• 専業主婦から共働き家庭になった人が実践すべき家計管理法をご紹介!

2017/08/24

使う

1065views

専業主婦から共働き家庭になった人が実践すべき家計管理法をご紹介!

お金のことで揉めない為に!共働き夫婦におススメの家計管理法方法

専業主婦家庭より複雑で難しい!?共働き家庭の為の家計管理法をご紹介!

ここ最近、共働きの夫婦が増えています。共働きということは当然ダブルインカムなので、専業主婦(夫)世帯よりも世帯収入は多いはずです。しかしその「世帯収入が多い」ことに安心して、家計管理が杜撰になるケースも少なくないようです。

せっかく夫婦で頑張って働いて得た収入を、より有効に活用して頂くために、ここでは共働き夫婦のための家計管理方法についてご紹介します。

やっていませんか?共働き家庭に多いNGな家計管理

専業主婦家庭より複雑で難しい!?共働き家庭の為の家計管理法をご紹介!

家計の項目だけ分担し、お互いの収入を把握していない

共働き世帯では、支出の費目を夫婦で分担していて、支出はもちろん、収入もお互い把握していないケースがあります。例えば「住宅ローンや固定資産税は夫、水道光熱費や食費は妻」といったケースです。

それぞれ分担した費目以外については何にどれくらいお金をかけているのかお互いに知りません。しかもお互いの収入も把握していないので、どれだけの金額を自由に使えるのか想像もつきません。

ひとまず分担した費目は滞りなく支払っていますし、それぞれ稼いだお金の使い道について配偶者から口出ししてほしくないため、意外とこのような共働き夫婦は少なくないようです。

しっかりと家計管理するためには、お互いの収入と支出を共有することから始めましょう

それぞれの名義の口座があり、貯金額を知らない

上述の通り、それぞれで費目を分担している場合、特に相手に銀行口座を教える必要もないため、どこの金融機関に口座を持っているのかすらお互いに知らない人も少なくないでしょう。ましてやその口座にどれくらいの残高があるかなど、知りようがありません。

またそれぞれの収入も支出も把握していないため、貯金ができるくらい余裕があるのかどうかも察しがつきません。

銀行や証券会社から送られてくる郵送物で配偶者が契約している金融機関をなんとなく知る、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えばマイホームの購入やリフォーム、学校への入学金など、家族のために貯金を始めるのであれば、現時点、夫婦でどれだけ貯金があるかを把握することは重要です。

それぞれで持っている貯蓄を、全て家族の貯金に回す必要はありませんが、あとどれくらい貯金をしなくてはならないか(貯金目標)を明らかにするためにも、お互いの貯金額も共有しましょう

独身当時の生活水準を下げられない

共働きの方の中には、独身時代から同じ仕事を続けている方もいらっしゃるのではないでしょう。そのような方の場合、結婚したからと言って基本的に収入が下がるわけでも、支出が過度に増える(ともに実家暮らしの場合は家賃が増えるぐらい)わけでもなばたら身時代と同じようにお金を使うことができます。

独身時代は節約志向でもない限り、「貯金」よりも「今を楽しむ」ことにお金を使いがちになります。

お金の使い方は、基本的に生活習慣のようなものなので、しっかりと意識しないと節約して貯金するという行動にはなりにくいです。しかし、結婚すると、将来的には子供が生まれるかもしれませんし、そのとき共働きを続けられるかはわかりません。仮に共働きが出来なくなった場合でも生活に困らないよう、生活水準を徐々に下げていくことが望ましいです。

貯金したいと思っているなら試してほしい、やりくりのコツ

専業主婦家庭より複雑で難しい!?共働き家庭の為の家計管理法をご紹介!

