2020/02/24

借りる

416views

プロミスカードローンの審査は甘い?申し込みから返済までバレない完璧な方法

カードローンでの借入。気がかりなのは取り立て?将来に傷がつく?

初めて消費者金融・カードローンでお金を借りるとなると、相当な勇気と覚悟がいると思います。

中には、“お金を借りる=取り立てに恐いおじさんが家まで押しかけてくる” こんなイメージを抱いている方もいるのではないでしょうか。

よくドラマや映画で見かけるシーンにありますもんね。

これについては勘違いされている方が多いですが、

正しい金融機関から適切な金額を借りれば恐くはありません!!

もちろん、きちんと返済すれば借り手の信用情報などに傷がつくこともありません

恐いのは闇金融と言われる賃金業としての登録をしていない違法の賃金業者です。

消費者金融やカードローンは、借入限度額も決まっていたり、借り手の返済能力に合わせた返済シミュレーションをすることができるので、無理のない範囲で借入することができます。

 

とはいえ、カードローンも種類が豊富です。

早くお金を借りたいのに、どれにするか迷っていては必要なときにお金の準備が間に合いません……!

「ようやく取り付けたデートの約束は明日なのに…!」

「パソコンの修理ができないと仕事もできないー!」

こんな方にも朗報の、

危なくない

・恐くない(取り立てがこない)

最短即日でお金が借りられる

・初めてカードローンでお金を借りる人にとっては金利が安い

・他のカードローンで借入があっても信用情報があれば審査に通りやすい

これらの条件を満たす、『プロミスカードローン』について申し込みから返済までの流れを徹底解説していきます。

プロミス即日借り入れの申し込み方法

プロミスの借り入れの申し込みは、WEBや電話からできます。

プロミスカードローンの申し込み方法

上記の通りで、申し込みから借り入れまでにかかる期間は最短即日!

 

「パソコンが故障したから、急に購入資金が必要になった…」

「クレジットカードの支払いができないから、現金が必要」

「デートなのに残金2,000円しかない」

「旅行に行く予定なのにお金がない…!」

「ボーナス一括払いにしすぎて、支払えなくなっちゃった」

このような方にとっては、即日で借り入れできるのはたまらなく嬉しいですよね。

絶対誰にもバレない方法!しかも簡単!

カードローンでお金を借りることはできれば誰にも知られたくないと思っている方が大多数なはずです。

プロミスのカードローンの場合、Webでの申し込みをすればバレにくいです!というよりもバレる可能性はほぼ0%です

とはいえ、事前にバレない方法を知らないとバレてしまう可能性はグッと高くなるので、以下の方法を知っておきましょう。

①審査結果の連絡先を携帯電話に設定しておく

審査結果の連絡先は、携帯電話・自宅電話・勤務先・メールアドレスの4つから選べます。

連絡先を携帯電話に設定しておけば、家族と一緒にといるときに電話がかかってきても誰かが出ることもありません。

プロミスの場合、電話をかける際に「プロミスの〇〇です」とは言わず、担当名で名乗るというルールがあります

たとえ、自宅であっても勤務先であってもこのルールは適応されます。

なので、審査結果の連絡先を自宅や勤務先にしていてもバレないとは思いますが、リスクとなりそうなことはなるべく除外しておきましょう。

「メールアドレスならバレなさそう!」だと思う方もいると思いますが、万が一見られてしまった時にバレるリスクがあります。リスクは最小限に抑えておくのが得策です。

②固定電話番号を登録しない

自宅の電話番号(固定電話)を登録した方が審査通過率はあがると言われています。これは信用度がアップするからなのですが、固定電話を登録することで家族のバレてしまうリスクは高まります。

過去に借入歴がなく、安定した収入のある方であれば、固定電話を登録していなくても審査に通る可能性は高いので(最近は固定電話を持たない人もいますからね)、申請時には固定番号を掲載するかどうか要検討するようにしましょう。

