JCBプラチナカード招待制じゃない?個人で入るにはどうすればいいのか?

個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?

JCBプラチナカードは招待制ではない申込制

2017年10月から申し込みを開始したJCBプラチナカードは、JCBの中でも上から2番目に高いステータスを誇る上位カードであるにも関わらず、インビテーションが必要ないカードとしても注目を集めています。

 

今回はこのJCBプラチナカード申し込む場合、入会費や年会費はどうなるのか、審査基準はどうなるのかなど「個人で申し込む場合」について詳しくご紹介していきましょう。

JCBプラチナカード

個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?
発行会社 株式会社 ジェーシービー
ブランド JCB
年会費 25.000円(税別)
ポイント還元率 0.5%~2.5%
電子マネー QUICPay
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円
個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?

JCBプラチナカードについて詳しく知りたい場合は?

個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?

JCBプラチナカードに申し込む前に、このカードがどのようなカードであるかを良く理解しておかねばなりません。

 

JCBプラチナカードの概要については「JCBプラチナカードが新たに登場!概要について詳しく解説!」を参考にしてみましょう。

限度額ポイントシステムプラチナカードならではの特別サービスについてなど、詳しく紹介してくれていますよ。

個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?

JCBプラチナカードを個人で使う場合は?

個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?

初年度からかかる?費用や年会費とは?

まずは覚えておきたい「JCBプラチナカードにかかる費用」です。

入会金

無料

JCBプラチナカード入会に費用は不要です

発行費

無料

JCBプラチナの発行費は0円です

事務手続き

無料

事務手続き、入会手続きなどの費用は無料です

年会費

2万5,000円+税

年会費は2万5,000円+税です

初年度からかかります。

解約手数料

無料

解約時にかかる費用は無料でいつでも解約可能です

 

ご覧のように、JCBプラチナカードにかかるお金は年会費のみになります。

入会費・発行費・解約費など一切かかることはありません

 

2018年3月現在、消費税は8%ですので「年会費で27,000円だけかかる」ということですね。

JCBプラチナカードは年間で考えると高い?

さて、あなたはこの27,000円をどう取りますか?

高いと感じるでしょうか、安いと感じるでしょうか。

 

例えば月ごとで計算してみましょう。

 

  • ・1か月あたり:2,250円

 

「年間で27,000円」よりは「1か月2,250円」の方が安く感じるかもしれませんね。

 

しかしJCBプラチナカードには、プラチナカード所持者のみが使える特別サービスが数多く用意されています。

これらを上手に利用すれば、年会費の元を取るのはそう難しいことではありません

 

JCBプラチナカード所持者しか使えないメリットについては「入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!」を参考にしてみましょう。

もしあなたが「年会費が高い」と感じるのであれば、これらのメリットを見てから判断するというのはいかがでしょうか。

JCBプラチナカードの年会費が高い場合はまずJCBゴールドカードから?

もしメリットを考慮しても「年間27,000円の年会費は高い」と感じるのであれば、プラチナカードの1つ下JCBゴールドカードはいかがでしょうか。

 

こちらも入会費や解約費などは一切かからず、年会費のみの維持費となっています。

また初年度は無料で、 翌年以降も10,000円(税別)かかるだけですので、プラチナカードよりも断然お安く持つことができますよ。

 

ただ特別サービス面で言いますと、残念ながら劣る部分が目立ちますので、やはりこれも「ゴールドカードのメリット・年会費」「プラチナカードのメリット・年会費」をよく理解してから選ぶようにしましょう。

個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?

個人ではいるJCBプラチナカードの基準について

個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?

JCBプラチナカードの基準は厳しいのか?

