2017/06/18

増やす

377views

FXの複利とは?FXの複利の内容とメリットとデメリットについて解説します!

保持しているだけで利息がついてくる?FXの複利運用はどうしたらいいの?その内容について徹底解説

FXの複利とは?

FXと聞くと「外貨の売買をする」これが最初に思い浮かぶ方も多いでしょう。

しかしFXには「複利で利益を出す」という方法もあるのをご存知ですか?

 

よく耳にする「スワップ金利」で「スワップポイント」を稼ぐという方法のことです。

 

通貨ペアについての取引の仕方について紹介されているものは多く存在しますが、この複利運用について紹介されているものはあまり多くありませんよね。

 

そこで今回はこの「FXにおける複利運用」について、詳しくご紹介していきたいと思います。

複利とはどういうものなのか、どうすれば利益を出せるのか、また複利運用のメリット・デメリットなどもご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

利息には単利と複利がある

保持しているだけで利息がついてくる?FXの複利運用はどうしたらいいの?その内容について徹底解説

単利とは?

まず利息には、単利と複利の2種類があるのはご存知ですか?この違いから先にご紹介していきましょう。

 

これらの違いや恩恵は、FXだけでなく銀行預金などでも同じことですので、覚えておいて損はありませんよ。
またローンやクレジットの利子計算としても使えますので、お金に関する大事な知識として理解しておきましょう。

 

1番わかりやすい単利ですが、こちらは元本にのみつく利息のことです。

例えば100万円に年間10%の単利がついた場合、1年で110万円、2年で120万円になります。

 

同じく3年目なら130万円、4年目なら140万円と、10%分ずつ加算されていくということになります。「〇円持っているから〇年で〇円の利息になる」ということが計算しやすいのが特徴です。

複利とは?

では複利はどうかと言いますと、こちらは元本+利息に対して利息がつきます

 

上記の例でご説明しましょう。

100万円に年間10%の複利がついた場合、1年で110万円なのは変わりません。

しかし2年目になると、この110万円に対して10%つきますので、121万円になるのです。

 

3年目なら133万円、4年目なら146万円となり、単利の場合と比べると、4年目で6万円もの差が生まれているのがおわかり頂けるでしょう。

 

つまり複利の方が、同じ期間所持した場合恩恵が大きいということです。

FXにおける単利と複利の違いとは?

上記のように、単利より複利の方が資産運用としての価値が高いことはおわかり頂けたかと思います。これはFXのスワップポイントにおいても同じことが言えるのです。

 

FXにおける単利は、利息分をそのまま利益として懐に納めることです。

しかし複利の場合は、その利息分も資金として考え、さらに資金力を高めることを言います。

 

この方法を取ることで、取引がうまくいけば雪だるま方式のように資産が増えていくということになるのです。

 

しかし、かといって複利がつくたびに資金に回していたのでは、その恩恵力も少なくなってしまします。

複利運用効果を最大限発揮するためにも、ある程度の外貨は口座に入れておいたままにし、上手に複利の恩恵を受けながら運用していくようにしましょう。

FXの複利運用のメリットについて

保持しているだけで利息がついてくる?FXの複利運用はどうしたらいいの?その内容について徹底解説

保持しているだけで利息がついてくる

FXの複利運用のメリットは2つあります。

まず最大のメリットは「持っているだけでいい」ということです。

 

外貨取引のように、チャートや相場とにらめっこすることもなくその恩恵が受けられるため、初心者でも利益を出しやすいのです。

 

またスワップポイントは毎日加算されていきますので、銀行預金などと違い、年単位で考えずとも良いのも嬉しい点です。

業者によっては税金の掛かり方が違う

2つ目のメリットは業者別で変わる税金の掛かり方を選べるという点です。

FX会社によって、下記の2つのタイプに分けることができます。

 

  1. 保持している期間に応じて税金がかかるタイプ

  2. 決済する時にかかるタイプ

 

これらを上手に使い分けることで、更に恩恵を受けることが可能なのです。

 

例えば1番のタイプですと、税金の計算期間の1月1日から12月31日までの保持していた期間で算出されます。確定申告と同じことですね。

ですので年間20万円までは税金がかからないという特徴があります。

 

2番の場合は決済しない限り税金はかかりません
つまり口座に入れておくだけならば、どれだけの利益が出ても税金がかからないのです。

 

