2018/03/13

使う

1566views

インビテーションがいらいないプラチナカードと必要なJCB THE CLASSカードについて解説!

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

JCBプラチナカードはインビテーションが不要?

各社から発行されているクレジットカードの中には、上位カードと呼ばれる、持っていることでステータスになるカードがあります。

しかしその多くはインビテーション(招待)制となっており、カードを持つまでに優秀なクレヒスを積まねばなりません。

 

しかし今回ご紹介するJCBプラチナカードは違います

JCBの中でも上から2番目という上位に位置するカードながらも、インビテーションがいらないカードなのです。

 

そこでこの「JCBプラチナカードのインビテーション」について、詳しくご紹介していきましょう。

JCBプラチナカード

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?
発行会社 株式会社 ジェーシービー
ブランド JCB
年会費 25.000円(税別)
ポイント還元率 0.5%~2.5%
電子マネー QUICPay
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円
JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

JCBプラチナカードについて知りたい場合は?

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

今回はJCBプラチナカードのインビテーションに関する情報のご紹介です。

しかしカードの利用条件メリットなども気になりますよね。

 

そんな方は「JCBプラチナカードが新たに登場!の概要について詳しく解説!」を参考にしてみましょう。

こちらを読むことで、JCBプラチナカードがどのようなカードなのか詳しく知ることができますよ。

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

インビテーションが必要になるJCBカードとは?

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

JCB THE CLASSはインビテーション制のカードである

JCBプラチナカードにインビテーションが必要ないことはもうわかりました。

ではJCBの中でインビテーションが必要になるカードとはどんなカードなのでしょうか。

 

JCBの中でインビテーションが必要になるのはたったひとつです。

それが最上位カードでもあるザ・クラスです。

このザ・クラスのみ、インビテーションが必要となっています。

インビテーションの基準の概要について

ザ・クラスのインビテーションは審査がとても厳しく、そう簡単に行われるものではありません。

またJCBはクレヒスを重要視する傾向があるため、決済額と共に、それをどう返済していたのかが重要になります。

 

またザ・クラスでは年会費が税別で54,000円かかります

しかしメンバーズセレクションと呼ばれる年1回のプレゼントがとても充実しているため、このプレゼントで年会費のほとんどを取り戻すことができますよ。

決済金額に基づいたインビテーションの正攻法について

これは筆者の友人の実例です。

友人はJCBゴールドカードを所持しており、月に60万円ほどの決済を半年続けただけで、ザ・クラスを取得できました

彼が経営者で年収が高いこともあるでしょうが、それでもゴールドカードから半年でザ・クラスを持つことは実際に可能なのです。

 

またザ・クラスを持てた例を探してみると、「年収が低い」「正社員ではない」という決して好ましくない条件を持ちながらも、年間100万円ほどの利用を15年続けたことで、ザ・クラスのインビテーションが届いた事例も見つかりました。

 

他にも年間50万円~70万円の利用で25年間利用し続けた方にも、ザ・クラスのインビテーションが届いた例もあるのです。

 

筆者の友人は特例としても、実際にザ・クラスを持てた方々を見てみると「通算利用額が1,500万円~2,000万円に届いた時」にインビテーションが来る傾向があるようです。

 

「ザ・クラスのインビテーションが欲しい!」

そう思うのであれば、通算利用額1,500万円まで優秀なクレヒスで利用し続けることが、1番の正攻法なのかもしれませんね。

属性が良好なら最速発行が可能な場合もある

「ザ・クラスはインビテーション制」これは間違いないのですが、実は例外もあります。

それが「属性」です。

 

例えば医師や弁護士など、高給だと言われる職業の方に発行されている会報誌には、ザ・クラスの広告と共に申込書が同封されています。

 

他にも医療関係者向けサイト「m3.com」でも、定期的にザ・クラスに申し込めるキャンペーンを開催しているそうです。

 

つまり「安定して高給が貰える」と保証できる職業なのであれば、属性良好とみなされ、いきなりザ・クラスを持つことも可能だと言えるでしょう。

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

JCB THE CLASSのインビテーション2017に届いたのは?

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

JCB THE CLASSの突撃が廃止に審査がさらに厳しくなる

ザ・クラスは基本的にはインビテーション制なのですが、「そろそろザ・クラスを持たせて欲しい」と、自分からお願いすることでも持つことができます。

これを一般的に「突撃」とよぶのですが、この突撃が廃止されているというのです。

 

これは公式が発表したものではないのですが、平成29年の8月頃より、突撃によるザ・クラスの取得はできなくなったという情報がありました

 

突撃ができなくなったことで、よりザ・クラスのプレミアム感が増し、それに伴い審査条件も厳しくなると予想されます。

JCB THE CLASSは完全招待制のブラックカードになる

今までは、ザ・クラスは「他社のプラチナカードレベル」と言われていました。

これは他社のブラックカードよりも年会費が断然安く、他社のプラチナカードと同じくらいの年会費だったからです。

 

しかし今回ご紹介しているように、JCBには新しくプラチナカードというカードができました。

これにより、実質上「JCBのザ・クラスはブラックカード」という認識になったのです。

 

  • ・JCBプラチナカードができたこと

  • ・突撃による取得が廃止されインビテーションのみになったこと

 

この2つを考慮すると、ザ・クラスは完全招待制のブラックカードと言えるでしょう。

今後年会費の値上げはあるのか?

