2014/10/17

貯める

4301views

金運が上がる!『今こそ「お金の教養」を身につけなさい 稼ぎ、貯め、殖やす人の"37のルール"』 菅下清廣

怠けていては貯まらない。貯めてばかりだと殖えていかない。幸せなお金持ちはどのようにして生まれるのか?

今こそ「お金の教養」を身につけなさい 稼ぎ、貯め、殖やす人の37のルー


ウォール街で多くの富豪と接した菅下氏の経験から、

お金持ちの思考回路を知りお金の教養(マネーリテラシー)を高めるための本


一般的にマネー本というと、「節約」や「貯金」という方向に向かいがちだが、

本書は「お金の使い方」というポイントに力点を置いているところが斬新で参考になる


こうすればお金を稼ぎ貯め殖やせるという具体的な方法論はあまり語られていないが、

主に20~30代の若者向けにシンプルにわかりやすく「お金持ちならこう考えて行動する」という経験則を知ることができる


節約しすぎている方や、貯金しすぎている方、またはお金に苦手意識のある方には、

あっさり読めて金運が上げることができるのでお勧めである。

0.著者がこの本で伝えたい3行メッセージ(想い・願い)

恒産なくして恒心なし」(お金や資産をもつといい仕事ができる)

お金持ちへの第一歩は、意外と知られていないお金の性質や超富裕層の思考回路を学ぶこと、つまり「お金の教養」を身につけること。

「年収1年分の貯金」をコツコツと作ろう。可能であれば、「年収の3倍の貯金」を貯める。

1.導入文:タイトルや著者紹介を見て云々

「お金の教養」(マネーリテラシー)を身につけたいと思っていたところ、

本書の「稼ぎ、貯め、殖やす人の“37のルール”」が気になったのと、

Amazonで結構人気がありレビューの評価も高かったのもあり、この本を手にとった。


本の帯に

「読むだけで金運が上がる、資産形成の必勝法」

「ウォール街のルール、富裕層の思考と趣向を知り尽くした金融エキスパートが明かす、人生をアップトレンドに乗せる秘訣集」

とあり、なんかお金持ちの考えを知ることで、お守り以上にご利益がありそうだなと期待。

2-1.要約①:まえがき、はじめに

  • 本書を手にとってくださった(当サイトに訪れてくださった)あなたは、今この瞬間にも金運上昇中です。
  • なぜなら、あなたは願って、動いたというお金持ちの第一歩を踏み出したから。
  • 本書をきっかけに、自分が実際のところどれだけ稼いで、どれだけ貯めて、どれだけ使いたいのか、ということを改めて考えてみてください。


プロローグ お金の正体

  • なぜお金が貯まらないのか?
  • ┣①お金との距離が遠すぎるor近すぎる⇒恋愛と同じで、適度な距離が必要
  • ┣②お金との相性が悪い⇒後天的に育てることができる
  • ┗③「適量」を知らない⇒いくらのお金が自分の人生に幸福をもたらすのか、知る
  • お金には3つの顔がある
  • ┣①交換する(お金があると必要なものと交換できる)。
  • ┣②価値を測る(モノの値段がわかる)。
  • ┗③価値を貯める(価値を保存しておける)。
  • 儲かる商売をしたい
  • ふつうにやってちゃ稼げない
  • 恒産なくして恒心なし」孟子⇒一定のお金や資産を持っていないと、気持ちが安定せず、結果としていい仕事ができない。
  • まずは「年収1年分の貯金」をコツコツと作ろう。可能であれば、「年収の3倍の貯金」を貯める。
  • 知の財産をつくれ
  • 人生に大切な3つのもの
  • ┣①お金⇒お金がないと生活保護のお世話にならねばならないのに、なぜか多くの人はお金を大切にしない。
  • ┣②健康⇒健康な人は、人生の幸福度が高まる。健康でニコニコと仕事をする人は、お金を呼ぶ。
  • ┗③パートナー(結婚相手、仕事、職場、友人)⇒どんなパートナーと出会い時間を過ごすかで人生を左右する。

