2017/07/10

使う

146views

税金の節約|自動車税をクレジットカードで支払った方が良い3つの理由

自動車税をクレジットカードで支払うべき3つの理由

税金の節約|自動車税をクレジットカードで支払った方が良い3つの理由

節税にもなるそのメリットとは?

毎年春頃になると、車所持者の方に憂鬱な通知が届きますよね。

そう、自動車税の納税通知書です。

 

2017年現在、お持ちの車種別で以下の金額の納税が義務付けられています

 

【乗用車の場合】

排気量

金額

1リットル以下

29,500円

1リットル~1.5リットル以下

34,500円

1.5リットル~2リットル以下

39,500円

2リットル~2.5リットル以下

45,000円

2.5リットル~3リットル以下

51,000円

3リットル~3.5リットル以下

58,000円

3.5リットル~4リットル以下

66,500円

4リットル~4.5リットル以下

76,500円

4.5リットル~6リットル以下

88,000円

6リットル~

111,000円

 

【軽自動車の場合】

ナンバー

金額

乗用(5ナンバー)の自家用

7,200円

乗用(5ナンバー)の業務用

5,500円

貨物(4ナンバー)の自家用

4,000円

貨物(4ナンバー)の業務用

3,000円

 

決して安くはないこの支払額、なんとか節約したいと思ったことはありませんか?

そんな方におすすめなのが、クレジットカード払いなのです。

 

今回はなぜクレジットカード払いをするとお得になるのか、またクレジットカード払いすることのメリット・デメリットなどを詳しくご紹介していきましょう。

 

覚えておきたい3つのメリット

税金の節約|自動車税をクレジットカードで支払った方が良い3つの理由

メリットその1:自宅にいながら支払いができる

クレジットカード払いをすることのメリット1つ目は「自宅で簡単に支払い作業が行えること」です。

また24時間いつでも可能なんですよ。

 

普通ですと届いた納付書を持って、銀行などの金融機関やコンビニまで支払いに行かねばなりませんよね。

 

金融機関ですと営業時間があるため、仕事の都合などでなかなか支払いに行くタイミングがないという方もおられるでしょう。

また仕事帰りにコンビニで…と思っても「納付書を持ってくるのを忘れた」なんてことも考えられます。

 

しかしクレジットカード払いであれば、その納付書などなくても、専用の納付サイトにアクセスするだけで、24時間いつでも支払うことが可能なのです。

これであれば、時間を作ることが難しい方でも簡単に支払い作業をすることができますよね。

 

メリットその2:ポイントやマイルが貯まる

クレジットカードは、使えば使うほど貯まるポイントやマイルなどのリターンが存在します。

これはもちろん自動車税の納付でも還元されるものなのです。

 

納付書を使って現金で支払うだけでは決して得られない、クレジットカード払いならではのメリットになります。

何かしらのリターンがあるのであれば、自動車税を払うことも少し楽しくなるのではないでしょうか。

 

メリットその3:支払猶予を伸ばせる

「来月になればお金を用意できるのに、自動車税の納付期限までにお金を用意することができない!」

 

そんなこともあるかもしれません。

こんな時にもクレジットカード払いなら安心です。

クレジットカードの特徴を生かした「支払い猶予の延期」ができるためです。

 

例えば「今月クレジットカード払いで1万円の買い物をした」とします。

その支払いはすぐに口座から引き落とされますか?

そんなことありませんよね。

利用月の翌月に引き落とされるのではないでしょうか。

 

そう、これが「支払い猶予の延期」です。

この特性を生かすことで、「来月なら用意できるのに」といった心配事を解決できてしまうのです。

 

クレジットカード払いだからこそかかる手数料がある

税金の節約|自動車税をクレジットカードで支払った方が良い3つの理由

手数料はいくらかかる?

上記でご紹介したようにメリットの大きい自動車税のクレジットカード払いですが、それには覚えておかねばならないことがあります。

それが「手数料がかかる」ということです。

 

これはあなたがお住まいの自治体にもよりますが、大体決済手数料として324円(税込)かかります。

300円(税込)の佐賀県、308円(税込)の沖縄県、1万円ごとに73円かかる東京都や愛知県などいくつか例外はありますが、それ以外はほとんどの自治体で1件につき324円(税込)の決済手数料です。

 

還元率が1.0%以上のクレジットカードがお得!

