2014/10/09

借りる

1643views

今後の金利はどうなるの!? 住宅ローンの超低金利と注意点まとめ

住宅ローンには絶好の状況

住宅ローン 金利

今年、住宅ローンの金利は、昨年に引き続き、極めて低い状態になっております。

つまり住宅ローンを組むには絶好の状況です。

しかし、利用する住宅ローンの「金利タイプ」によっては、今後懸念されることも見えてきます。

ここでは、現在低金利が続いている理由と、必ず知っておきたい金利タイプ別の注意点について解説していきます。

なぜ金利が低いのか?


現在、日本の住宅ローンは超低金利の状態が続いております。

これにはあの「アベノミクス」の「金融緩和」と呼ばれるものに関係しており、銀行の銀行である「日本銀行」が民間の銀行に、通常より金利を低くして、お金を貸している状態を指します。

そして、民間の銀行が、私たちに通常より金利を低くして融資ができるため、現在は金利が低い状態が続いており、これが住宅ローンの金利にも影響し、金利が低くなっている原因になります。

今後どうなっていくのか

住宅ローンの金利がどうなっていくのか、それは正直誰にもわかりません。

しかし、国の政策などで、「国が今後どうしたいか」はある程度分かるようになります。

これも「アベノミクス」に関係してくるのですが、政策によって、国は市場に出回るお金の量を増やそうと考えております。

そうすることで、徐々に景気が回復し、今度は金利が上昇してきます。

つまり私たちが銀行からお金を借りる際の金利も上昇します。

つまり、現在の住宅ローンの金利は、「上がる可能性」と「下がる可能性」を同時に持っているのです。

しかし、1990年代のバブル崩壊後から見てみると、金利はほぼ最低と言っても過言でないほど低い状態になっておりますので、国の政策も踏まえると、ここから急に上がることはないが、大きく下がることもあまり考えられないという声が多いようです。

金利の種類とそれぞれの注意点


ここからは住宅ローンの金利タイプと、それぞれの注意点をまとめて解説していきます。

住宅ローンの金利タイプは主に3つに分類されます。

それぞれの特徴とメリット・デメリットです。


特徴メリットデメリット
変動金利タイプ市場の金利水準にあわせて返済期間中に金利が変動するタイプ。「全期間固定タイプ」と「固定金利期間選択タイプ」よりも借入時の金利が低い。市場の金利の変動に合わせて、返済する金利も変わるので、金利が上がった場合に返済額も増える。
固定金利期間選択タイプ借り入れから一定期間の金利が固定されるタイプ。
2年~10年と複数期間があり、固定する年数をある程度選べる。
固定した期間、金利が変わらないので、返済計画を作りやすい。
固定期間中は市場の金利に影響されない。
固定期間中は期間終了まで金利が変更できない。
一般的には固定期間が長いほど金利が高くなる。
全期間固定金利タイプ借入時の金利が完済まで適用される金利タイプ。金利が市場の影響を植えずに、完済までの返済額が確定するので、資金計画が立てやすい。他のタイプよりも金利水準が高い。
借り入れ後に市場の金利が下がっても返済額は変わらない。


金利タイプにより、メリットとデメリットは大きく変わります。

人気の住宅ローン

2014年9月、新聞紙面やインターネットニュースでも多く取り上げられましたが、メガバンク勢を含む各金融機関がこれまでにない低い金利の住宅ローンを発表するなど、歴史的に見ても大きな動きを示しています。

さらに様々なキャンペーンを行い、条件付でさらに低い金利で借り入れを行うこともできるようになってきました。

そんな中、インターネット銀行が注目を集めており、インターネット銀行は町中の銀行に比べて、審査の基準は若干高くなっているところがあるようですが、金利がさらに低くなっていることで、ここ数年申し込み件数は増加の一途を辿っておりますので、ぜひ検討されてはいかがでしょうか。

まとめ


どの金利タイプの住宅ローンが最適かは、借りる人の現在から今後の収入状況を考慮したり、借り入れを行う時点での金利の動きなどで大きく変わってきます。

しかし、金利の安い今だからこそ、借り入れを行うのに絶好の機会ではあります。

ご自身のライフプランに合わせて、最適なものを探していきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com