2-2.要約②:本文

第1章 お金に好かれる人の「使い方」

  • 1.お金持ちになる人は、我慢しない。コンビニ生活で小銭を貯めるのはやめて、「頭と心が気持ちよくなること」にお金をかけよう。
  • 2.「お金持ちは、ケチ」の真相。自分のためには「堅実」に、他人のためには「気前よく」。
  • 3.お金持ちは「いい場所」に出入りする。海外旅行はファーストクラスと一流ホテル。無理して使って体感せよ。
    • ⇒身を持って感じることは、自分を引き上げるきっかけになる。
  • 4.お金持ちは、「サイン」を読むのが上手い。失敗のリスクを負ってでも、勉強や投資をする。
  • 5.お金持ちの情報収集は「広く浅い」。女性誌を読む男性を笑っていては、お金持ちになれない。
  • 6.お金持ちは、自分の衣・食・住に「投資」をする。狭く暗い家でカップラーメンを食べていたら、貧乏神がやってくる。
  • 7.お金持ちは、お金の使い方にこだわりがある。フェラーリに乗る人が一流とは限らない。
  • 8.お金持ちはいい人を引き寄せる。金と女は、追えば逃げる。だからあくまでも呼び寄せる。
  • 9.お金持ちは、「他業種の一流」を大事にする。業界内での人脈づくりなら、ライバルもとっくにやっている。


第2章 お金に好かれる人の「貯め方」

  • 10.お金持ちとは、「レジスタント・ライン」(上値抵抗線)を超えた人。貯金は人生を上昇気流に乗せるツールである。
    • ※上値抵抗線とは、株価においてこのラインを超えると、あとは上り調子一本というライン。
  • 11.お金持ちは、肉体ではなく頭で稼ぐ。より多くのお金に換わるのは、体よりも知恵。貯蓄するなら、知恵を絞ろう。
  • 12.お金持ちは、「貯めっぱなし」にしない。お金は見て楽しむものではない。貯めて安心するためのものでもない。
  • 13.お金持ちは、全体を見る。お金は「殖えているか減っているか」だけでいい。
  • 14.お金持ちは、お金を引き寄せる。お金の性質を理解して、お金がお金を呼ぶ「ゾーン」を体験せよ。
    • ※貯蓄が一定のレベルを超えると、貯金の利子もつくし、お金につながる情報も自然とは寄ってくる。
  • 15.お金持ちは、「逆張り」を恐れない。リスク5割、6割でも、自分を信じて投資する。
    • ※「相場の名人は逆張りの名人」。誰もが悲観している時に、自分は楽観的に。逆もしかり。
  • 16.お金持ちはチャレンジをやめない。致命傷は負うな。でも負ったら最後、チャンスに変えろ。
  • 17.お金持ちは、素直。浅はかな失敗をしても、すぐに方向転換できるかどうか。
  • 18.お金持ちは、情熱的だ。「本当に貯まるのかな」という気持ちを捨て、運気を上げる生活をしよう。


第3章 菅下流お金との「付き合い方」

  • 19.お金持ちには、想像力がある。毎回同じことでうめくのは、貧乏の証拠。先を読み、「売り気配」(先がない)人生と決別しよう。
  • 20.お金持ちは、自己管理のプロである。ウォール街で出世できない人の3条件は、メタボ、スモーク、ドリンク。
  • 21.お金持ちは、「計画表」が好き。計画表を作れば主体的(マイペース)に動ける。主体的に動くと、お金が寄ってくる。
  • 22.お金持ちは、そうでない人の3倍、一日を活用している。早起きの得は「三文」どころではないのだ。
  • 23.お金持ちは、プライベートを愛す。いい人生を送るために必要なのは、相場と同じで「売り買い休む」。
  • 24.お金持ちは、「稼げる場所」にいる。あなたがいまいる場所は、「稼げる場所」か?
  • 25.お金持ちは、3つの頭脳を持っている。これから10年、稼げる人は、投資・IT・英語に強い人。
  • 26.お金持ちが、誰でもモテるとは限らない。銀座のママ直伝「モテる男の条件」はお金を引き寄せる条件でもあった。
    • ※モテない男の3条件は、ケチ・威張る・下品で、モテる男の3条件は、気前がいい・優しくてマメ・知的でオシャレ。
  • 27.お金持ちには、ラッキーカラーがある。「このネクタイの日はなんとなく上手く行く」という感覚を、大切にしよう。
  • 28.お金持ちは、世界から日本を見る。海外ニュースを見るのはもちろん、国際結婚もお勧めしたい。


