2018/03/15

使う

392views

JCBのプラチナカードにはどんなメリットがあるのか?

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

JCBプラチナカードのが登場どんな魅力があるのか?

JCBプラチナカードは、2017年10月24日から申し込みを開始したばかりの新しいカードです。

そのランクはザ・クラスの下とJCBの中でも上から2番目に高いステータスを持つカードで、このランクに相応しいだけの数多くのメリットが存在します。

 

今回はそんな「JCBプラチナカードのメリット」について、詳しくご紹介していきましょう。

安い年会費で高品質のサービスが受けられる、JCBプラチナカードならではのメリットをどうぞご覧ください。

JCBプラチナカード

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!
発行会社 株式会社 ジェーシービー
ブランド JCB
年会費 25.000円(税別)
ポイント還元率 0.5%~2.5%
電子マネー QUICPay
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円
入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

JCBプラチナカードにはどんなメリットがあるのか?

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

カードの受取が最短で1週間で受け取れる

JCBプラチナカードは、最短で1週間後にカードを手にすることが可能です。

 

「JCBの中でも上から2番目にステータスが高い」

ということも踏まえ、少々審査に時間を要しますので、さすがに即日発行等には対応していません

プラチナカードにはコンシェルジュデスクが付いてくる

コンシェルジュサービスは、年中無休で24時間対応してくれるサービスです。

利用はもちろん無料で、きめ細かなサービスを受けることができます。

 

このコンシェルジュサービスについては「JCBプラチナのコンシェルジュってどんなもの?お願いできる内容とは?」で詳しく解説されていますので参考にしてみましょう。

プライオリティ・パスのプレステージ会員が無料で入会できる

プライオリティ・パスは、空港のラウンジで使えるサービスです。

その箇所は世界約130の国や地域、約500の都市で約1,000ヵ所もあり、快適な空の旅をサポートしてくれます。

 

こちらのサービスも利用は無料で、回数制限なく何度でも利用することができますよ。

グルメ・ベネフィットが無料で利用できる

高級レストランで最高のグルメを楽しめるのがグルメベネフィットです。

 

こちらは登録されているお店で指定のコースを頼むことが条件になりますが、この条件を満たせば、2名以上の予約で1名分が無料となります。

 

2名で利用すれば、実質半額で最高級のグルメを楽しむことができますよ。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のJCB LOUNGEが利用する事ができる

JCBプラチナカードでは、USJ好きには堪らないプレゼントが年に1回あります。

それが「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン JCB LOUNGE ご招待券」です。

 

「JCB LOUNGE」は、ジュラシック・パークエリアの「ザ・フライング・ダイナソー」の建物内にあります。

このラウンジに行けば、「ザ・フライング・ダイナソー」の優先搭乗が出来るのはもちろん、ソフトドリンクのサービスもありますよ。

Gold Basic Serviceが利用する事ができる

JCBゴールドカードにも、一般カードにはないサービスがあります。

そしてJCBプラチナカードでも、このゴールドカード用のサービスが受けられるのです。

 

「Gold Basic Service」という名がつくサービスは、プラチナカード所持者でも無料で利用することができますよ。

Oki Dokiポイントを貯めてそれを利用する事ができる

これはJCBプラチナカードのみではありませんが、JCBカード所持者なら使えるポイントシステム「Oki Doki for ORIGINAL」があります。

 

プラチナカードでも、もちろんこのOki Dokiポイントが貯まるのです。

1,000円につき1Oki Dokiポイントになりますが、1Oki Dokiポイントは5円相当ですので、還元率は0.5%になります。

 

またプラチナカードの場合は、一般カードよりもその有効期限が長く設定されています。

一般カードの有効期限は24ヶ月間ですが、プラチナカードは36か月です。

Apple Payにも対応している

JCBプラチナカードは、2017年に始まった新サービスApple Payにも対応しています。

 

iPhone7やApple Watch Series 2などApple Pay対応機種にJCBプラチナカードを登録しておけば、QUICPayマークのあるお店で、Apple Payを使って支払うことができます。

最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯している

JCBプラチナカードの魅力といえば、自動付帯している保険の数々です。

その数は5つもあり、利用する上でこの上なく心強いものとなっています。

 

1つ目の保険が海外旅行傷害保険です。

 

ちなみに他のJCB一般カードは、海外旅行傷害保険は利用付帯になっています。

保険の種類

補償金額

本会員・家族会員

家族特約

傷害による死亡・後遺障害

最高1億円

最高1,000万円

傷害による治療費用

1回の事故につき300万円限度

1回の事故につき200万円限度

疾病による治療費用

1回の病気につき300万円限度

1回の病気につき200万円限度

賠償責任限度額(1事故)