③毎月の支払いを滞らない

当たり前ですが、返済が滞ると催促の連絡がきます。

携帯電話に出れば問題ありませんが、携帯電話に出なかった場合、自宅に連絡せざるを得ません。

家族が代わりに電話に出てしまえば、お金を借りていることがバレてしまいます。

毎月返済していれば、プロミスから電話がかかってくることもないので、お金を借りる際はきちんと計画しておきましょう。

④勤務先にかかってくる電話は避けられない

在籍確認の電話が勤務先にかかってくるのは避けられません。きちんと在籍しているか、嘘をついていないか信用情報を確かめるためです。

しかし、先ほども触れましたが、プロミスカードローンからの電話は担当者の名前しか伝えられません。

そのため、自分以外の誰かが電話に出たとしても、カードローンの電話ということはバレないはずです

どうしても不安だという方は、クレジットカードや引っ越しの保証会社から電話がかかってくるかもしれないということを、あらかじめ同僚に伝えておいてもいいかもしれませんね。

しかし、この在籍確認を避けられる条件がひとつだけあります!

⑴借り入れ希望額が50万円以下

⑵他者を含めて借り入れ総額が100万円以下

上記⑴⑵の条件を満たしていれば、在籍確認の電話を書類で済ませてもらうことができます。

ただし、稀に上記条件を満たしていても電話での在籍確認が必要となるケースもありますので、問い合わせをして確認しておく方がいいでしょう。

書類で在籍確認する場合、

・会社の直近の給与明細
・社員証
・健康保険証
・源泉徴収票

のうちいずれかの証明書が必要なので、準備しておいてくださいね。直前に「ない!」ということになれば、電話での在籍確認は免れません…。

⑤郵便物を開封されないようにする

Webから申し込みをしたとしても、借入の利用明細や契約完了証明書、カードなどは郵送されてきます

差し出し人は、『事務センター』と記載されているため、プロミスからの郵送物だとは気づきませんが、中身を見られたら一発アウトです。

1人暮らしであれば、誰かに勝手に開封されてしまうリスクはないですが、家族がいる場合は、見られる可能性はゼロではありません。

心配な人は、WEBからの契約ではなく、来店もしくは無人機での契約がいいでしょう

来店もしくは無人機で契約すれば、そのままカード発行できます

そのため、郵便物が自宅に届くこともなく、誰かに見られるリスクもないのでバレる心配はありません。

プロミスの金利・利息は他のカードローンと比べて安い?

プロミスのフリーキャッシングプランの利息は、借入金利4.5〜17.8%(実質年利)が適用されています。

金利は、借入金額(元金)に対する支払利息の割合を指します。

利息 = ご利用金額 × 借入金利 ÷ 365日 × ご利用日数 

利息の計算方法は上記式の通りです。

 

例えば、利率17.8%で20万円借り入れ、30日間で返済するとすれば、

利息 = 20万円 × 17.8% ÷365日 × 30日 = 2,926円

つまり、2,926円が利息となるというわけです。

当然、借り入れ額が増えたり、金利が高いと利息は増えます。

 

一般的に、初めてローンを組む方は、上限金利が適用されるケースが多いです。(プロミスの場合は17.8%)

なぜなら、初めてローンを組む方には信用情報が一切ありません。そのため、消費者金融側の不利にならないように金利を高く設定しておくのです。

プロミスの金利は、他のカードローンと比べると上限金利が安いです。

 

金利

アイフル

4.5~18.0%

アコム

3.0~18.0%

SMBCモビット

3.0~18.0%

そのため、初めてカードローンで借り入れする方にとっては、プロミスのカードローンは借り入れ総額を最低限安く抑えることができる可能性があるのでおすすめです。

30日間であれば利息無料

プロミスを初めて利用する方に限りますが、30日間無利息サービスがあります

他のカードローン会社でも30日間無利息で借り入れできるサービスを展開していますが、プロミスがずば抜けてお得になる理由は、借りた日から30日間が適用されるからです。

プロミスは借り入れ日から30日間利息無料

ここではアイフルを例に挙げますが、アイフルの場合、契約した翌日から30日間が無利息期間になります。つまり、契約翌日にお金を借りていなくても、無利息期間はどんどん過ぎていってしまいます。

一方で、プロミスの場合は借入の翌日から30日間の無利息期間が始まるので、契約してからすぐにお金を借りる必要はなく、「とりあえず契約だけして、本当に困った時にお金を借りよう!」と思っている方でも損をすることはありません

さらに、30日間の期間内であれば、何回追加で借入をしても30日間は利息無料となります。

30日間無利息サービスを活用するためには、

①Eメールアドレスの登録

②書面の受取方法は、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択

上記2点を満たさなければいけないので、忘れずにクリアしておくようにしましょう!