しかし手数料がかかるからといって落胆することはありません。

なぜなら還元率が1%以上のクレジットカードなら、支払った決済手数料を取り戻すことができるのです。

 

クレジットカードの多くが、1ポイント=1円相当額としてキャッシュバックされる仕組みだと思います。

これを利用することで、決済手数料をペイできるかもしれないのです。

 

例えば1番メジャーな乗用車サイズでもある34,500円の自動車税だった場合です。

1.0%のポイント還元があるクレジットカードで払った場合、34,500円の1%、345円が還元されることになりますよね。

つまり決済手数料で324円かかったとしても、それを差し引いても21円のプラスになるのです。

 

他にも「月間〇万円利用でポイント〇倍」などのサービスや、利用月によってキャンペーンが行われていることもあるでしょう。

ポイント還元率が1.0%以上であること、これらのキャンペーンを上手に使うこと、この2つを利用すれば、決済手数料をペイすることは十分可能なのです。

 

県別手数料一覧

上記ではいくつかの例外も挙げましたが

 

「私が支払う県では一体いくらの決済手数料になるんだろう」

 

と疑問に思われる方もいるでしょう。

そんな方のために、県別でかかる決済手数料一覧にまとめてみました。

 

また冒頭でもご説明したように、自動車税のクレジットカード払いは専用のサイトで行う必要があります

こちらも県別で専用サイトをご紹介しておきましょう。

次回の支払い時に活用できるように、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

県名

手数料

公式納付サイト

北海道

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

青森

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

宮城

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

山形

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

福島

324円(税込)

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01115d/zeimu178.html

茨城

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

栃木

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

埼玉

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

千葉

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

東京

1万円ごとに73円(税抜)

https://zei.metro.tokyo.lg.jp/

神奈川

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

新潟

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

岐阜

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

静岡

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

愛知

1万円ごとに73円(税抜)

https://zei.aichi.jp/

三重

432円(税込)

https://koukin-ts3card.jp/mie_pref/

大阪

324円(税込)

https://publicservice.jp/tax-select.action?localGvCode=270000&taxItemCode=008

奈良

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

和歌山

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

鳥取

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

岡山

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

広島

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

香川

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

福岡

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

佐賀

300円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

大分

324円(税込)

https://zei.oita.jp/

長崎

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

宮崎

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

鹿児島

324円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

沖縄

308円(税込)

http://koukin.yahoo.co.jp/search/tax/item/1

 

この表を見て

 

「私の県がないんだけど!?」

 

と不思議がられた方はおらっしゃいませんか?

実は残念ながら、自動車税のクレジットカード払いにまだ対応していない県が17県存在するのです。

 

岩手県

群馬県

富山県

福井県

山梨県

長野県

滋賀県

京都府

兵庫県

島根県

山口県

徳島県

愛媛県

高知県

熊本県

秋田県

石川県

 

 

上記の県では、まだ自動車税のクレジットカード払いを行うことはできません

この先永遠に対応しないわけではありませんので、各自治体が発表する情報はチェックし続けてみましょう。

 

ちなみに県ごとに手数料が異なる理由は、国税ではなく地方税であるためです。

実は自動車税は国税じゃないってご存知でしたか?

 

この「地方税」は「各自治体が好きに定めていいよ」というある程度の自由が認められているので、今回のように決済手数料がバラバラであったり、クレジットカード払いに対応している・いないが分かれたりするんですね。

 

クレカ払いの具体的な流れとは?

税金の節約|自動車税をクレジットカードで支払った方が良い3つの理由

支払いの流れを覚えておこう

専用サイトで支払う

 

と聞いてもその流れがわからない方がほとんどでしょう。

ここでは自動車税をクレジットカードで支払う時の具体的な流れをご紹介いたします。

 

自動車税をクレジットカードで支払うためには、それなりに必要な書類もありますし、データ入力の方法なども知らねば戸惑うことになってしまうかもしれません。

いざという時困らないためにも、今回ここでその流れをしっかりと覚えておきましょう。

 

その1:必要書類の準備する

まずは自動車税をクレジットカードで納付するために、下記の2つの書類を用意しましょう。

 

  • 納税する自動車すべての自動車税納税通知書

  • クレジットカード

 

これだけです。

ちなみにクレジットカードは、自動車税が課せられている本人名義でなく、例えば家族名義のものでも使うことができます

もちろん自分以外のクレジットカードを使用するのであれば、ちゃんとカード所持者の確認を取ってから行ってくださいね。

 

その2:サイトにアクセスする

上記の2つの書類が用意できたら、早速専用サイトにアクセスしましょう。

 

これは先ほどの一覧表でもご紹介したように、県別で違うサイトが用意されています

必ずお住まいの県の専用サイトにアクセスしてくださいね。

当然ながら、お住まいではない違う県の専用サイトにアクセスしても、自動車税を納付することはできませんよ。

 

その3:各種注意事項への同意する

サイトにアクセスしたら、納付作業よりもまず最初に各種注意事項に同意する必要があります。

長々と細かい文字で書かれているとは思いますが、しっかりと確認してくださいね。

 

この注意事項に納得し、「同意する」にチェックを入れたら、「次に進む」ボタンをクリックできるようになります。

 

その4:納付情報の入力をする

次に納付するために必要な情報を入力していきましょう。

これは各自治体によって異なることもありますが、下記の3項目は必ず聞かれることです。

 

  • 納付番号

  • 確認番号

  • 納付区分

 

これらの情報入力は必須になるでしょう。

これは手元に届いた納付書に必ず記入されていることですので、それを参考にして入力していきましょう。

 

その5:クレジットカード情報の入力をする

上記の自動車税に関する納付情報を入力したら、次はご使用になるクレジットカードの情報を入力します。

 

  • クレジットカード番号

  • 有効期限

  • セキュリティ番号

 

クレジットカードの番号や有効期限は表に記載されているのですぐにわかるでしょう。

セキュリティ番号で戸惑う方も多いようですが、多くの場合裏面の右上に3桁の数字で記載されているかと思います。

 

また当然ながら有効期限の切れたカードでは支払うことができません

必ず納付作業をする前に、カードの有効期限内であることを確認しておきましょう。

その6:納税完了!