第4章 どうすれば年収の3倍貯まるのか

  • 29.お金持ちは、冷暖房を我慢しない。衣食住をケチると、結局損をするからだ。
  • 30.お金持ちは、飛べるハードルを設定する。今年できたことは来年もできる、と知っている。
  • 31.お金持ちは、人の3倍◯◯する。◯◯に入るものは、3種類。3種類すべてやったら、億万長者になれる。
    • ┣①人の3倍「働く」こと。
    • ┣②人の3倍「人脈と情報を持つ」こと。
    • ┗③人の3倍「勉強する」こと。
  • 32.お金持ちは、好きなことを極めている。あなたが若いなら、起業を志せば、10億円も夢ではない。
  • 33.お金持ちは、歴史に詳しい。投資をやるなら、経済や金融よりも人間心理のほうが大切な勝ち要素。
  • 34.お金持ちは、新聞の読み方が違う。加工情報より生鮮情報を取りに行け。
    • ※加工情報:共同通信などが配信した同じニュースを、各新聞社が書き直し、独自の記事にしたもの。
    • ※生鮮情報:特定のエコノミストや政治観などの「生の声」を反映した寄稿した記事。
  • 35.お金持ちは、インスピレーションがある。インスピレーションは、ぼーっと生きていては身につかない。
    • ※未来予想力=過去・歴史の検索+想像力
  • 36.お金持ちは、損切りするのが早い。株も恋愛も、いらないものは思い切りよく捨てよう。
  • 37.お金持ちは、「続ける」。資産を殖やすことも、勉強も、出会いも、ずっと求め続けていく。

2-3.要約③:まとめ、おわりに

  • 読者の皆さんがお金持ちになって、豊かな人生を送るためには、金融リテラシー「お金の教養」が必要。
  • お金持ちへの第一歩は、意外と知られていないお金の性質や超富裕層の思考回路を学ぶこと。

3.著者紹介

菅下清廣(すがした きよひろ)

菅下清廣 スガシタパートナーズ株式会社代表取締役。

 国際金融コンサルタント、経済評論家。

 立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。

 ウォール街での経験を生かした独自の着眼点で相 場を先読みし、世界経済の未来を次々と的中させてきた「富のスペシャリスト」として知られる。



4-1.Amazon説明文

 大和証券、メリルリンチ、キダー・ピボティ等、国内外の金融機関で結果を出し、現在も国際金融コンサルタントとして活躍中の著者。各国の富裕層と公私にわたり交流してきた著者だから書ける「お金の教養」が本書。

お金のことは、この人に聞くしかない! と、有名人にもファンが多い。


 株や投資信託の選び方以上にその人の命運を分けるのは、実は「日常」である。

「お金持ちになるためには我慢をするな」「お金の使い方にこだわりを持て」「貯金のために生活費を削るのは本末転倒」など、日々の生活での「使う、貯める、殖やす」の発想をガラリと変えるルールを紹介。

資産形成について迷っている人、投資に興味のある人、苦しい貯金・節約に精を出して疲れてしまったという人は、必読!

4-2.Amazonレビュー

評価が高い有用性のあるレビュー

★★★★★ お金がどういう人のところに集まるかが良くわかる

お金を稼ぐ人は稼ぐのでは無く、お金が集まる人、というのがよく分かりました。


健康な人は健康な習慣をしているからで、お金を集めるのもお金が集まる習慣をしているから、

決して難しいことでは無い、ということに気が付きました。


本書ではその習慣がまさに語られていて、非常に参考になる良書です。


評価が高くない有用性のあるレビュー

★★★☆☆ お金に対しての基本的な考え方・接し方のレクチャーです。

将来的に個人資産を増やしたいと思っている人がこの本を取れば

表面上の基本的なお金に対する接し方は理解できると思います。


一番は自分の資産をまずどれだけ集められるかと述べています。

これに関してはマネーに関する本なら同じようなアドバイスは

書かれていると思います。筆者は例で人の3倍働きなさいと

言っています。


お金に関する教養を深めるためには歴史小説を読みなさい。

金融リテラシーと英語そしてIT能力があればこれから

10年は戦えると述べています。大前研一氏と被ってるかな。


まー新書なんであっさり読みきれると思います。

5.この本の目次

プロローグ お金の正体

第1章 お金に好かれる人の「使い方」

第2章 お金に好かれる人の「貯め方」

第3章 菅下流お金との「付き合い方」

第4章 どうすれば年収の3倍貯まるのか

おわりに

6.この本の紹介

今こそ「お金の教養」を身につけなさい 稼ぎ、貯め、殖やす人の

今こそ「お金の教養」を身につけなさい 稼ぎ、貯め、殖やす人の"37のルール" (PHPビジネス新書)

菅下 清廣
PHP研究所

Amazon.co.jpで詳細を見る

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「貯める」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com