2017/11/05

貯める

419views

加入前に知っておきたい!法人保険に入るメリットやデメリットとは?

法人保険にはどんな種類がある?メリットやデメリットを分かりやすく解説!

加入前に知っておきたい!法人保険に入るメリットやデメリットとは?

法人保険を検討する前にまず知っておきたいのは

法人保険を利用する上でまず知っておかねばならないのが、保険を利用することのメリット・デメリットです。これをしっかり把握することで、より自社に合った保険を選ぶことができるでしょう。

 

法人保険加入前に知っておきたい損金について

加入前に知っておきたい!法人保険に入るメリットやデメリットとは?

まず法人保険を利用する理由のひとつとして、法人税の節税ができるという点が挙げられます。

「保険の掛金を損金に計上できる」ということはご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

しかしその掛金も全額が必ず損金にできるというわけではありません

法人保険の商品によって、損金にできる割合が異なるのです。

法人保険の商品には、大きく分けて3つの種類が存在します。

 

  1. 全額損金タイプ

  2. 1/2損金タイプ

  3. 1/3 損金タイプ

 

その名の通り、掛金を損金計上できる割合が最初から決まっているものです。

例えば人気の保険のひとつに「逓増定期保険」というものがありますが、このひとつの保険で見ても、「1/2損金タイプ」と「1/3 損金タイプ」が存在します。

 

商品により変わる「損金計上できる割合」を把握しておかねば、計画的な利用はできません

契約の前に必ず確認しておきましょう。

 

またこの法人保険の損金については、下記の記事でより詳しく説明されています。

こちらも併せて参考にしてみましょう。

 

節税する上で知っておきたい!法人保険の損金の仕組みとタイプについて解説

 

法人の保険ってどんな種類があるのか?

加入前に知っておきたい!法人保険に入るメリットやデメリットとは?

法人保険の種類は、利用する目的別に考えてみましょう。

 

  1. 会社を守るための損害保険

  2. 節税対策としても利用できる生命保険

 

この2つです。

まずは自分が「何を目的として保険加入を考えているのか」を明確にしましょう。

 

その次に考えねばならないのが、詳細な商品選びです。

法人保険の商品内容として一般的なものは、下記のものが挙げられます。

 

  • ・逓増定期保険

  • ・長期平準定期保険

  • ・養老保険

  • ・医療保険

  • ・がん保険

 

逓増定期保険長期平準定期保険は、退職金代わりとして利用される経営者も多い保険です。

他にも社員の福利厚生面を考慮した養老保険も、多くの会社で利用されていますね。

 

医療保険がん保険は、個人でも利用できる一般的な保険とあまり変わりはありません

「法人保険」と聞くと何か特別な保障があるように感じるかもしれませんが、意外と馴染み深い保障内容の保険も多いのです。

 

この法人保険の種類やその特徴などの詳細な情報は、下記の記事で説明されています。

商品選びの参考として一読しておきましょう。

 

節税対策にもなる法人保険にはどんな種類があるのか?分かりやすく解説!

 

法人保険に加入する9つのメリットとは?

加入前に知っておきたい!法人保険に入るメリットやデメリットとは?

一般的な節税方法より節税効果が高くなっている

法人税の節税には、他にも社員旅行や車の購入などが考えられます。

しかし法人保険は商品によっては全額計上できるため、一般的な節税対策よりも節税効果が高いのです。

 

緊急の時に予備資金として簿外に貯めておくことができる

解約返戻金のある商品を選べば、万が一の場合に備えることができます。

またその解約金は簿外資産となるので、緊急予備資金として効率的です。

 

決算直前であってもすぐに行えるものがある

保険の契約完了までは、短いと数日、長くても2週間ほどしかかかりません。

そのため決算直前であっても、節税対策として利用することが可能です。

 

節税しながら保険の内容に応じた保障を受ける事ができる

当然ながら、保険なのですから対象次項が起これば保障を受けることができます。

「節税もできてお金も貯めれて保障も受けられる」、法人保険は魅力的な商品なのです。

 

万一の場合に保障が確保できる

生命保険に加入すれば、経営者が事故や怪我で経営に携われなくなった場合、もしくは死亡した場合でも、資金のやり繰りをスムーズに行えるため、早期に経営の安定を図ることができます。

 