現実を知り貯金の目的と目標を決める

30~40歳代の共働き世帯の貯金額は、結婚10年目で約600万円が理想的と言われています。

もちろん世帯収入額や持ち家か賃貸住宅か、家族構成やお子さんの年齢によっても貯金に回せる額は異なりますが、10年で600万円なので1年間で60万、つまり毎月5万円を貯金に回すことは共働きであれば難しい金額ではないでしょう。

この毎月5万円の貯金を確実に行うためには、給与が入った途端、貯金用の口座に5万円を移すことです。「5万円が余ったら」とするとなかなか貯金は進まないものです。最初から5万円は無かったものとして考えましょう。どこの金融機関にも自動送金サービスというものがあります。毎月特定の日に一定の金額を別の口座に送金するサービスです。毎月給料日の翌日(給料日が20日であれば21日)に5万円を貯金用の口座に送金してしまえば、忘れずに貯金ができます。

また、ボーナスの時には貯金額を上乗せすると、10年もたたずに600万円貯めることができます。例えば、ボーナス時は倍額の10万円にすると、ボーナスが年2回支給された場合、約8.5年で600万円を貯めることができます。

夫の収入だけで生活してみる

共働きではない世帯は、基本的に夫か妻の年収だけで暮らしています。しかもそのような家庭でもマイホームを買ったり、車を所有していたり、子どもを習い事に通わせていたり、私立の学校に通わせていたりしています。ということは、夫か妻だけの年収で貯蓄もしながら、普通の生活を送っています。つまり、夫婦どちらかの収入のみで生活をすることは難しい話ではないのです。

マイホームやマイカーの購入、大学の入学金など、大きな金額を、早く貯めたいのであれば、この方法が最も効果的です。

しかし、これまで夫婦二人分の収入を前提として、支出を考えられていたと思いますので、その収入が半分になると、支出もだいぶ絞る必要があります。夫婦どちらかの努力だけでは難しく、家族全員の理解と協力が必要になります。

半分の収入に見合った生活水準に慣れるまでは大変だと思いますし、途中で心が折れそうになるかもしれませんが、目標貯金額を達成できた日のことを楽しみに、家族みんなで頑張りましょう!

家計簿をつけ収支を把握する

無理なく貯金をするためには、現在の収入と支出を把握することから始めます。

収入は給与明細や銀行口座の通帳を見れば把握できます。

問題は支出です。支出はバラバラと発生しますし、特に何もしなければ記録にも残りません。

また支出を減らすためには、より多くのお金をかけている費目に手を付けることが最も有効な手段です(住宅ローンや税金、学費などは手を付けにくいですが)。

そのためにも、何にいくらのお金をかけているか家計簿をつけることをお勧めします。

家計簿を付け始めると、何に使ったかわからない(覚えていない)お金、つまり「使途不明金」が意外と多いことに驚くはずです。何に使ったのかわからなければ、何にかかるお金を節約すればよいか判断できません。まずは使途不明金を減らせるよう、支払った金額を記録するようにしましょう。とはいえ、お金を支払った直後に家計簿をつけられれば良いですが、働いているとそうもいきません。

最近は家計簿アプリが多数出ています。またそれらのアプリの中にはレシートを撮影すると、その撮影した画像から購入した品目、金額、店名などを判別し、自動で家計簿に入力してくれるものもあります。自分で紙の家計簿に記入したり、入力したりするのは面倒ですが、撮影するだけで良ければ長続きできるのではないでしょうか。まずはお店で購入したものについてはレシートをもらうように癖をつけ、さらに家計簿アプリを活用し、支出を記録していきましょう。

また、記録する細かさですが、あまり大まかに支出を捉えると、節約のために必要な行動計画が立てにくくなります。逆に細かすぎても記録するのが辛くなりますし、支出の傾向をつかみにくくなります

例えば「食費」として支出を捉えるのではなく、家で食事するために買ったお米や生鮮食品の代金なのか、お菓子やデザートなど嗜好品の代金なのか、家族と外食した代金なのかがわかるように記録します。このように記録することで支出の傾向をつかみつつ、節約のためにするべき活動が見えてきます。

お小遣い制にする

自分が負担すべき費目以外を自由に使ってしまうのは問題ですが、何から何まで自由を奪われてしまうのは窮屈すぎて、貯金や節約生活が長続きしなくなってしまいます。

そのためにも、収入と支出、毎月の貯金の額を決めたうえで、夫婦それぞれが自由に使える「お小遣い」を設定しましょう。

お小遣い制でも注意が必要なことがあります。それはクレジットカードです。

ネットショッピングの支払や現金の持ち合わせがない時など、クレジットカードを使いがちです。

クレジットカードで支払ったものが、本来お小遣いで購入する物であれば、そのクレジットカードの支払も、やはりお小遣いの中から支払います。

現金については、有無がわかりやすいので使い過ぎに注意しますが、クレジットカードは今、いくらくらい使ったか一目見ただけではわかりません。クレジットカードを使ったら、その分をお小遣いから引いたり、使った分を記録したりして、使い過ぎに注意するようにしましょう。