しかしその分、決済する時には一気にかかります

 

「年間10万円の利益を5年出した場合」で考えてみましょう。

1番の場合は一切税金はかかりません

しかし2番の場合は「決済したその年に50万円稼いだ」とみなされるので税金がかかります

保持しているだけで利息がついてくる?FXの複利運用はどうしたらいいの?その内容について徹底解説

参照元:初心者向けFXトレード記録室

 

どちらが自分の投資スタイルに合っているのか、またどちらが税金面でメリットがあるのかを考え使い分けるようにしましょう。

FXの複利運用のデメリットについて

保持しているだけで利息がついてくる?FXの複利運用はどうしたらいいの?その内容について徹底解説

売買取引に比べて利益が少ない

基本的に持っているだけで利益になるものですので、重大なデメリットはないのですが、あえて挙げるとするならば、2つのデメリットが考えられます。

 

1つ目が利益が少ないという点です。

FX会社のスワップポイントを見てみましょう。もちろん通貨によって様々ですが、多くは数円から数十円のものです。

 

1日10円のスワップポイントを1年保持し続けても3,650円にしかなりませんね。

年収3,650円ではとても不労収入があるとは言えないでしょう。

 

しかも3,000円程度であれば、普通の外貨取引の方で稼ぐことも難しくありません。

このように、簡単に利益を挙げられるスワップポイントですが、その利益は決して大きいものではないのです。

多くの金額が必要になってくる

では上記のデメリットを消すために、大きい金額を得ようと思った場合、どれだけの資金が必要になると思いますか?

 

せめて月に5万円稼げれば良いとしましょうか。

スワップポイントの多くは1万通貨ごとになります。30日で5万ということは1日あたり1,666円です。つまり1万通貨で10円の場合、166倍にせねばなりません。

1万通貨×166なのですから、途方もない数の通貨を所持しなければならないのがおわかり頂けるでしょう。

 

そう、スワップポイントだけでそれなりの利益を出そうと考えた場合、多額の資金が必要になるのです。これが2つ目のデメリットです。

複利運用のやり方を知ろう

FXの複利運用はどうしたらいいの?仕組と内容について初心者向けに解説!

賢い手法で大きな恩恵に繋げるためには?

複利運用のやり方、それはスワップ金利が発生する通貨ぺアを購入することです。

これだけで明日から毎日スワップポイントを手に入れることができます。

 

では参考までに、元手が10万円だとして、1日1%のスワップ金利が発生する場合の、単利と複利の違いを見てみましょう。

 

経過日数

複利の場合

単利の場合

初日

100,000円

100,000円

1日後

101,000円

101,000円

10日後

110,462円

110,000円

20日後

122,019円

120,000円

60日後

181,670円

160,000円

120日後

330,039円

220,000円

240日後

1,089,255円

340,000円

480日後

11,864,773円

580,000円

620日後

47,780,616円

720,000円

695日後

100,775,458円

795,000円

 

いかがでしょうか?

「利息にも利子がつく複利」の場合ですと、時が経過すればするほど単利との差が歴然としてきますね。

たった1日1%でも、複利の場合なら2年たらずで10万円が1億円になります。

複利計算はどうすればいい?4つの計算方法

FXの複利運用はどうしたらいいの?仕組と内容について初心者向けに解説!

複利計算で計画的に複利運用を行おう!

上記で1日1%の計算表を挙げましたが、「自分がやった場合はどうなるのだろう」「通貨ペア別で複利計算できたらいいのに」そう思われる方もいらっしゃるでしょう。

確かにしっかり計算することで、より明確な計画も立てられます。

 

そこでここでは複利運用をした場合の複利計算の仕方についてご紹介していきましょう。

 

  1. シミュレーションを使う

  2. 計算機を使う

  3. エクセルを使う

  4. アプリを使う

 

この4つの方法をご紹介していきますので、ご自分に合った方法を見つけてくださいね。

 

1:シミュレーションを使って複利計算する場合

数値を入力するだけで簡単にわかるシミュレーションですが、おすすめなのがこちらの複利計算シミュレータです。

 

FX複利運用計算シミュレータ

 

こちらでは「レバレッジ〇倍で、1日〇pips稼ぐと、〇日後にはいくらになるか」簡単に計算することができます。

ブックマークしておくことでいつでも利用できますので、新しい通貨ペアを購入する際の参考として活用してみましょう。

 

