2017/07/23

増やす

599views

FX会社を比較するポイントを分かりやすく解説!

2017年FX会社比較ランキング!会社を選ぶ8つの重要ポイントも紹介!

自分にあったFX会社を選ぶには何を重視するのか?

最近は、テレビやインターネットなどでFXという言葉をよく耳にするようになりました。

FX(外国為替証拠金取引)とは、簡単に言えば日本のお金と外国のお金を交換・売買して、差額分の利益を手に入れることができる金融商品です。

 

FXに興味があるけど、どこでどの様に申込みを行えばいいのか、分からない方も中にはいるのではないでしょうか。FXを始めるためには、まずFX会社を探す必要があります
しかし、初めてFXを始める方は、どこのFX会社がいいのか見当がつかない場合があります。

 

現在、FXを取り扱っている会社はたくさんありますが、FX会社によってサービス内容などが変わってきます。FXを初めて始める方は、まずはFX会社を比較してみることをおすすめします。

 

FX会社を比較する際に、FXで使用されている専門用語があるので、最初は覚えるまで大変かと思いますが、この記事の中でしっかり説明していきたいと思います。最後まで読んでいただけると幸いです。

 

最後に、2017年FX会社比較ランキングを紹介していますので、FX会社選びで悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

FX会社を比較するのに重要な8つのポイント

2017年FX会社比較ランキング!会社を選ぶ8つの重要ポイントも紹介!

スプレッドの狭さ

スプレッドとは、英語で「広がり、幅」という意味を持っています。初めてFXを始める方は、あまり聞いたことが無い単語だと思いますが、FXではとても重要になります。

 

FX用語でスプレッドを簡単に説明すると、FX会社の取引手数料のようなものになります。

スプレッドは、買う時と売る時の為替レートの差によってFX会社が利益を得られるように設定されています。

 

FX会社を選ぶ時に、スプレッドは狭い方と広い方のどちらがいいかと言えば、スプレッドは狭い方がコストを抑えることができますスプレッドはFX会社によって設定が異なってくるので、しっかり確認してください。

スワップ金利が高い会社

スワップとは、「交換する」という意味があります。FX用語でスワップ金利という単語があります。

スワップ金利とは、固定金利と変動金利を変えたレートのことを言います。また、変動金利から固定金利へ変えた場合も同じです。

 

スワップ金利とスワップポイントを同じ意味に捉えている方がいるかもしれませんが、少し意味が違ってきます
ここからは、スワップポイントについて説明していきます。

 

スワップポイントは、通貨を取引することで生まれる利益のことを指します。もう少し詳しく説明すると、2国間で通貨の取引を行った際に出る金利の差額分をスワップポイントとしてもらうことができます

 

スワップポイントの特徴としては、取引をしている中で得られる金利差の利益を、毎日得られることができることです。スワップポイントの注意点として、金利の高い通貨を売り、金利の低い通貨を買ってしまうとマイナス金利になってしまうため、差額分を支払うことになってしまいます。

 

FX会社によって、スワップポイントは違いがあるため、FX会社を選ぶ際は、スワップポイントカレンダーを作成している会社を選びましょう。

為替ニュース等情報量の多い会社

FXは世界各国の通貨を取引することになるので、世界情勢や経済情報を常に把握しておくことが重要になってきます。
しかし、経済情報などは難しい内容が多くて、理解できない方もいるのではないでしょうか?

 

FX会社では、難しい経済情報や専門用語などを分かりやすく解説してくれる会社もあります。また、ニュースなどを多く配信している会社も選ぶポイントになってきます。

 

FX会社の中には、オンラインセミナー無料セミナーを開催している会社がありますので、FX初心者の方はぜひ利用してみてください。

レバレッジも重要なポイント

レバレッジとは、実際に持っているお金より、さらに多くの取引ができる仕組みのことを言います。

少額のお金で大きな利益を得ることが可能ですが、その反面リスクも大きくなるので注意が必要です。

 

最近では、FX会社が提供していたレバレッジに規制が設けられて最大でも25倍までとなっています。
例えば、100円お金を持っている人が、25倍の取引をした場合は、2,500円となります。

 

