• 子供用の教育費に必要な費用はいくら?いつからはじめるべき?最新学費の準備マニュアル

2017/09/13

貯める

2799views

子供用の教育費に必要な費用はいくら?いつからはじめるべき?最新学費の準備マニュアル

親になった人必読!本当に必要な学費を見極めて無理なく貯金を始めよう!

子供用の貯金を準備したい!いくら必要?いつから始める?最新学費準備マニュアル

あなたは学費がいくらくらいかかるかをご存知でしょうか?お子さんが幼稚園から大学生になるまでの間の学費をトータルすると、実は莫大な金額の学費が必要となります。

でも、大切なお子さんですから、少しでも多くの選択肢を与えてあげるために、学費に困らなくても良い対策をしておきたいですよね?

この記事では学費の目安と、学費を確保する方法を具体的に紹介します。

一人につき1000万円?2000万円?子供のための費用っていくらあれば大丈夫?

子供用の貯金を準備したい!いくら必要?いつから始める?最新学費準備マニュアル

お子さんにかかる学費は、公立の学校に通うのか、私立の学校に通うのかによって大きく変わります。

また、大学に行くのかどうかによっても変わりますし、学歴の途中から私立や公立に変わるのかによっても必要な学費はことなります。

まずは、必要な学費について詳しく紹介します。

驚愕!子供が社会人になるまでに必要な金額とは!

学習費調査(平成22年、文部科学省)によると、塾代や学校外教育費用も合わせた学費の平均は、公立幼稚園の合計で66.2万円、私立幼稚園で161.1万円かかります。

同様に、小学校は6年間で公立が182.1万円、私立が881万円かかります。

中学校の場合は3年間で公立が137.9万円、私立が383.8万円高校も3年間で公立が117.5万円、私立が275.4万円必要です。

もしも大学に通った場合には、平均445.3万円というデータがでています。

赤ちゃん時代から将来を見据えた資金準備をすれば毎月負担額は少なくなる!   

学費を貯め始めるにはいつごろからが良いのでしょうか?実はこれに関しては少しでも早いにこしたことはありません。

具体的にいうと、お子さんが産まれた段階で貯め始めることがオススメですし、実際にお子さんが誕生したらすぐに学資保険などに加入して対策を取り始められる人が多いようです。

教育資金はスタートダッシュが大切だと考えましょう。

学費を確保したい!今からでも遅くない?貯金を始める前に確認する5つのポイント

子供用の貯金を準備したい!いくら必要?いつから始める?最新学費準備マニュアル

学費の準備を始める時、ただやみくもに貯金をするだけでは貯まりにくいといわざるを得ません。

なぜなら、学費がいくらくらいかかるかの想定がなければ、わざわざ節約しようと思わないでしょうし、もしも学費のために貯えがあったとしても、他に必要な大きな出費が出た場合に、学費の準備金を転用してしまうという話もよく聞きます。

そんなことがないように、知っておきたいポイントを5つ紹介します。

幼稚園から大学まで、オール公立とオール私立ではこんなに差がある!

さきほど紹介したように、学費はとても大きな金額がかかります。特に私立の場合には公立よりも遥かに学費がかかり、全部公立でも1,000万円近く、全部私立だと2,000万円以上の学費が必要なのです。

もしも学費に充てられる金額が1,000万円までの場合、お子様が私立を選択しにくくなりますので、ある程度余裕をもって、私立を見越した貯えが望ましいでしょう。

学資保険だけで大丈夫?大学卒業までにかかる費用から考える本当に必要な金額

一般の学資保険は、受取額が100万円から300万円の間のものが多く、学費が1,000万円から2,000万円だとすると、到底足りません。

では、どうすれば効果的に学費を工面することができるのでしょうか?それは、高校までの学費は普段の生活日の中から捻出し、学資保険は大学進学に充てるという方法です。

教育費用は突発的に必要となるわけではありません。ただし、義務教育が終わると、入学時などで1回に支払う額も増えてしまいます。

高校や大学に必要な学費を、早めに少しずつ貯めておくことがコツといえます。

ある程度大きくなってから私立進学が視野に入ってきた場合は?