2:計算機を使って複利計算する場合

計算機として有名なメーカーにはカシオとシャープがありますが、実は会社によって少し計算方法が違います

わかりやすく「10万円を年利2%で5年間運用した場合」で見てみましょう。

【カシオの計算機の場合】

  1. 「1+0.05」と入力し、掛け算キーを2回「××」押します。

この操作を行うことで、「定数乗算モード」に切り替えることができます。

「×キー2回で定数乗算モードになる」ということを覚えておきましょう。

またこの際、液晶に「K」と表示されますので確認が必要です。

 

  1. 定数乗算モードに出来たならば、イコールキーを4回「====」入力します。

こうすれば「1.05」の5乗を計算することができます。

 

  1. 結果が「1.276281563」になるかと思いますので、元本の「100,000」を掛けましょう。

すると最終的な運用額を求めることができます。

 

【シャープの計算機の場合】

カシオと違う点は定数乗算モードにする方法です。

 

  1. 「1+0.05」と入力した後で、掛け算キーを1回「×」入力します。

  2. そのままイコールキーを4回「====」入力すれば「1.05」の5乗を計算することができます。  

  3. 結果が「1.276281563」になりますので、これに元本の「100,000」を掛けましょう。

 

ご覧のように、カシオの計算機は「定数乗算モード」に切り替えるという作業が必要になります

お使いの計算機のメーカーを確認し、上記の計算方法で複利計算を行いましょう。

 

3:エクセルを使って複利計算する場合

「自分で管理していたい」

そんな方にはエクセルを使った複利計算がおすすめです。

エクセルを使った3つの計算方法をご紹介しましょう。

 

【計算式で計算する場合】

エクセルでの複利計算は「=B1*(1+B2/100)^B3」という公式で計算することになります。

 

  • ・B1:元本

  • ・B2:利率(利率1%なら0.01)

  • ・B3:運用期間(10年運用なら3)

 

この3つの数値を入力して計算しましょう。

 

【FV関数で計算する場合】

FV関数「Future Value(将来価値)関数」を求めるための関数です。

「=FV(B1,B2,B3,B4)」の公式で求めることができます。

 

  • ・B1には1ヶ月あたりの利率

  • ・B2:期間

  • ・B3:定期支払額

  • ・B4:現在価値の0

 

この4つの数値でFV関数で複利計算をすることができます。

 

【PMT関数で計算する場合】

PMT関数「Payment(支払い)」を計算するための関数です。

例えば「年利10%で借りている1,000万円を5年間で返済する場合は毎年の返済はいくらか」といったことが計算できます。

複利運用の場合は「スワップ金利で1,000万円を貯めたければ毎年いくら稼がなければならないか」といった計算に使えます。

PMT関数で計算する場合は「=PMT(B1,B2,B3)* B2」こちらの公式を使いましょう。

 

  • ・B1:利率

  • ・B2:期間

  • ・B3:借入額(目標額)

 

この3つで複利運用目標を逆算することができます。

 

4:アプリを使って複利計算する場合

「携帯で手軽に複利計算をしたい」

そんな方は複利計算用のアプリを利用してみましょう。

こちらはFX用というわけではありませんが、その分、預貯金やローン返済の際の計算用としても使うことができますよ。

 

 

複利運用に成功?失敗?その分岐点とは

FXの複利運用はどうしたらいいの?仕組と内容について初心者向けに解説!

「1日10pipsで億万長者」は無理?

FXでは「1日に10pips稼げれば億万長者になれる」と言われています。

1pipsはおおよそ1銭だと考えて貰って構いませんので、言い換えれば「1日10円稼ぐ」ということです。

 

しかし実際に取引をしたことがある方にはわかるでしょう。

1日10pipsはとてもハードルの高い話です。

しかもこれには「負けた分」が含まれていません

つまり「安定して毎日10円勝ち続けなければならない」のです。

 

これは複利運用でも同じです。

ここでは成功するか失敗するか、その分岐点ともなる3つの注意点についてご紹介していきましょう。

 

注意点1:必勝法などない

「絶対勝てる」「勝てる必勝法」こんな言葉を見ると真似したくなってしまいますね。

しかし必ず勝てる必勝法などこの世に存在しません

あるならば皆仕事を辞めてFXをすることでしょう。

 

つまり「勝てると聞いたから真似してみた」、これが危険な行為なのです。

口座にある証拠金額も、FXに集中できる時間も、追証に耐えうる軍資金力も人それぞれです。

「必勝法など存在しない」このことを念頭に置き、他人の真似事でお金を賭けるのはやめておきましょう

 

注意点2:取引手法を常に研究しているかどうか

「今回は負けたけど、続けていけばいつか勝てるはず」と、自分の取引スタイルを貫き続けていませんか?