なぜ、FX会社はこれほどのお金を出してくれるのか不思議ですよね?
実はレバレッジを使った取引は、自己資金を担保としてお金を借り入れしているから成り立っているのです。レバレッジを使うためには、自己資金を「証拠金」としてFX業者に預ける必要がありますので覚えておいてください。

注文機能が充実しているか

FXの取引は通常、レバレッジをかけて売買するため、リスク管理を徹底しておく必要があります。FX会社では、損失を最小限に抑えるため、注文機能が設けられています。それでは、注文機能について、くわしく説明をしたいと思います。

 

1つ目は、逆指値という方法があります。これは通常の売買では、指定した値段まで上がれば売って、下がれば買うという方法ですが、逆指値は指定した値段まで下がれば売り、指定した値段まで上がれば買うことになります。

 

2つ目は、IFDという方法です。IFDは、もし取引が成立したら買う、売るという決済注文を前もって出すことができます。

 

3つ目は、OCOという方法です。OCOは2つ同時に注文を出してどちらかが約定した場合、もう一方の注文はキャンセルする方法です。

 

4つ目は、IFOという方法です。これは、IFDとIFOを組み合わせた注文方法になります。注文した後に、利益確定の指値注文分と損失限定の逆指値注文を同時に出せる方法です。

ロスカットの内容も確認が必要

ロスカットとは、簡単に言うと強制的に決済をすることを言います。なぜこのようなシステムが必要なのでしょうか?

 

ロスカットは、FXの取引である一定の水準まで損失が膨らんでしまった時に、証拠金がすべて損失として無くならないように守ってくれるのです。

もし、ロスカットが設定されてなければ、証拠金どころか追加で資産を失ってしまう可能性があります。ただし、100%損失を防止できるわけではないので注意してください。

会社の信頼性

初めてFXを始める方にとって、取引を依頼するFX会社が信頼できる会社なのか不安に思うかもしれません。
現在は、証拠金の信託保全が義務化されたことでFX会社の安全性は高まっています。仮に、倒産してしまった場合でも保証金は戻ってくるので安心してください。

 

FX会社の信頼性を確認する際は、口座数証拠金残高資本金などを見ることで、会社の規模を知ることができます。数字が大きい方が会社の規模が大きくて信頼性も上がります。

 

また、自己資本規制比率はFX会社の財産などの健全性を表す数値であり、120%以上に保つことが法律で決められています。その他、証拠金の信託先(銀行など)や決算の公開情報などを総合的に見ることでFX会社の信頼性を確認してみてください。

FXの取引ツールの使いがって

FX会社を選ぶ時は、取引ツールの使いがってがいいところを選びましょう。取引ツールはパソコン版スマートフォン版などいくつか種類があるので、自分に合う取引ツールを選んでください。

 

取引ツールの使いがってを比較する際に、参考にしてほしい項目を4つ紹介したいと思います。

1つ目は、注文、決済の項目です。思い通りに注文、決済をするためにはクイック注文機能など、操作性のいい取引ツールがあると便利です。

 

2つ目は、チャートの項目です。各社ともチャートのレイアウトや機能が違ってくるので、パソコンやスマートフォンごとに、見やすくて便利なチャートを比較してみてください。

 

3つ目は、画面設定の項目です。画面のレイアウトなどを自由にカスタマイズできる取引ツールがあるので、取引ツールの性能を確認してみてください。

 

4つ目は、サブツールの項目です。各社とも通常の取引ツールの他に、オリジナルのツールを揃えています。とても便利なツールがあったりするので、ぜひ比較してみてください。

2017年FX会社比較ランキング6選

2017年FX会社比較ランキング!会社を選ぶ8つの重要ポイントも紹介!

1位 GMOクリック証券

GMOクリック証券は、国内のFX会社の中でもダントツに規模が大きな会社です。世界規模のFX取引高が5年連続で第1位に輝いています。なぜここまで人気があるのでしょうか?

 

GMOクリック証券は、FX会社ではめずらしいことですが、取引ツールを自社で開発しています。特にスマートフォンの分野ではダントツに使いやすいと評判になっているほどです。

 

GMOクリック証券で取り扱っている通貨ペアは、18種類と少なめになっています。しかし、他社と比べてもスプレッドはダントツに水準が狭めに設定されています。

 

GMOクリック証券の取引ツールは、スピード注文に特化しています。
ニュースやレートを見ながら取引したいと思った時に、即注文画面に移れるようになっています。初心者、経験者関係なく、おすすめできるFX会社です。

2位 YJFX!