本やブログを参考に、出来そうなものを試してみる

今まで家計管理を特に意識してこなかった人にとっては、家計簿を付け、そのうえ節約をするというのは非常に辛いことだと思います。

貯金は給与をもらった直後に貯金用口座に移してしまえば済みますが、節約は日々の生活で実践していかなくてはなりません。

とはいえ、無理な節約はストレスの原因になり、夫婦喧嘩や家族不和につながります。実際、お金の使い方が原因で離婚したケースもあります。

ぜひ、無理なく続けられる節約方法を見出して頂ければと思います。

その時、参考になるのが本やブログです。節約術や節約レシピの本、水道光熱費の節約技をまとめたブログなどがたくさんあります

そのようなものを参考に、我が家でも無理なく実践できそうなものを見つけて試してみましょう

節約生活に慣れていくうちに、色々と自分なりのコツがつかめてくると思います。

楽しみながら家族全員で取り組める節約方法を見出しましょう。

家計と同じく揉めがちな家事負担の割合はどうする?

専業主婦家庭より複雑で難しい!?共働き家庭の為の家計管理法をご紹介!

家事しない・できない旦那にイライラ!?そうなる前に家事分担はしっかり相談

共働きの家庭が増えつつありますが、ほとんどの家庭において妻の方が家事の負担が重いようです。夫婦ともに正社員の場合、家計は折半なのに、なぜか家事の負担は妻の方が多いというケースも少なくありません。

なかには、夫は妻が家事をすることを当然と思っていて、かつ妻の方も家事は自分の仕事と思っている人もいるようです。

ですが夫婦ともに同じように働いているのであれば、家事も夫婦ともに同じように担うのが、長く家庭が円満でいるためには不可欠です。お子さんが大きくなったのであれば、お子さんにも担ってもらい、家事は家族全員の仕事として扱いましょう。

先述の通り、夫の中には、家事を自分の仕事と認識していない人もいます。家事をさぼっているわけではなく、自分の仕事と認識していないだけなので、「これはあなたの仕事です」ということを分担表などを作って明示しておくと夫も家事を担ってくれるはずです。

夫婦で家事を公平に分担するためには、まず家事の項目とそれぞれの所要時間や発生のタイミングを洗い出し、家事一覧を作成しましょう。例えば、「洗濯:毎朝:30分」や「ゴミ出し:月・水・金朝:5分」などです。

この洗い出した家事一覧のうち、夫でもできるか、夫婦間で公平性が保たれるか、忙しい時間帯の家事負担が緩和されるか、などの視点で夫婦間で家事の役割分担を決めましょう。

上述したように家事によってそれにかかる時間や発生頻度が異なりますので、項目だけでなく所要時間と発生のタイミングも明記するようにしましょう。

夫に家事をしてもらうと、自分のやり方と違ったり、雑だったり、目につくことが多々あると思いますが、一旦夫に任せたものは、できるだけ口出ししないようにしましょう。品質は今一つでも夫に家事を負担してもらうことでご自身が楽になっているのであれば、多少のことには目をつぶりましょう。どうしても口出ししたくなる場合は、最終的にその家事は自分で担う覚悟で口出ししましょう。

家事が負担で夫婦がギクシャク、最悪離婚なんてことも…。無理せず家事代行も上手く活用しよう

夫婦間で家事分担をしても、仕事が急に忙しくなったり、突発的に起こったことの対応がどちらか一方に偏ってしまうこともあり、そうすると家事負担が多い方に不満が蓄積されていきます。

またそもそも夫婦ともに忙しいため、心の余裕が多くありません。

ストレスが蓄積され、夫婦喧嘩が絶えなくなり、離婚をしてしまっては本末転倒です。そうなる前に、遠慮なく他人の手も借りましょう

ご両親やご兄弟ばかりでなく、家事代行サービスなどを活用するのも一つの方法です。節約と逆行しているように思えるかもしれませんが、最近では60分2,000円程度で家事をしてくれるサービスもありますし、自治体によっては、自治体から認定を受けたご家庭でお子さんを一時預かりしてくれたり、保育園のお迎えをしてくれるサービスが用意されています。

通常は家事分担表通りで構いませんが、いざという時、つらくなった時に助けてもらえるサービスを予め探しておくと安心です。

育児は夫婦の協力が不可欠!

