• 取扱高日本一!UFJの住宅ローンが選ばれる理由について徹底解説!

2017/07/27

使う

68views

取扱高日本一!UFJの住宅ローンが選ばれる理由について徹底解説!

三菱東京UFJ銀行で住宅ローンの特徴と審査基準を解説!

取扱高日本一!UFJの住宅ローンが選ばれる理由について徹底解説!

三菱東京UFJ銀行で住宅ローンのメリットとデメリットについて

最近は、都市銀行以外にネット銀行等でも住宅ローンを扱う銀行が増えてきました。
その中でも、三菱東京UFJ銀行の住宅ローンは、日本の民間金融機関が扱う住宅ローンの中で、取扱残高が10年連続1位となる快挙を達成しました。

 

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンの主なメリットを3つ紹介します。

1つ目は、申し込みから借り入れまで、全てインターネットから無料で手続きができる為、非常に便利なサービスです。もちろん、店舗で担当者とじっくり相談しながら手続きを行う事もできます。

 

2つ目は、万一の時に、住宅ローン残金が0円になる団体信用生命保険が無料で付いてきます。また、任意で7大疾病保障を付ける事も可能です。

 

3つ目は、ATM利用手数料など、各種手続きが無料になります。全国の三菱東京UFJ銀行のATM利用手数料が何回でも無料で使えたり、提携先コンビニATM利用手数料が3回まで無料になります。
三菱東京UFJダイレクトでの、他行宛て振込手数料が3回まで無料になるサービスは、とてもうれしい特典になります。

 

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンのデメリットは、一部繰り上げ返済の手続きをインターネットから行えば手数料は無料になりますが、インターネット以外(電話、テレビ電話、窓口)で手続きを行うと有料になってしまうことです。

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンの特徴について

取扱高日本一!UFJの住宅ローンが選ばれる理由について徹底解説!

三菱東京UFJ銀行の事前審査は点数制である

三菱東京UFJ銀行の事前審査は、インターネットから24時間、いつでも無料で受ける事ができます。
忙しくて銀行の営業時間内に窓口へ行けない方、新規で借り入れができるか知りたい方、いくらまでなら借りる事ができるのか知りたい方は、ぜひ事前審査を利用してみてください。

 

事前審査を受ける際は、前年度の年収がわかる資料ご家族の状況がわかる資料勤め先の概要がわかる資料販売、施工業者に関する資料を事前に準備しておくと、スムーズに入力することができるので、用意しておくことをおすすめします。

 

事前審査で入力する項目は、名前、生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレス、住まいの種類、居住年数、配偶者の有無、家族構成、職業、国家資格の有無、前年度税込年収、連絡方法、申し込みの経緯などを記入します。

 

事前審査では、各項目毎に点数化して、一定の基準を満たせば審査を通過することができます。
記入漏れや記入ミスをしてしまうと、審査に通過できない可能性があるので、慎重に入力をしましょう。

個人信用情報に厳しい

三菱東京UFJ銀行では、事前審査を通過するといよいよ本審査になります。

本審査は三菱東京UFJ銀行の保証会社が行います
万一、債務者がお金を返済する事が出来なくなった場合、保証会社が銀行に住宅ローンの残金を払う事になります。その為、保証会社は本審査で個人信用情報を厳しくチェックします。

 

個人信用情報は、全国銀行個人信用情報センターに登録されています。
主に登録されている情報は、氏名、生年月日、性別、電話番号、住所、勤務先、運転免許証などの公的書類番号、クレジットの契約、商品などを分割払いで支払う契約などです。

 

住宅ローンを申し込む際に、特に重要になる項目は、申し込み時の年齢や完済時の年齢、年収と返済負担率、勤続年数や雇用形態、債務状況、健康状態などです。

 

住宅ローンを申し込む時に、クレジットなどの支払を遅延した記録が残っていると、本審査を通過する事は出来ないので注意して下さい。
遅延した記録は、5年間は信用情報機関に残ってしまいます