プロミスは審査に通りやすい?

プロミスのカードローンは、主婦や学生であっても、年齢が20歳~69歳で収入が安定していれば申し込めます。

審査に通る人・通らない人の特徴

もっとも重要なのは信用情報です。

他のカードローン会社から借入があったり、返済が滞っていたりすると信用は一気になくなります。

ブラックリストに名前が載っている方は、残念ながらお金を借りるのは厳しいです。

返済できる能力があるのか、お金を貸してもきちんと返ってくるかを重要視するのは当然です。

みなさんも誰かに「お金を貸してほしい」と言われても、素性を何も知らないような人や、いろんな人にお金を借りているような人には貸したくないと思うはずです。

収入が安定している方であれば、カードローンの審査に通るために、

・他のカードローンから借入がない

・過去に金融のトラブルがない、ブラックリストに掲載されていない

・借入金額が給料に対して多額ではない(50万円以上の場合は収入証明書が必要)

・申し込みの内容に間違いがない

・在籍確認や書類の確認が迅速に行える

これらを気をつけておけば、大抵の方は問題ありません。

実際のプロミスカードローンの成約率

とは言え、実際の審査の通過率は気になるところですよね。

プロミス

46.6%

アイフル

44%

アコム

44.3%

レイク

29.4%

(2019年11月のデータ、レイクのみ2019年12月のデータ)

上記の表を見てもらうと一目瞭然ですが、プロミスのカードローンは他のカードローンと比べると審査の通過率が高いです。

この結果から、“プロミスの審査は甘い” と言っている方も多いようですが、そういうわけではありません。

仮に同じ年収であっても、勤務年数や持ち家なのかどうかによっても通過率は変わります。

何度も言いますが、何よりも大切なのは信用情報です!

いくらプロミスカードローンが審査に通りやすいと言っても、信用できない人にはお金は貸せないという仕組みになっているということです。

審査に必要な書類は?

借入の申し込み時に用意する書類は以下の通りです。

本人確認書類

・運転免許書

・パスポートまたは健康保健所+1点(住民票など)

(※健康保険証+1点が必要なのは、来店して契約手続きをする場合)

・外国籍の方は、在留カードまたは特別永住者証明書

 

収入証明書

借入金額が50万円以上あるいは、他社との借入額の合計金額が100万円を超える場合は

・源泉徴収票(最新)または確定申告書(最新)または給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

(※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書)

漏れがあると借入申し込みができないこともありますので、事前に準備しておきましょう。

借り入れ金額はいくらまで?

プロミスの借入金額は、1〜500万円です。

ただし、初回の借入可能額は基本的に50万円程度です。

過度の借り入れから借り手を守るために、借り手の返済能力を超えた貸付を禁止する総量規制という制度があります

これによって、年収を基準に年収の3分の1を超える貸付は原則禁止されています。

仮に保証人がいたとしても、総量規制は適用されます。

ただし、総量規制の対象となるのは個人の借り手で、法人の方は対象外となるので注意しましょう。

なお、複数のカードローン会社から借入をしている場合、借入金額の合計金額が給料の3分の1となります。

例えば、

年収400万円の方が借入可能な金額は、約130万円です。

すでにA社から50万円の借入がある場合、B社で借入できる金額は80万円になります。

どちらにせよ、プロミスで50万円以上の借入をする場合は収入証明が必要となりますので、高額な借入金額を希望するのであれば、上記で説明した収入証明書を準備しましょう。

お金はどこで借りられる?

プロミスカードーローンは、以下の方法で借入ができます。

サービスプラザ(店頭窓口)

プロミスATM

提携ATM

・ゆうちょ

・コンビニATM Enet

・ローソン銀行

・セブン銀行

・三井住友銀行

・三菱UFJ銀行

・西日本シティ銀行

・イオン銀行

・横浜銀行

・東京スター銀行

・第三銀行

・福岡銀行

・熊本銀行

・親和銀行

・広島銀行

・八十二銀行

プロミスインターネット会員サービス 瞬フリ(振込キャッシング)

プロミスコールからの銀行振込

セブン銀行やローソン銀行、金融機関などのATMからの借入であれば、

周りにも「あの人お金を借りている……」とは思われにくく、バレづらいです。

インターネット会員サービスの瞬フリや銀行振込の場合、銀行口座に借入額が入金されるので、銀行キャッシュカードで引き落としすることができます。

絶対バレたくない!という方は借入する場所と方法を選ぶようにしましょう。

返済日はいつ?〜お金を借りて返済するまで〜

返済金額は毎月いくら?