取引をする上での自分のルールは大事ですが、それを「取引手法を固定する」というところまで行ってしまうと、いつまでたっても勝率を上げることはできません

 

テクニカル分析をしっかりと行い、日々変動するスワップ金利に対応できる手法を研究してみましょう。

 

注意点3:トータルバランスで見ているか

個人的に1番注意して欲しいのがこの「トータルバランス」です。

「複利運用は持っているだけで利益が出る」、そうここまでご紹介してきましたが、持っているだけで負けることもあります

 

先述したようにスワップ金利は常に変動していますので、マイナスになることもあります

またそれ以上に気を付けなければならないのが為替差益です。

スワップ金利以上に変動の大きいこちらの数値を疎かにしていては、「持っていることでスワップポイントは稼げているけどそれ以上に為替差損を出している」ということになりかねません。

 

そこで気を付けて欲しいのがトータルバランスです。

 

  • ・スワップポイントの利益額

  • ・為替差益額

  • ・勝率

  • ・利益確定幅

  • ・損切り幅

 

これら全てのバランスを見て取引を行うようにしましょう。

 

  1. 必勝法などないと心得て人の真似事をしない

  2. 手法を常に研究する

  3. トータルバランスを見て取引する

 

この3つの注意点を気にすることで、より複利運用での利益も上げやすくなるでしょう。

 

FXの複利運用はどこがおすすめ?

保持しているだけで利息がついてくる?FXの複利運用はどうしたらいいの?その内容について徹底解説

FXのスワップポイントで複利運用

では最後に、FXのスワップポイントでの複利運用に適した口座や会社をご紹介したいと思います。

 

もちろんこれからご紹介するものは、あなたの希望にぴったりと合ったものではないかもしれません。ここまでで複利運用についてご理解頂けたと思いますので、これからご紹介する情報を参考にし、自分らしい投資スタイルが取れる場所を探してみてくださいね。

複利運用するのに適したFX口座とは?

まずFXの複利運用に適した口座には3つのポイントがあります。

 

  • スワップポイントが高い

  • 最低取引数量が小さい

  • 未決済でもスワップポイントを再投資可能

 

この3つです。
そして重要なのが最後の未決済でも再投資できるかどうかです。

複利運用としてスワップポイントを資金に交換できるかどうかも大事ですし、また上記の税金の掛かり方で見ても大事な点になります。

 

口座の管理の仕方や特徴などは、FX会社によって大きく異なります
必ず利用しようとしている口座については、全てを把握しておくようにしましょう。

複利運用するおすすめのFX会社は?

おすすめのFX会社は、あなたが選びたい通貨によっても異なります。

 

【豪ドル円・南アフリカランド円で複利を得たいのであれば】

SBI FXトレードがおすすめです。

上記の3つの条件も満たしていますし、何より1通貨単位から取引できますので、複利運用にもっとも適したFX会社だと言えるでしょう。

 

【NZドル円、トルコリラ円で複利を得たいのであれば】

ヒロセ通商のLION FXがおすすめです。

ヒロセ通商は業界一取り扱い通貨が多いので、「多少リスクはあるけど高金利」という通貨でも取引することができますよ。

 

複利運用のメリット・デメリットをしっかり理解しよう

FXの複利運用はどうしたらいいの?仕組と内容について初心者向けに解説!

「楽して稼ぐ」ために必要なことは?

ここまで複利運用の仕組みやその方法、また気を付けて欲しい3つの注意点に計算方法などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

確かに複利運用は持っているだけで利益を出すことができる「楽して稼げる方法」です。

しかしそれに必勝法などありませんし、為替差益にも配慮しなければ大きな損益にも繋がりかねません

 

複利運用を行う場合はそのメリット・デメリットをしっかりと理解し、トータルバランスを見て行うようにしましょう。

 

関連する記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「増やす」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com