妻がアルバイト・パートの場合は収入合算できない

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンは、利用者の収入と相手(妻など)の収入を合算して申し込みを行う事ができます。収入を合算することで、希望している融資金額を借りれる可能性が高まります。

 

収入を合算する方は、三菱UFJ住宅ローン保証に対する連帯保証人となり、万一利用者が返済できなくなった場合、合算者が代わりに返済する事になりますので、しっかり検討して決めるようにしましょう。

 

収入合算は、いくつかの条件があるので注意して下さい。
1つ目は、相手がパートやアルバイトの場合は、収入合算は不可となります。2つ目は、合算出来る金額は、利用者の収入の半分までとなります。

例えば、利用者の収入が600万円の場合は、合算出来る金額が最高で300万円までとなります。この場合の世帯年収は、900万円となります。

スコアリングができる

スコアリングとは、住宅ローンの事前審査や本審査の前に、利用者の個人信用情報を項目別に入力して点数を調べることを言います。
内容は、希望額を借りる事ができるか、適用される金利がいくらかなどを判断する事ができます。

 

スコアリングは、不動産業者が住宅ローンセンターと取引を行っていれば、調べてもらえる可能性がありますので確認してみて下さい。

 

スコアリングの点数は、各項目別に基準が設けられています。
例えば、勤務先では、上場企業の会社員や公務員の点数が高くて、家族経営等の小規模な会社経営者は点数が低い傾向になります。勤続年数は、長ければ長いほど点数は高くて、転職を何回も行っている場合は、点数が低くなります。

 

仮にスコアリングの結果が悪くても、実際に審査を受けてみないと分からない項目などもありますので、スコアリングはあくまでも参考程度にして下さい。

 

スコアリングでは、購入する物件が融資可能なものか判断することは不可能です。また、個人信用情報についても詳しく調べることはできないので注意して下さい。

繰り上げ返済手数料は0円

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンは、一部繰り上げ返済が可能です。繰り上げ返済とは、毎月の返済とは別に、借り入れ金額の一部を前倒しで返済する方式を言います。

 

一部繰り上げ返済は、2つの方式があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

1つ目は、最終返済期限繰上方式です。の返済額は変えずに返済期間を短縮する方式です。
メリットは、返済額再計算方式に比べてトータルで支払う利息が少なくて済みます。デメリットは、返済期間を再度延長する事はできなくなります。

 

2つ目は、返済額再計算方式です。返済期間は変えずに毎月の返済額を減らす方式です。
メリットは、毎月の返済額を減らす事で、将来の出費に備える事ができます。デメリットは、総返済額は、繰り上げ返済する前よりは減りますが、最終返済期限繰上方式と比べると多くなります。

 

どちらの繰り上げ返済を選んでも、インターネットから手続きを行えば、手数料は無料になります。
ただし、電話、テレビ窓口から手続きを行うと5400円、窓口から手続きを行うと16,200円の手数料が必要になりますので注意して下さい。

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンの審査基準について

取扱高日本一!UFJの住宅ローンが選ばれる理由について徹底解説!

利用できる人は?

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンを利用できる方は、年齢が20歳以上70歳未満で、80歳までに完済することが条件になります。保証会社(三菱UFJ住宅ローン保証㈱)の保証を受ける事も必要です。

 

その他に、団体信用生命保険に必ず加入しなければなりません。(保険料は銀行が負担してくれます)。
また、日本国籍の方以外に、永住許可等を受けている外国籍の方も利用する事ができます。

資金使途について

資金使途は、自身の住まいとなる住宅の建築、購入、増改築、住宅ローンの借り替え資金、借り替えに伴う諸費用として利用する事ができます。
また、住み替えによる既存住宅売却に伴う既存住宅ローンの返金資金としても利用する事ができます。

 

注意事項として、購入物件の所在地や面積等により利用する事ができない場合があります
また、不動産は、建築基準法及びその他法令の定めに合致している必要があります。

 

建築会社、不動産会社との提携ローンでは住宅ローンの借り替え資金、借り替えに伴う諸費用には利用する事ができませんので注意して下さい。

借り入れできる金額はいくらからいくらまで?

