がお得にお買い物が出来ます。

現金に比べて……盗まれても落ち度が無ければ使われた分が戻ってくる!

現金が盗まれた場合は、拾ってくれた人が良い人なら手元に戻ってくるかもしれませんが、拾って使われればそれで終わりです。


それに比べ、デビットカードなら、もしもカードを盗まれて不正利用されても、届け出をしてそれが不正利用だと認められれば、損害額が補償されるのです。


また、デビットカードはカード利用時には暗証番号が必要なので、セキュリティ面もしっかりしていますので、安全性も高いのです。

現金に比べて……ATM手数料がかからない!

ATMから現金を下ろす場合には、たいていの場合は利用手数料がかかります。一度の手数料は数百円と小額ですが、月に10回も20回も利用すれば、たちまち数千円もの手数料を支払うことになります。


しかし、デビットカードならお買い物での支払いはカードの口座から引き落とされ、わざわざATMでお金を下ろす必要もなく、手数料がかかりません。


またATMからカードを使って口座にお金を預けておくときも、利用手数料がかからず、余計にお金を支払う必要がありません。

現金払いをやめて、デビットカードを使ってみませんか?

いかがだったでしょうか?


デビットカードなら、キャッシュバックが受けられて、ATMでの利用手数料を支払う必要もなく、家計に優しいカードです。


デビットカードは15歳以上ならだれでも持つことが出来、カード発行にあたっては審査がありません。また年会費無料というところも多いです。


あなたも、これを機にデビットカードを使ってみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com