保険で効果的に退職金を準備する事ができる

法人保険では、解約返戻金がある商品で計画的に退職金の準備が行えます

法人保険は会社の資産形成としても役立つものなのです。

 

円滑な事業承継のサポートができる

事業を継承する際にかかるのが相続税です。

しかし解約返戻金を相続税に充てることで、事業継承も問題なく行えることになるでしょう。

 

従業員の福利厚生で利用できる

保障内容によっては、社員の事故・怪我・死亡に備えられるものもあるため、福利厚生として利用することも可能です。

 

短い商機を逃さずにタイムリーにお金を借りる事ができる

解約返戻金を担保にすることで、その額の8割~9割を生命保険会社から借り入れ出来る「契約者貸付制度」というものがあります。

それを利用することで、短い商機も逃すことはありません。

 

法人保険に加入する事によりおきる3つのデメリットとは?

加入前に知っておきたい!法人保険に入るメリットやデメリットとは?

会社のキャッシュフローが悪くなってしまう

保険に加入したならば、当然ながら掛金を支払わねばなりません

例えば「年間で500万円の保険料がかかる」保険ならば、それは「500万円の資金がなくなる」のと同じことです。

そのため経営状態をきちんと把握し適格な価格で加入しなければ、経営悪化を招きかねません

 

保険の解約のタイミングを間違えてしまうと損する可能性がある

法人保険の中には、解約返戻金がある商品もあります。

返戻率が高い時期に解約せねば、それまで払い込んだ保険料よりも少ない金額しか戻ってこず、大幅に損をしてしまう可能性があるのです。

保険を解約する際は、返戻率を必ず確認してから行うようにしましょう。

 

保険を使った節税対策は単なる税金を繰り延べしているに過ぎない

加入している時は損金計上できる法人保険も、解約するとなるとその受け取った保険金が課税対象になります。

つまり法人保険での節税は、「課税の繰り延べをしている」状態でしかないのです。

法人保険の加入は、この解約する時のことまで考えるようにしましょう。

 

法人保険の経理処理はどうやって行うのか?

加入前に知っておきたい!法人保険に入るメリットやデメリットとは?

上記で「掛金を損金計上できる割合が違う」ということはお伝えしましたが、他にも法人保険では様々な経理処理を必要とします。

 

例えば保険金受取時にもそうです。

この場合、受取人が会社なのか社員なのかでも処理の仕方は異なります

 

税務処理を適格に行わねば脱税や租税回避と見られ、処罰される可能性もある重要なことです。

必ずきちんと経理処理を行うようにしましょう。

 

この法人保険の経理処理に関しては、下記の記事も併せて参考にしてみることをおすすめします。

保険のタイプ別による経理処理の仕方を知ることができますよ。

 

法人保険の経理処理をする上で知っておきた税務と損金について!

 

法人が契約する保険の受取人は誰になるのか?

加入前に知っておきたい!法人保険に入るメリットやデメリットとは?

上記でも少し触れましたが、「保険金受取人が誰になるのか」、これも重要な点です。

それにより経理処理が異なるのはもちろん、資産計上できる割合も変わるのです。

 

例えば養老保険に加入した場合です。

こちらはもし社員が死亡した場合は、その社員の遺族に保険金が支払われます。

しかし無事に満期を迎えられたなら、会社が保険金を受け取ることになるのです。

 

これらの「保険金受取人」についても、先ほど同様下記の記事で紹介されています。

法人保険の仕組みを知るためにも、しっかりと理解しておきましょう。

 

法人保険の経理処理をする上で知っておきた税務と損金について!

 

法人保険のおすすめランキングを紹介!

加入前に知っておきたい!法人保険に入るメリットやデメリットとは?

「結局どれを選べばいいのか」「どのような保険が人気なのか」、これらを知りたいのであれば、下記の記事を参考にしてみましょう。

保険の種類別に人気の保険会社を紹介されていますので、商品選びの大きな参考となるでしょう。

 

法人保険を種類別で比較ランキング!選び方や見ておきたいポイントも解説!

 

法人保険を検討する場合はメリットやデメリットをよく知ってからにしよう!

加入前に知っておきたい!法人保険に入るメリットやデメリットとは?

法人保険は、利用目的をはっきりさせること、また経理処理をきちんとすることが大事です。今回の情報を参考にし、メリット・デメリットをしっかり把握してから利用を検討するようにしましょう。

 

関連する記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「貯める」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com