プラチナカードもザ・クラスも、他社と比べると驚くほど年会費が安く設定されています

しかしJCBが国内唯一の国際ブランドだということを考えると、この安い年会費のままで、国内の需要を高める意図があるのではないかと考えられます。

 

そのためあくまでも筆者の予想に過ぎませんが、年会費の値上げはないと思われます。

JCBゴールドプレミアはどうなるのか?

ゴールドカードの上に、ゴールドプレミアムカードというものがあります。

ゴールドとプラチナの中間のようなカードですね。

 

これは「ゴールドカードで年間100万円を2年続ける」という条件さえクリアすれば持てるカードです。

 

「ゴールドカードの上位」という位置付けではありますが、基本的にゴールドカードと同じです。

そのため今すぐこのゴールドプレミアムカードが廃止されるということはないでしょう。

JCB THE CLASSのインビテーションが届くには?

ザ・クラスのインビテーションを得るためには、JCBオリジナルカードでクレヒスを積む必要があります

つまり提携カードではクレヒスを積んでもインビテーションは来ないのです。

 

いつかザ・クラスを持つことを希望するのであれば、提携カードではなくオリジナルカードを利用するようにしましょう。

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

JCBプラチナカードができた事によるクラスへの影響について

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

JCB THE CLASSへの道のりに変化が

プラチナカードが出来るまでは、ザ・クラスへの道のりは以下のようなものでした。

 

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

参照元:エン・ライフ株式会社

 

しかしプラチナカードが登場したことでその道のりは変わります。

新しいクラスの道のりについて

ゴールドカードプレミアムを間に入れなくても、ザ・クラスへの道が開けるようになったのです。

 

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

参照元:エン・ライフ株式会社

 

プラチナカードがインビテーションいらずの新規契約も可能だということを考えると、ザ・クラスへの道が近くなったと言えるでしょう。

JCBプラチナとJCB THE CLASSの違いについて

プラチナカードとザ・クラスの違いは5つです。

 

  1. 年会費

  • ・プラチナカード:税抜き25,000円

  • ・ザ・クラス:税抜き50,000円

  1. メンバーズセレクションがない

  2. 東京ディズニーランド・シーのJCBラウンジが利用できない

  3. ザ・クラスダイニングが利用できない

  4. ゴルファー保険がない

JCBプラチナとJCBゴールドザ・プレミアムの違いについて

プラチナカードとゴールドプレミアムカードの違いは4つです。

 

  1. 年会費

  • ・プラチナカード:税抜き25,000円

  • ・ゴールドプレミアムカード:税抜き15,000円

  1. コンシェルジュデスクが使えない

  2. ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのJCBラウンジが使えない

  3. グルメ・ベネフィットが使えない

JCBプラチナとJCBゴールドの違いについて

プラチナカードとゴールドカードの違いは8つです。

 

  1. 年会費

  • ・プラチナカード:税抜き25,000円

  • ・ゴールドカード:税抜き10,000円

  1. ポイントの有効期限が2年短い

  2. コンシェルジュデスクが使えない

  3. JCB Lounge 京都が使えない

  4. ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのJCBラウンジが使えない

  5. プライオリティ・パスが付いていない

  6. JCBプレミアムステイプランが使えない

  7. グルメ・ベネフィットが使えない

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

JCBプラチナカードはインビテーションが不要でJCB THE CLASSより審査に通りやすい

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

「JCBプラチナカードにはインビテーションが必要ない」

これは上位カードを持ちたい方には嬉しいシステムですよね。

 

またプラチナカードを利用することで、よりザ・クラスまでの道のりが近くなったのも見逃せません。

 

プラチナカードはザ・クラスの1つ下という位置付けのため、その審査の厳しさもプラチナカードの方が通りやすいと言えます。

 

いつかザ・クラスを持ちたい方、ステータスとなる上位カードを持ちたい方は、ぜひインビテーションいらずのJCBプラチナカードを検討してみてはいかがでしょうか!

JCBプラチナカード

JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?
発行会社 株式会社 ジェーシービー
ブランド JCB
年会費 25.000円(税別)
ポイント還元率 0.5%~2.5%
電子マネー QUICPay
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円
JCBのプラチナカードはインビテーションが必要ないのか?

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com