2017/10/10

使う

411views

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

どうやって選ぶ?3つのポイントで比較するおすすめの個人年金保険を紹介!

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

老後の積立によくすすめられる個人年金保険とは?

あなたの老後の生活の資金は大丈夫でしょうか?国民年金や厚生年金などの公的年金を補てんする目的で、私的年金が民間企業から販売されています。

個人年金保険私的年金のひとつです。

それでは、個人年金の選び方やポイントをこれから見ていきましょう。

 

個人年金保険を決めるのに大切な3つのポイントについて

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

個人年金保険は利率の高さをみよう!

個人年金保険の大切なポイントと言えば何といっても利率の高さです。銀行の定期預金であれば高くても0.1%ですが、個人年金保険は高いものでは0.2%以上のものもあります。

ただし、日銀の金融政策の影響(低金利)から2017年4月の保険料改正で、個人年金保険の利率が下がっています

 

税金の優遇措置が大切

個人年金保険の支払額は一定のルールに基づき「生命保険料控除」として所得控除されます。簡単に言うと、所得税と住民税が軽減されます。人によりますが、この生命保険料控除による税金軽減額を利率に換算すると5%以上になることもあります

所得税は年収が高い人ほど高くなりますので、年収の高い人ほど税金軽減額が大きくなります。5%の利率が保証されている投資は、現在の低金利下ではあまりありませんので個人年金保険はお得です。

 

支払い方法も確認しよう!

個人年金保険は支払方法によって、実質的な利率が上がります。その支払方法には以下の方法が考えられます。これらの方法は全ての個人年金保険が対応しているわけではないので、契約前にしっかり確認することが重要です。

 

  • 早期支払い終了にすることで利率を上げる

  • クレジットカード支払いでポイントを貯める

 

早期支払い終了にすることで利率を上げる

予定よりも早期に保険料を支払うことで、保険会社はより早くお金受取ることができます。そうすることで、保険会社はより大きな金額で運用してくれますので、結果として利率が上がります。

 

クレジットカード支払いでポイントを貯める

保険料をクレジットカードで支払うことで、ポイントが貯まります。例えば、リクルートカードならば年会費無料で1.2%のポイントが貯まります。これらも個人年金保険の利率に換算すれば実質的な利回りが増えます。
 

個人年金保険には色々種類がある!

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

受取期間による種類

個人年金保険の受取期間によって、「終身年金」「有期年金」「確定年金」の3つに分けられます。また、被保険者とは保険がかかっている人のことです。

 

個人年金保険の受取期間による分類

種類

年金の受取期間

被保険者が死亡した場合の年金の受取

終身年金

被保険者が生存している限り一生涯受け取れる。

年金支払いは終了となる

早期に亡くなった時に元本割れや返戻金が低くなるなどのリスクがある。

有期年金

被保険者が生存している限り一定期間の間受け取れる。

確定年金

被保険者の生死に関わらず一定期間の間受け取れる。

遺族に年金が支払われる

 

保証期間の有無での種類

終身年金や有期年金は、年金受取期間中に被保険者が死亡した場合は年金払いが終了になります。

ただし、年金受取期間に保証期間を付け被保険者の生死に関わらず年金が受け取れる保険があります。「保証期間付終身年金」「保証期間付有期年金」がそれに該当します。

 

個人年金保険の保証期間による分類

種類

年金の受取期間

被保険者が死亡した場合の年金の受取

保証期間付終身年金

被保険者が生存している限り受け取れる。ただし、保証期間中は生死に関わらず受け取れる

保証期間中:遺族に年金が支払われる。

保証期間外:年金支払いは終了となる。

保証期間付有期年金

被保険者の生死にかかわらず一定期間の間受け取れる。ただし、保証期間中は生死に関わらず受け取れる

 

積立方法での種類

また、積立方法の種類でも以下のものがあります。

 

  • 変額個人年金保険

  • 外貨建て個人年金保険

 

変額個人年金保険

一般的な個人年金保険(定額個人年金)は、契約時に利率が決まっています。一方、より高い利率を目指した「変額個人年金保険」というものもあります。変額個人年金保険は、保険会社の運用実績によって年金額が変動する保険です。予定より利率が下がるリスクもありますが、利率が上がる可能性があります。

 

外貨建て個人年金保険

外貨建て個人年金保険外貨で積立金を運用する保険です。メリットやデメリットは次で解説します。

 

外貨建て個人年金保険のメリットやデメリットは?