夫婦ともに働いている家庭においては、家事と同じく育児も夫婦で分担です

分担する育児は、保育園の送迎や、食事、お風呂、寝かしつけなど、毎日発生するものだけではありません。

お子さんが小学校にあがると、保護者会や個人面談など、平日の日中に開催される行事がほとんどです。そのような行事への参加は、どちらかが仕事を休んだり早退しなくてはならなくなります。このような行事は予め日程が決まっていますので、夫婦交互に参加するなど、夫婦間で負担が偏らないように計画しておくと良いでしょう。

なお、休暇を取得するのは、予め決められたものばかりではありません。

例えばお子さんが体調を崩した時の通院や看病など、突発的なことも夫婦で分担できると良いでしょう。もちろん仕事の状況や職場の環境などによって急な休みを取りにくい場合もあるので、夫婦でぴったり案分することはできないかもしれません。ですが、休暇を取れない方も「休めないのだから仕方ない。」ではなく、「休んでもらってありがとう。」の気持ちを忘れないようにしましょう。

仕事に家事に子育てに正直しんどい…、家族や周りに頼るのも大切

夫婦で家事、育児を分担できたとしても、やはり常に時間に追われ、毎日綱渡り状態で心身ともに疲弊します。

体調を崩したり、夫婦仲が悪くならないよう、時にはご両親やご兄弟、周りの人の力を遠慮なく貸してもらいましょう

いざというときに力を貸してもらえるよう、ご両親やご兄弟と常日頃から良好な関係を築くのはもちろんですが、遠方に住んでいたのでは、なかなか力も貸してもらいにくいでしょう。急なことでもすぐに力を貸してもらえるよう、できればご両親やご兄弟の近くに住んでいることが望ましいです。

とはいえ、今からご両親やご兄弟を近くに呼び寄せたり、転職して家族の近所に引っ越すことが難しい場合もあるでしょう。

そのような場合は、自治体が提供しているサービスを利用してはいかがでしょうか。

ですが自治体により子育て支援などのサービスへの力の入れ具合が異なりますし、自治体は頑張っているものの、それ以上に需要の増加が著しい場合など、利用できない場合もあります。子育てしやすい街ランキングなどがインターネット上で掲載されていますので、これから住まいを考える方は、自治体サービスの利用のしやすさなども考慮に入れて決められると良いでしょう。

また家事や育児を手伝ってくれるのは自治体ばかりではありません。最近では「TIME TICKET」のように、個人間で時間の売買ができるサービスもあり、そのようなものを活用すると、一般的な家事代行サービスよりも安い金額で家事や育児を手伝ってくれます。

また企業によってはベビーシッター代を補助してくれる所もあるようですので、是非気持ちや時間に余裕があるときに、どのような力が借りられそうか、調べておきましょう。

家計をしっかり管理し、ゆとりある生活を目指そう!

専業主婦家庭より複雑で難しい!?共働き家庭の為の家計管理法をご紹介!

お金はあると使ってしまいがちです。しっかり管理をしていないと、あれだけたくさん夫婦で働き稼いだきたのに、いつの間にかなくなってしまいます。

特に共働きの場合、収入に余裕があるため、支出にルーズになりがちです。

しかし、いつまでも今のような収入が続くわけではなく、また突然の大きな出費が起こらないとも限りません。

そのようなときに困らないよう、忙しい中でもしっかり世帯の収支を把握し、無理なく続けられる節約をしながら、将来にわたってお金にも心にも余裕のある生活を送れるようにしましょう。

関連する記事

共働き世帯のほうが貯金が少ないってマジ?! まずは100万でも貯金をするためにできる、3つの貯金術

【あなたの家計はどのタイプ?】共働き家庭の家計管理法は主に4パターン!それぞれのメリットをまとめてみた

アプリを使って節約出来ちゃう!?すごい時代になりました!今日からあなたも節約上手!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com