お子さんがある程度大きくなってから私立も視野に入って来た場合に、金策に慌ててしまう人もいらっしゃるようですが、それはお子さんの中で私立が視野に入って来たというだけで、親は最初から私立も視野に入れておく必要があります。

資金繰りの基本として、出費は多めに想定し、収入は少な目に想定しておくと、いざという時に慌てなくて済みます。やはり早めの準備が大切です。

高校入学・大学入学の年齢までに合わせて少しずつでも長続きさせるコツ

貯蓄を長続きさせるコツとして、定期預金など、一定期間引き出せないもので、金利の優遇を受けると良いでしょう。

なかでも、毎月自動的に積み立てが行われる自動積立預金は、半強制的に貯蓄が貯まっていきますので、有効な貯蓄の手段としてオススメです。

学費の貯金だけで自分たちの老後の貯金ゼロ!そんなことにならないための注意点

学費を捻出したのはいいけれど、自分たちの老後資金がなくなってしまっては、将来の生活に支障をきたしてしまいます。そんなことにならないように、ライフプランと必要資金の計画を立てておくことが大切です。

たとえば、あなたが40歳になったらマイホームの頭金にいくら必要、50歳になったらお子さんの大学費用がいくら必要、60歳までに老後資金としていくら貯めておくなど、人生において必要な資金繰りをプランニングすることが大切です。

学費はそのうちの一部だと考えておきましょう。

どうしても足りない場合はどうすればいい?奨学金や援助について知っておこう

子供用の貯金を準備したい!いくら必要?いつから始める?最新学費準備マニュアル

収入と生活費のバランスを考えると、どうしても学費が捻出できないという人もいらっしゃるかと思います。

そんな場合にはどうやって学費を工面すればいいのでしょうか?ここでは、奨学金制度を利用する方法や、親の援助を受けるという方法を紹介します。

奨学金って誰でも申し込める?・・・奨学金制度の仕組みをわかりやすく解説

能力があるにもかかわらず、経済的困難によって学ぶことができない人を支援するために、奨学金制度というものがあります。

国や自治体だけでなく、大学や民間企業が学資金を給付したり貸してくれたりする制度です。

大きく分けると、無利息の第一種利息がかかる第二種があり、学力や親の収入などの基準を満たせば採用となります。

無利息の第一種でまかないきれない場合に、第二種も借りるという流れが一般的となっています。

自分たちの親から学費の援助が期待できる場合の注意点とは?

親からの援助が期待できたとしても、親の老後資金を切り崩していないのかの注意が必要です。

親は可愛い孫のために、貯えを切り崩してでも援助してくれるかも知れませんが、ひょっとしたら老後資金にどれくらい必要なのか分からずに、今貯えがあるからという理由だけで貸してくれる場合があります。

あなたの世代の場合はこれから収入を増やす努力をすれば、何とかなることもあるかも知れませんが、親の世代の頼みの綱は年金だけだとすると、今後の収入増加は見込みにくいのが現実です。

援助を受ける場合にはそのあたりの配慮も必要です。

子供名義の貯金通帳は贈与税がかかるってホント!?

子ども名義の通帳に学費を貯えて行く場合によくある落とし穴として、その場合は贈与税がかかるということに気を付けなければなりません。この場合は親から子どもへの贈与とみなされてしまいます。

しかし、贈与税は1年間(1月1日から12月31日)に110万円以下の贈与に対しては課税されませんので、それまでの金額であれば問題ありません。

ただし、毎年110万円にちょっと満たない程度の入金を続けていると、贈与税をのがれるための実質的な贈与だとみなされる場合がありますので、金額設定には気を付けましょう。

子供の希望に合った進学先へ対応できるような資金準備と心構えを持つと同時にライフプランに備えた計画的な貯金をしよう

子供用の貯金を準備したい!いくら必要?いつから始める?最新学費準備マニュアル

学費は大事なお子さんの人生の選択肢を広げるために必要な資金です。お子さんが幼いころから将来に備えた準備をできるわけではありませんので、親であるあなたがしっかりと準備してあげましょう。

具体的なライフプランを描いておき、少しでも早く準備をすることが大切です。

関連する記事

【家計もダイエット】貯金で最も大切なのは「家計の見直し」。9つのポイントで家計も体もスッキリスリムにダイエットしよう!

ちょっと意識するだけで変えられる!お金が貯まる「ホクホク財布」の特徴5つ

ファミリー世帯の貯金平均額が1101万円ってホント?! 平均貯金額の実態を知ろう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「貯める」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com