外貨建て個人年金保険のメリット・デメリットは以下のものがあります。

 

メリット

  • 多くの外貨は日本円より金利が高いため、高い利率が期待できる

  • 外貨のため、円安や日本内のインフレに備えられる

 

デメリット

  • 円高になると元本割れする恐れがある

  • 円建て保険と比較して、為替手数料など運用コストがかかる

  • 保険料の支払いを外貨にしている場合、円安になると保険料の支払額が増える

 

個人年金保険の節税ポイントについて 

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

生命保険料の節税の効果について

個人年金保険のメリットの1つとして、支払保険料は「生命保険料控除」になり、所得税と住民税が軽減されます。控除額は支払保険料によって変わります。

 

所得税の控除額

年間支払保険料総額

所得税の控除額

2万円以下

支払保険料の全額

2万円超 ~ 4万円以下

支払保険料 × ½ + 1万円

4万円超 ~ 8万円以下

支払保険料 × ¼ + 2万円

8万円超

4万円

 

住民税の控除額

年間支払保険料総額

所得税の控除額

1万2,000円以下

支払保険料の全額

1万2,000円超~3万2,000円以下

支払保険料 × ½ + 6,000円

3万2,000円超~5万6,000円以下

支払保険料 × ¼ + 1万4,000円

5万6,000円超

2万8,000円

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)利用する手もある

節税であれば、iDeCoもおすすめです。

例えば、年収600万円の人は毎月の積立額23,000円(年276,000円)全額が所得控除になり、所得税と住民税で年間82,800円の節税が可能です。

 

個人年金保険の終身タイプもあるが長く生きないと元本割れする場合もある

個人年金保険の終身タイプは長生きしないと損をする場合があります。

終身保険の具体例では「日本生命のグランエイジ」「第一生命のながいき物語」がそれに当たります。これらは90歳以上まで長生きしないと元本割れになります。

 

年齢別に支持されている個人年金保険のタイプについて

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

20代で選ばれている個人年金保険のタイプは?

20代はまだまだ給料が上がっていないなどの理由で、毎月一定額を積み立てる「毎月積立型」が選ばれています。

 

30代で選ばれている個人年金保険のタイプは?

30代は結婚・出産などまとまった出費がかかることが多く、こちらも毎月一定額を積み立てる「毎月積立型」が選ばれています。

 

40代で選ばれている個人年金保険のタイプは?

40代は子育てにお金がかかるかどうかで、選択肢が分かれています。子供にお金がかからない方で貯金が多い方「一括積立型」そうでない方「毎月積立型」を選ぶ傾向にあります。

 

50代で選ばれている個人年金保険のタイプは?

50代は貯金も多く、子育てが終了されている方も多くなり、「一括積立型」を選ばれています。

 

個人年金保険の返戻率と利率を比較してみよう

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

各社個人年金保険の返戻率と利率を比較

各社個人年金保険の返戻率と利率の一覧表をまとめました。

 

各社個人年金保険の返戻率と利率一覧表

会社名

商品名

利率

(返戻率)

月払保険料

契約年齢

支払い開始

明治安田生命

じぶんの積立

約1.00%

(約103.0%)

5千円~

18~65歳

10年満期

マニュライフ生命

こだわり個人年金

米ドル2.60%

(約140.6%)

1万円~

0~60歳

25年後

住友生命

たのしみワンダフル

約0.305%

(約106.3%)

1.5万円

0~75歳

65歳

日本生命

みらいのカタチ

約0.249%

(約105.1%)

19022円

7~65歳

60歳

明治安田生命

年金かけはし(据置期間あり)

約0.263%

(約104.8%)

1.2万円

20~55歳

65歳

第一生命

積立年金「しあわせ物語」

(30歳の場合)

約0.228%

(約104.6%)

3.2万円

15~60歳

60歳

明治安田生命

年金かけはし(据置期間なし)