月々の返済金額は借入額と返済期間によって変わります。

返済金額は、最終の借入後の借入残高に応じて変動する “残高スライド元利定額返済方式” が適用されます。

毎月の決まった返済金額より多い金額であれば、借り手の都合に合わせて多めに返済することもできます

実際の返済シミュレーションをこちらからできるので、借入前に月々どの程度を返済しなければならないのかを知っておきましょう。

プロミスカードローンの返済日

プロミスカードローンで借入をした場合、返済日は毎月5日・15日・25日・末日の4つの日程から借り手の都合のいい日を選び、口座から引き落としになります
(返済日が休業日の場合は翌営業日)

借入をした日によって返済月が異なるので返済計画を立てるときには注意しましょう。

 

借入日

初回返済日

5日

1〜19日

借入日翌月

20〜末日

借入日翌々月

15日

1〜末日

借入日翌月

25日

1〜9日

借入日同月

10〜末日

借入日翌月

末日

1〜14日

借入日同月

15〜末日

借入日翌月

参考:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD64Control/APD64003

一括返済もできる

プロミスカードローンの場合、借り手の都合にあわせて、返済日前の一括返済ができます

利息の計算は、利用日数分だけ返済する日数計算方式が適用されます。

また、プロミスでは30日間は無利息期間なので、借入翌日から30日以内であれば無利息で返済可能です。

返済方法

プロミスカードローンの返済方法は、先ほど説明した通り、口座からの引き落とし以外にも方法があります。

①コンビニ

ローソン・ミニストップのloppiやファミリーマートのFamiポートから振込の手続きをすることができます。

各端末の操作方法はプロミス公式サイトに記載がありますので、確認してみてください。

②プロミスATM

お近くのプロミスATMからいつでも返済が可能です。

近くのプロミスATMの検索はこちらからどうぞ。

③提携ATM

提携している以下の金融機関からでも返済ができます。

・ゆうちょ

・コンビニATM Enet

・ローソン銀行

・セブン銀行

・三井住友銀行

・三菱UFJ銀行

・西日本シティ銀行

・イオン銀行

・横浜銀行

・東京スター銀行

・第三銀行

・福岡銀行

・熊本銀行

手数料は、自己負担となるので注意しましょう。

④インターネット返済

インタネット返済は、事前に会員登録をしておく必要がありますが、

365日24時間・最短10秒で返済ができます。さらに、振込手数料もかからないので、昼間支払いに行く時間がないという方でも利用しやすいですよね。

全国約1,100もの金融機関が対応しているので、提携ATMだと対応している店舗が家の近くにないという方でも安心です。

⑤店頭窓口

店頭窓口からでも返済ができます。

店頭窓口の場合、駅前などにあるので、出かけたついでに返済することもできます。

ただし、店舗なので誰かに見られた場合、お金を借りていることがわかりやすいというデメリットもあるので、絶対に誰にもバレたくないという方には不向きです。

プロミスレディースプラン


プロミスには女性専用のレディースキャッシングというカードローンがあります。

金利などは、通常のプロミスのカードローンと変わりませんが、担当者やオペレーターが全て女性なので、安心して申し込みができます。

パートやアルバイトでの安定した収入があれば、主婦や学生の方でも申し込み可能です。
 

まとめ

余談ですが、最近増えてきた後払い決済やツケ払いの金利はカードローンの金利よりもずっと高いんですよ…。このことを知らない方は、「今はお金がないから、後払いで買っちゃおう!」と知らない間に後払いという高い金利のローンを組んでしまっているのです。

返済のスケジュールが立てられるのであれば、後払いにするよりはカードローンでお金を借りた方が、借り入れ額を最小限に抑えることができます。

いますぐお金が必要で、安定した収入があり、お金を借りるのが初めての人は、比較的審査に通りやすく、低い金利で借りられるプロミスカードローンがおすすめです

          

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com