2017/07/27

使う

56views

必見!安い旅行がありました!旅行をお考えのあなたへお伝えします

必見!安い旅行がありました!旅行をお考えのあなたへお伝えします

必見!安い旅行がありました!旅行をお考えのあなたへお伝えします

あなたは国内海外問わず旅行をすることは好きですか?旅行というのは自分の知らない事柄や風景、そして文化にしたしめるため非常に魅力的ですよね。
しかし、金額を考えるとそんなにおいそれといけないと考えておりませんか?

 

今回この記事ではそのようなあなたに、安い金額で旅行に行ける方法をご紹介させていただきます。もしかしたらあなたの旅行の立て方が間違っていて損している可能性がありますので、是非とも旅行の参考にしてみてください。

 

今まで、海外旅行は高いから、国内旅行も高い!と旅行に行くのを躊躇していたことはありませんか?旅行に行くお得な時期を知って、ぜひ旅行の計画を立ててみてください。

空の旅は高いはず。安い旅行なんてできない!?

必見!安い旅行がありました!旅行をお考えのあなたへお伝えします

いつでも高いと思っていませんか?航空券の安い時期とは

それでは早速安く旅行をするために必要なことを見ていきましょう。

まず確認をしていきたいのは航空券の金額についてです。航空券を使うということは、もちろん飛行機で目的の場所に行くということですよね。
あなたのイメージではこの航空券、とても高いイメージではありませんか?もしそうであるのならば、「航空券=高い」という発想は間違っています

 

実は航空券には高い時期安い時期の二つの時期があるのです。
高くなる時期というのはどのビジネスでも同じですが、需要が高い時に設定されることが多いのです。旅行において需要が高いといえば、春や夏そして冬休みといった大型連休がある時期等です。こういった時期の航空券というのは、需要が高いため相場より金額が釣り上げられます
逆を言えばそれ以外の時期に関しては、需要が低いためそれほど高く設定されることはないのです。

航空券を安く購入するコツをお教えします!

航空券が安くなる時期はわかりましたが、そのほかにも安く航空券を購入する方法もあります。

その方法とは、

  1. LCCを利用する
  2. 早割を利用する
  3. 平日の航空券を買う
  4. 昼以降の航空券を購入する


です。

 

今あげた4つの方法というのは、どれも確実に相場よりは安くなります。これらの内容を組み合わせて航空券を購入し、大幅な割引を得られる可能性がありますので是非とも確認してみてください。

旅行会社によって値段は変わる!?

必見!安い旅行がありました!旅行をお考えのあなたへお伝えします

同じ旅行先なのに、格安ツアーを提供している会社の秘密とは

あなたは旅行会社のツアーを見比べた時に、このような疑問を抱いたことはありませんか?
「なんで同じ目的地なのに金額がこんなにも違うのだろう」です。

金額に差があるからほとんどの方は、あらゆるパンフレット等を比較して安い旅行会社を選んでいますよね。その根本となる旅行会社によって安くなる理由を理解していれば、旅行会社を選ぶ時にベストな選択ができますので、しっかりと押さえておきましょう。

 

それではその安さの理由なのですが、まずツアーで回るところと提携を組み、そこで得た収入の何%を旅行会社が得るというシステムがあります。お土産屋さんとかに寄るのもその理由ですね。

 

次にあげられる理由としては、ホテルの立地条件が悪かったり、グレードが低いホテルが宿泊場所になっている場合です。これらはもちろんホテルの宿泊料を抑えることで、格安の旅行プランを実現させているということになります。

 

あとはその旅行会社が別のプランを組んでいたのですが、そのお客さんが大量にキャンセルが出てしまった場合に、格安で追加の人員を募集することです。
その際はもちろん募集の時にそのようなことは記載をしませんが、その旅行プランを破格の金額で行うことができるのでとてもラッキーなプランです。

 

このように旅行会社が格安のツアーを組む際には、大抵いずれかのものに該当しているものがほとんどなのです。実際にツアーを見てみて自分に合ったツアーで安いプランがあれば是非利用してみてもいいですね。

格安売りにしている会社がおススメするホテルは要注意!?

あなたは旅行をする際に何を重要視しているでしょうか?
人それぞれ重要視していることは十人十色ではありますが、もし宿泊先のホテルを重要視しているようなら、格安旅行会社には注意が必要です。

 

これは上記にも記載をしましたが、格安で組んでいるということは宿泊先のホテルが残念なことが多いのです。当然その方が安くできますからね。
そうなると、ホテルを重要視している人にとってはあまり喜ばしいことではない旅行になってしまいます。もちろん全てのプランがそうではありませんが、このことは一度確認してみてから選んだ方が良いでしょう。

素朴な疑問、格安を提供している旅行会社はやっぱり怪しいの?