約0.190%

(約104.0%)

1万円

20~55歳

65歳

三井住友海上あいおい生命

個人年金保険

約0.016%

(約100.3%)

1万円~

16~49歳

65歳

 

2017年個人年金保険おすすめランキング上位3社

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

住友生命のたのしみワンダフル

住友生命の「たのしみワンダフル」は、個人年金保険の中で一番利率が高くなっています。積立月額を1万5,000円以上にすることで、利率が約0.305%です。生命保険料控除・クレジットカード払いが可能です。

 

明治安田生命のじぶんの積立

明治安田生命の「じぶんの積立」は、利率が1%解約返戻金が100%以上が保証されています。ただし、10年満期の保険なので返戻率は低くなっています。また、個人年金保険ではないため、生命保険料控除が利用できません。(節税できません

 

明治安田生命の年金かけはし

明治安田生命の「年金かけはし」は、利率が約0.263%と高めです。 これは55歳で支払いを早く終わらせ、運用期間を長くすることで利率をアップさせています。また生命保険料控除が可能です。

 

こんな個人年金保険もある

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

郵便局の変額年金保険

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

参照元:郵便局

 

郵便局でも個人年金保険が契約できます。郵便局では以下の3つの変額年金保険を扱っています。

 

  • ハッピーロード(三井住友海上)

  • しあわせの便り(三井住友海上)

  • あすへの贈り物(日本生命)

 

日本生命のみらいのカタチ

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

参照元:日本生命

 

日本生命の「みらいのカタチ」は12個の保険の中から自由に選ぶことができる保険です。12個の保険は下記の通りです。

 

  • 個人年金保険

  • 継続サポート3大疾病保障保険

  • 身体障がい保障保険

  • 3大疾病保障保険

  • 介護保障保険

  • 総合医療保険

  • がん医療保険

  • 特定損傷保険

  • 終身保険

  • 定期保険

  • 生存給付金付定期保険

  • 養老保険

 

第一生命の積立年金しあわせ物語

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

参照元:第一生命

 

第一生命の「積立年金しあわせ物語」には2つの特徴があります。

 

  • 柔軟な保険設計ができる

  • 手続きが簡単

 

柔軟な保険設計ができる

年金の受け取り開始の年齢を60歳だけでなく65歳や70歳など自由に選ぶことができます。また、受け取れる年金額も自由に選べることができます。

 

手続きが簡単

医師の診断結果が不要のため、手続きが簡単にできます。

 

JA共済予定利率変動型年金共済ライフロード

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

参照元:JA共済


JA共済の予定利率変動型年金共済ライフロードは、将来の年金額が増える可能性がある保険です。契約から5年は固定利率で、6年目以降は毎年利率が見直されます。6年目以降に利率が上がれば、将来的に受け取れる年金額の増加が期待できる保険です。

 

予定利率が低くなると個人年金保険の影響は?

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

予定利率が下がる上に保険料は高くなるため返戻率が悪くなる?

予定利率とは、契約者に約束する運用利回りのことです。また、標準利率というものを国が定めています。

 

日銀のマイナス金利政策などで、国債などの金利が低下した影響で標準利率は2017年4月以降1%から0.25%に引き下げられました。これを受けて保険各社の予定利率を引き下げました。

予定利率が低下して、年金額が変わらないのであれば保険料を上げるしかありません。よって、2017年4月以降の個人年金保険は保険料が上昇したり、販売が停止になる事態になりました。個人年金保険を契約するときは予定利率や標準利率に注意する必要があります。

 

個人年金加入時は自分にあった物を選ぼう!

2017年おすすめの個人年金保険は?年金の種類や選び方を紹介します!

個人年金保険の選び方を中心に解説しました。

2017年4月以降は予定利率の引き下げにより個人年金保険の魅力は低下しました。ただし、生命保険料控除による節税効果は変わっていません

また、現在の低金利下で一定程度の利率を保証してくれる商品としてはまだまだ魅力的です。

個人個人によってどの個人年金保険が適切なのかは異なりますので、各商品の特徴と自分のライフプランを比較しながら個人年金保険を選びましょう!

 

関連する記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com