最後に確認画面が表示されます。

そちらの画面に表示されている内容で間違いないようならば、「確認」ボタンを押しましょう。

これで自動車税のクレジットカード払いが完了です。

 

クレカ払いで考えられる2つのデメリット

税金の節約|自動車税をクレジットカードで支払った方が良い3つの理由

デメリットその1:手数料がかかる

メリットの多い自動車税のクレジットカード払いですが、もちろんデメリットも存在します。

デメリット1つ目が「決済手数料がかかること」です。

 

これは1.0%以上の還元率があるカードならば相殺できると上記で紹介しましたが、例えば軽自動車ならばどうでしょう。

こちらは数千円程度の金額ですので、いくらポイント還元があっても相殺することはできませんよね。

また1.0%以上の還元率がない場合も同じです。

 

納付書を使い現金で支払う時にはかからない手数料がかかる

 

これを忘れないようにしましょう。

 

デメリットその2:納税証明書がすぐにもらえない

車検を受ける時に必ず必要な書類がありますよね。

それが納税証明書です。

 

しかしクレジットカード払いでは、この納税証明書はすぐに貰えないのです。

 

「支払い猶予の延期」でも触れましたが、いくらサイトで納付完了したとしても、実際に自治体がそれを確認するにはどうしてもタイムラグが発生してしまいます。

そのため、納付書を使い現金で支払う時にはすぐに貰える納税証明書も、手元に届くまでしばらく時間を要します。

 

これがデメリットになる方は、納税期限と車検期限が重なる方です。

納税証明書がなければ車検が受けられませんので、車検期限を過ぎてしまうことも考えられます。

ご存知のように車検切れの車を運転することは法律違反になりますので、支払い期限と車検期限が重なる方は、このクレジットカード払いは行わないよう気を付けましょう。

 

もっと得したいならnanacoカード!

税金の節約|自動車税をクレジットカードで支払った方が良い3つの理由

電子マネーnanacoとは?

「私はクレジットカードを持っていないわ」

「決済手数料がかかるのは嫌」

「納税証明書はすぐに欲しい」

 

そんな方々に朗報です。

クレジットカード払い以外にも、自動車税の納付がお得になる唯一の方法があるのです。

それがセブンイレブンでン使えるnanacoカードの利用です。

 

nanacoカードはクレジットカードではなく、チャージ式のプリペイドカードです。

また作る際にもお金はかからず、無料で手に入れることができますよ。

 

ではなぜnanacoカードならお得になるのか、それはこのnanacoカードのメリット、セブンイレブンであれば公共料金の支払いにnanacoカードが使えるという点です。

 

つまりあなたが支払わねばならない自動車税分をnanacoカードにチャージしておくことで、納付書とnanacoカードで支払いができるということですね。

この方法であれば、決済手数料がかかることはありません

 

またもしクレジットカードをお持ちなのであれば、クレジットカードからnanacoカードにチャージすることが可能です。

こうすることで、決済手数料がかからないのにポイント還元を受けられるというとてもお得なことになります。

 

【nanacoカードを利用するメリット】

  • 決済手数料がかからない

  • 納税証明書がすぐに手に入る

  • クレジットカードからのチャージならポイント還元も受けられる

 

【nanacoカードを利用するデメリット】

  • nanacoカードを作る手間がかかる

  • 支払いにセブンイレブンに出掛ける必要がある

 

もしこのデメリットがあっても構わないというのであれば、自動車税を納付するのに1番お得なのは、クレジットカードでチャージしたnanacoカードで支払うことですよ。

 

税金を節約できる支払い方法

税金の節約|自動車税をクレジットカードで支払った方が良い3つの理由

知らなきゃ損するクレカ払い

自動車税のクレジットカード払いに関する情報の数々はいかがでしたか?

実はこの「税金はカードで支払える」ということをご存知ない方はまだ多く、自動車税納付のための県別専用サイトの存在もあまり知られていません。

 

しかし自動車税のクレジットカード払いには多くのメリットがあり、また現金で支払うことでは決してすることのできない「節税」ができてしまうのです。

 

今回の情報を参考にし、次回からはぜひクレジットカードやnanacoカードで支払いを行ってみましょう。

関連する記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com