もちろん全ての格安旅行会社が怪しいということはありません。しかし中には、怪しい旅行会社もあるのが現実です。

そういう会社は大抵、大々的に安さのみをアピールして、なんで安くできているのかを明示しません。もしあなたが格安旅行会社を選ぶのであれば、安さの理由をしっかりと明示している会社にしましょう。その方がよっぽど信憑性があります。

海外よりも国内ツアーを希望の方へお得な旅行情報

必見!安い旅行がありました!旅行をお考えのあなたへお伝えします

国内を安く旅行するコツは予約にある理由

国内を安く旅行するのに必要不可欠なことをご存知ですか?
それは早めに予約を取るということです。

航空券であたり、宿泊先やレンタカー等、どれも早割というものが存在します。これらを利用することによって、かなりの金額を浮かせることができるのです。

個人での予約と旅行会社での予約どちらがお得!?

それでは個人で予約を行うのと、旅行会社を通じて予約するのではどちらがお得なのでしょうか?

これはケースバイケースにはなりますが、早割等を利用する際は個人で予約した方が安いケースが非常に多くあります。ただ、電車や新幹線等を使った際の交通費は、旅行会社を通じて予約した方が安くなることがあります。また、ギリギリでの予約をしたい時には、旅行会社を通じて予約した方がお得なことが多いので覚えておきましょう。

重要!キャンセル料には気をつけて

先ほどから早割の話等をさせていただいておりますが、その際は必ずキャンセルのことも頭に入れておきましょう。
早く予約をとるということは、突発的に別の外せない用事も入る可能性があります。その時に早割で予約をしているとキャンセルをしなければいけないこともあります。損をしないためにも、キャンセル料が発生しない期限は確認しておきましょう。

クーポン利用はお得にならない?クーポンのデメリットとは

よく旅行会社で行われる、クーポンを配布しているというサービスがありますが、これはお勧めしません
なぜならそのクーポンは大抵旅行先では使えないようなものばかりなのです。
次にまた旅行会社を使ってもらえるように、今回は使えないようなものをクーポンとしているので、ついついクーポンに惹かれて旅行会社を決めるのは危険です。

一年間でお安い時期をおさらいしましょ!

必見!安い旅行がありました!旅行をお考えのあなたへお伝えします

海外旅行の場合の安い時期は、4月~5月、12月~1月

最後にご紹介するのは、海外旅行の安い時期です。
それは4月〜5月です。新しい新年度が始まるということで、なかなか海外旅行に行くという機会がないため、この時期は安くなる傾向が高いです。
そして12月〜1月というのも安くなっております。年末年始は安くはありませんが、その代わりそれ以外の期間は安くなる傾向が強いのです。

やっぱり高い!高い時期は、GW、春・夏休み、お正月

逆に高い時期というのも当然ながら存在します。
それは多くの人たちが休みを取りやすいGW春・夏休みお正月などです。これらの時期に関しては、当然ながら値段が高くなりますので注意が必要です。

国内旅行の場合の安い時期は、大型連休や春・夏休み前がお得!

国内旅行に関してもほとんど海外旅行と同じになります。その中でも大型連休前というのは非常に安くなる傾向にあります。この時期は、旅行会社もそうですが、宿泊施設等も人が入らないため集客するために大幅に安くすることがあります。

高い時期は、GWやお盆はやっぱり高い

逆に国内旅行で高い時期というのも海外旅行とかぶります。特にGWやお盆というのは国内旅行では高くなります。当然ながら国内旅行でも金額は高くなり予約もなかなか取りにくくなってしまいますので、できることならこの時期は避けて旅行をすることをお勧めします。

安い時期を把握して賢く旅行しよう

必見!安い旅行がありました!旅行をお考えのあなたへお伝えします

安い時期に旅行できれば、予算もおのずと増えますよね。お得な時期を把握して、賢く節約しましょう。

旅行会社を使うにしても、自分で探すにしてもメリット・デメリットがあります。しかし、総合的に考えると自分で探している方が、旅費は安くできる可能性が高いです。
それには入念な下調べ等が必要になりますので、時間があまり取れない人は、素直に旅行会社を使った方が良いでしょう。自分の生活にあった方法を取るのが一番なのです。

今回お話した内容を踏まえて自分に合った方法を探してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com