YJFX!は、インターネット会社大手のヤフーグループが運営するFX会社です。無料オンラインセミナーや、FXレポートなどFXを学べるコンテンツが豊富にあります。

 

YJFX!で取り扱っている通貨ペアは、定番のドル、ユーロなど22種類と豊富にあるので、自分に合ったものを探してみてください。

 

YJFX!では、FX取引を4つのサービスから選ぶことができます。

1つ目は、トレードコレクターです。トレードコレクターは、YJFX!が提供するカードクリエイターを選んでプレイヤーになり、自動売買できるシステムです。日々忙しい方には便利なサービスです。

 

2つ目は、オプトレです。オプトレとは、将来の為替レートが目標レートに対してどうなっているのかを予測して、取引が予測通りになれば購入した口数分の金額を受け取ることができます。ただし、予測と異なると購入分の金額を失うことになるので注意してください。

 

3つ目は、C-NEXです。C-NEXは、短時間に大量発注を行うスキャルピング発注に最適な取引です。FXの上級者向けになります。

 

4つ目は、アプリ版取引ツールが豊富にあるので、いつでもどこでも取引ができます。

3位 ヒロセ通商のLIONFX

ヒロセ通商のLIONFXは、2014年と2015年の2年連続でオリコンランキング総合満足度第1位を獲得しています。常にユーザー目線になって改善を行っています。

 

ヒロセ通商が取り扱う通貨ペアは、なんと50通貨ペアダントツに多いです。トルコリラやNZドルといった高金利通貨のスワップは最高水準です。

 

ヒロセ通商は毎月多彩なキャンペーンを行うことで有名です。キャッシュバックはもちろんのこと、黒毛和牛などもプレゼント商品としてあるので確認してみてください。

4位 外為オンライン

外為オンラインは、シンプルな取引ツールと操作性が魅力的で、初心者から上級者まで支持を集めています。自動売買システムのiサイクル注文が有名です。
外為オンラインが取り扱う通貨ペアは、24通貨ペアになります。

 

外為オンラインのiサイクル注文は、まず買い、売りを選択して売りのタイミングを判断するためレートの変動幅を設定します。最後に対象資産を設定すると取引が開始されます。

 

外為オンラインは、ユーザーのレベルに合わせた無料FXセミナーをマンツーマンで教えてくれます。ここまで丁寧に教えてくれる会社は中々ありません。

 

外為オンラインは、上級者の方にも評判がいい26種類ものオリジナルチャートがあります。レートの短期分析から長期分析をしっかりサポートできます。

5位 みんなのFX

みんなのFXは、業界最高水準のスプレッドを提供しているFX会社で、2015年にベスト・FXブローカー賞にも選ばれています。みんなのFXが取り扱う通貨ペアは、16通貨ペアになります。

 

みんなのFXも取引ツールは、シンプルで初心者でも使いやすく設定されています。自分のスタイルで選べるように3つの取引システムがあります

 

みんなのFXは、毎月セミナーを開催しており、初心者コース、プライベートレッスン、スキルアップセミナーの3つのコースがあるので、自分のレベルに合うセミナーに参加することができます。

6位 FXブロードネット

FXブロードネットは、トラッキングトレードという自動売買ツールが有名です。
トラッキングトレードを簡単に説明すると、相場の推移を追いかけながら、安く買って高く売るという作業を自動で繰り返してくれるツールです。

 

トラッキングトレードの設定項目は5項目で完了するので誰でも簡単に設定することができます。日々忙しくてレートや取引画面を頻繁に見れない方には、おすすめの自動売買ツールです。

 

FXブロードネットが取り扱う通貨ペアは、24通貨ペアになります。
自動売買を提供するFX会社はスプレッドが広い傾向になりますが、FXブロードネットは、他の業者と比較すると米ドル円のスプレッドが0.3銭を保つなど十分健闘してくれています。

 

FXブロードネットは、初心者やトラッキングトレードを始めて利用する方向けに、毎月セミナーを開催しています。
商品別、レベル別に分かれています。
また、忙しくてセミナーに行けない方向けに、簡易的な動画セミナーもあるので確認してみてください。

 

関連する記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「増やす」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com