JCBプラチナカードの審査基準は、2つだけ公開されています。

 

  • ・25歳以上であること

  • ・一定の安定した収入があること

 

この2つを元に考えてみましょう。

 

現在25歳のサラリーマン平均年収は300〜350万円であるとされています。

つまり350万円以上の年収があるのであれば、審査に通りやすくなると考えられますね。

 

「自分の年齢の平均年収を上回っているかどうか」は大きな指標となるでしょう。

 

しかしJCBではクレヒスが重要視されるとも言われています。

この審査基準については「JCBプラチナカードの審査基準とは?どんな人が否決されやすい?」でより詳しく解説されています。

まずはこちらで自分が審査に通るかどうかを判断してみても良いでしょう。

JCBプラチナカード登場によりTHE CLASSは完全の招待制に?

先述したように、JCBプラチナカードはJCBの中で上から2番目に高いステータスのカードです。

プラチナカードの上にあるのはたったひとつ、インビテーション制のザ・クラスです。

 

このザ・クラスも、以前であれば「そろそろザ・クラスを持ちたい」とこちらから突撃することでも持つことができたと言います。

 

しかしこれは公式が発表したものではないのですが「ザ・クラスは突撃を一切受け付けなくなった」という情報もあるのです。

 

以前であれば「ゴールドカードから突撃でザ・クラス」も出来たのですが、プラチナカードが登場した今、ザ・クラスは完全招待制になったという可能性もありますので覚えておきましょう。

THE CLASSへのインビテーションと対象となるカードとは?

ではザ・クラスへのインビテーションはどうしたら届くのでしょうか。

これは対象カードでクレヒスを積む必要があります。

 

この際の対象カードは3つです。

 

  • ・JCBゴールドカード

  • ・JCBゴールドカード・プレミアム

  • ・JCBプラチナカード

 

この3つのいずれかのカードでクレヒスを積むことで、ザ・クラスのインビテーションが届くことになります。

個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?

JCBプラチナカードの年会費を他社と比較してみると?

個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?

プラチナクレジットカードの年会費を5社で比較してみる

年間25,000円(税別)かかるJCBプラチナカードですが、これは他社のプラチナカードと比べて高いのか安いのか気になりますよね。

そこで他の有名カード会社のプラチナカードと比較してみました。

 

  1. アメックスプラチナカード:130,000円+税

  2. 三井住友プラチナカード:50,000円+税

  3. ラグジュアリーチタンカード:50,000円+税

  4. エポスプラチナカード:30,000円+税

  5. JCBプラチナカード:25,000円+税

 

いかがでしょう?

その他のプラチナカードと比べても、JCBプラチナカードの年会費がいかに安いかわかりますよね。

これでサービスも他社に劣らないというのですから、JCBプラチナカードは非常にコスパの良いカードだと言えるでしょう。

JCBの魅力は何?

JCBの魅力、それは国内で唯一の国際ブランドカードだということです。

 

【世界5大ブランド】

  1. AMEX

  2. Diners

  3. VISA

  4. MASTER

  5. JCB

 

この5つのうち、JCB以外は全てアメリカの会社です。

つまり世界5大ブランドの中で、アメリカ以外では唯一日本だけが世界に通用するカードを提供できているのです。

 

世界に通用するということは、それだけ会社のシステムも世界レベルで構築されていますし、世界で通用するというのはJCBが絶大な信頼度を誇ることになりますよね。

 

「JCBは世界で通用するカード」だというのは、何よりの魅力と言えるでしょう。

個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?

クレジットカードは自分に合ったものを選ぼう!

個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?

世界で通用するJCB、その中でも上位2番目に高いステータスを持つのがプラチナカードです。

これが持てれば、日本での社会的信用があるのはもちろん、世界に行っても身分証代わりとして充分に機能します。

 

「お得にサービスを利用したい」

「安い年会費で高いステータスが欲しい」

 

こんな思いのある方は、ぜひコスパ抜群のJCBプラチナカードへの加入を検討してみてくださいね。

JCBプラチナカード

個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?
発行会社 株式会社 ジェーシービー
ブランド JCB
年会費 25.000円(税別)
ポイント還元率 0.5%~2.5%
電子マネー QUICPay
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円
個人の申告で入れるJCBプラチナカードが登場!その加入基準は?

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com