1回の事故につき1億円限度

1回の事故につき2,000万円限度

携行品損害

1旅行につき50万円限度(保険期間中100万円限度)

救援者費用等

400万円限度

200万円限度

海外航空機遅延保険が自動付帯している

2つ目の保険は、海外航空機遅延保険です。

補償内容

保険金額

保険金が支払われる場合

乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)

2万円限度

遅延した航空便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合

出航遅延費用等保険金(食事代)

2万円限度

出航予定時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合

寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)

2万円限度

到着後6時間以内に手荷物が届かなかった場合で、到着後48時間以内に購入した場合

寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)

4万円限度

到着後48時間以内に手荷物が届かなかった場合を紛失とみなし、到着後96時間以内に購入した場合

最高1億円の国内旅行傷害保険が自動付帯している

一般カードでは利用付帯の国内旅行傷害保険も、JCBプラチナカードでは自動付帯の3つ目です。

保険の種類

補償金額

傷害による死亡・後遺障害

最高5,000万円

入院日額

※8日以上の治療から対象

5,000円

事故日から180日限度

手術

※8日以上の治療から対象

入院日額×倍率

(10倍、20倍または40倍)

1事故につき1回限度

通院日額

※8日以上の治療から対象

2,000円

事故日から180日以内90日限度

国内航空機遅延保険が自動付帯している

4つ目の保険、それが国内航空機遅延保険です。

補償内容

保険金額

保険金が支払われる場合

乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)

2万円限度

遅延した航空便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合

出航遅延費用等保険金(食事代)

2万円限度

出航予定時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合

寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)

2万円限度

到着後6時間以内に手荷物が届かなかった場合で、到着後48時間以内に購入した場合

寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)

4万円限度

到着後48時間以内に手荷物が届かなかった場合を紛失とみなし、到着後96時間以内に購入した場合

ショッピングガード保険が付帯している

最後5つ目の自動付帯保険はショッピングガード保険です。

 

プラチナカードを利用して購入した物品に対し、購入日(配送等による場合には物品の到着日)から90日以内の偶発的な事故による損害であれば、年間500万円を限度に補償されます

 

ただしこちらは1件につき3,000円の自己負担額が発生しますので覚えておきましょう。

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

JCBプラチナカードへの切り替えについて知りたい場合は?

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

「こんなにメリットが充実しているならプラチナカードがいい!」

そう思うJCBユーザーの方もおられるでしょう。

 

現在JCBカードをお使いなのであれば、そのカードからプラチナカードへ切り替えることが可能です。

この切り替え方法については「JCBプラチナカードの切り替えは簡単にできるのか?」で詳しく解説されていますので、こちらを参考にしてみましょう。

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

JCBプラチナカードの審査について知りたい場合は?

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

切り替えでも新規契約でもそうなのですが、やはり心配になるのが「審査に通るかどうか」ということですよね。

 

このJCBプラチナカードの審査基準については「JCBプラチナカードの審査基準とは?どんな人が否決されやすい?」で解説されています。

申し込み前に確認しておくと良いでしょう。

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

JCBプラチナカードのインビテーションについて知りたい場合は?

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

他社の上位カードでも良く見られるのが、インビテーション制というカード会社からの招待がなければ持つことができないというシステムです。

 

ではJCBプラチナカードではどうなのでしょうか。

「JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?」ではこのインビテーション制について詳しく紹介してくれています。

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

JCBプラチナ法人カードについて

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

今回は個人カードのメリットについてご紹介してきましたが、法人カードであれば法人ならではのシステムが存在します。

 

この個人と法人の違いや、法人ならではのメリットについては「JCBプラチナ法人カードの魅力を紹介!どんな特典が付いてくるのか?」で確認してみましょう。

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

JCBプラチナカードはメリットは沢山あるが、自分に合ったクレジットカードか見極めて入会しよう!

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

今回ご紹介したように、JCBプラチナカードには数多くの優れたメリットが存在します。

これだけのサービスがあるのに、年会費は他社の半額程度です。

 

JCBプラチナカードはコスパが非常に良いカードとなりますので、ぜひ加入を検討してみましょう。

JCBプラチナカード

入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!
発行会社 株式会社 ジェーシービー
ブランド JCB
年会費 25.000円(税別)
ポイント還元率 0.5%~2.5%
電子マネー QUICPay
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円
入会前に知りたい!JCBプラチナカードのメリットについて!

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com