住宅ローンで借り入れできる金額は、30万円以上1億円以内(10万円単位)です。
借り入れできる金額は返済計画に無理がないように年収により決まります。

 

購入する物件により、保証会社の担保評価や同時に利用する公的融資の金額等により借り入れ金額が制限される場合があります。

借り入れできる期間について

住宅ローンの借り入れ期間は、2年以上35年以内(1年単位)です。
中古物件の場合等は、一部制限があります。また、住宅ローンの借り替えの場合は、借り替え対象の借り入れ期間により制限される場合があります。

 

毎月の返済額を少なくしたい場合は、借り入れ期間を長くすれば軽減できますが、利息は増えてしまうので、しっかり検討して返済計画を立てるようにして下さい。

金利タイプについて

住宅ローンの金利タイプは、変動タイプ固定特約タイプ(1年、2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年)2つの金利タイプから選択します。
借り入れ後、金利タイプを変更したい場合は、固定特約期間中以外であれば、どちらの金利タイプにも変更する事ができます。

 

変動タイプの金利は、定期的に金利の見直しが行われます。毎月型または年2回型(6月、12月)のどちらかを選択します。

 

固定特約タイプを選択した場合は、固定特約期間が終了すれば、再度固定特約タイプか変動タイプに変更する事ができます。

返済方法について

住宅ローンの返済方法は、元利均等返済方式元金均等返済方式2つの方法があります。

元利均等返済方式は、毎月決まった金額(元金+利息)を、返済用預金口座より自動で引き落としされます。

 

元金均等返済方式は、毎月決まった元金に利息を加えた金額を、返済用預金口座より自動で引き落としされます。ボーナス月増額返済は6カ月ごとの指定した月に返済する事ができます。

 

元金均等返済方式は、元金の減少や借り入れ利率の変動に伴い、返済額は毎月変わってくる為、元利均等返済方式を利用する方の割合が多い傾向になります。

担保について

担保については、購入する土地や建物または借り替え対象となる土地や建物に、保証会社を抵当権者とする抵当権を設定しなければなりません。担保設定費用は、別途必要になります。

 

建物には、長期火災保険を付けて、保険金請求権に保証会社を質権者とする抵当権を設定する場合があります。担保設定費用は、別途必要になります。

保証人は必要?

保証人は、保証会社の保証を利用する為、原則として保証人は必要ありません。ただし、保証会社からの求めにより、保証会社に対する保証人が必要になる場合があります。

その他について

住宅ローンの申し込み時に必要な諸費用は、印紙税抵当権設定にかかる登録免許税司法書士あての報酬が必要です。

 

住宅ローンの申し込み前に、返済額を確認したい場合は、窓口で申し付けすれば試算してもらう事ができるので、ぜひ利用してみて下さい。

 

住宅ローンの借り替え希望の場合は、過去の返済状況を確認するので、過去の返済記録を準備しておいて下さい。

まとめ

取扱高日本一!UFJの住宅ローンが選ばれる理由について徹底解説!

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンのまとめ

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンは、インターネットで申し込みから借り入れまで無料で手続きができるので、とても便利なサービスです。

 

住宅ローンを利用した場合、死亡や高度障害といった万一の時でも、ローン残金が0円になる団体信用生命保険が無料になったり、特典として、三菱東京UFJ銀行ATMや提携先コンビニ等のATM利用手数料が無料になるところは評価が高いです。

 

住宅ローンの審査は、比較的に厳しく個人信用情報をチェックされますが、三菱東京UFJ銀行の住宅ローンは、たくさんの優遇サービスを受ける事ができるので、家の購入または借り替えを考えている方はぜひ検討してみて下さい。

関連する記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com