2015/03/11

使う

1572views

支払いがほぼ一定になるからこそ、最大限に活用出来る!公共料金などの固定費こそクレジットカードで支払うべき2つの理由!

光熱費、保険料、通信費…といった公共料金、何で支払ってますか?

クレジットカード 公共料金


公共料金には電気代やガス代、携帯電話代、新聞、放送料金などがあります。
また国民年金保険料や自動車税、住民税、固定資産税も含まれますので、独身の方でも毎月それなりの額を支払っているはずです。
お子さんのいらっしゃる家族世帯であれば、公共料金の費用も馬鹿にはならないでしょう。


では生活をする上で欠かせない公共料金、あなたはどのような方法で支払っていますか?
何も手続きをしなければ請求書がご自宅に届きますので、面倒くさがり屋な人は1つ1つの請求書を持って、コンビニで支払いを済ませているかもしれません。
悪意が無くても、支払いを忘れてしまえば水道やガス、携帯電話が止められる可能性もあるため、引き落とし用の口座を銀行に作っている人もいらっしゃるでしょう。


もしも上記2つの方法から公共料金を支払っているのであれば、あなたは非常に損をしています!
なぜならクレジットカードを使っていれば、以下のような恩恵を得られていたのです。

固定費こそクレジットカードで支払うべき理由…それは、「ポイント」がつくから!

公共料金の支払いでクレジットカードを使用する最大の魅力は・・・ポイント還元にあります。
カード会社の運営しているホームページを確認すれば、支払い額に応じての還元率が簡単に見つかるはずです。


公共料金を含む固定費は月々に支払うべき金額がある程度決まっています。
8月は10万円かかったけれど、9月は3万円で済んだとはなりませんよね?

また日本に住んでいれば必ず払わなければいけませんので、少しでもお得に支払いをしていくべきでしょう。


クレジットカード払いの価値

電気代やガス代が1万円、携帯電話代が1万円、新聞購読費が3,500円、プロバイダー料金が3,500円だった場合、公共料金の額は合計2万7千円となります。
こちらは20代から30代の独身がモデルケースで、1年間では32万4千円を支払わなければいけません。


またお子さんが1人いらっしゃる家族世帯であれば、光熱費が2万4千円、携帯電話代が2万円、新聞購読費が3,500円、プロバイダー料金が3,500円ほどに膨れ上がるでしょう。
結果、1ヶ月で5万1千円となり、1年間なら61万2千円になります。


もしもポイント還元率1%のクレジットカードを利用して固定費を支払えば、モデルケース1つ目は年間で3,240円、2つ目は6,120円のポイントを得られるのです。
あまり大した額ではないと思われましたか?
しかし固定費はこれから先も、ずっと支払わなければいけない費用です。
10年20年単位で考えれば、かなりのポイントが獲得できます。


クレジットカード払いのメリット1

支払いが億劫になりがちな国民年金、こちらもクレジットカードの還元に対応しています。
平成26年度の保険料は月額15,250円でしたが、1年分を還元率1%のクレジットカードから前納したら、どれくらいお得になるのでしょう。


まず1年前納制度には前納割引が付いていますので、自動的に3,250円の割引が受けられます。
すると「(15,250円×12カ月-3,250円)×0.01=1,797円」もお得になるのです。
還元率2%のクレジットカードであれば、お得度も倍になるため、公共料金と合算すれば中々の額になりますよね。


クレジットカード払いのメリット2

最後にちょっとした裏技を紹介しておきます。
実は賃貸物件にお住まいであれば、クレジットカード払いに対応しているマンションやアパートも存在しているのです。
アパマンショップやマイナビ賃貸などの大手不動産会社にて、検索フォームに「クレジットカード」と入力すれば、簡単に見つけ出すことができるでしょう。

対応している物件数は沢山ありますし、家賃の支払いにクレジットカードが使えれば、1年間でのポイント還元数も結構な額となるでしょう。

クレジットカードで固定費を払うと、家計管理もカンタンお手軽になります。

クレジットカードは現金を持たずに支払いが行える便利なアイテムです。
つまり1枚のカードから固定費を支払ってしまえば、利用明細書を家計簿の代わりとして活かすこともできるのです。
何にいくら使ったのかが利用明細書から管理できれば、無駄な支出がどれかも簡単に分かるでしょ。


ただし複数のクレジットカードを利用してしまうと、明細書も増えるため管理が難しくなります。
複雑化しないためにも1枚に集中し、活用すべきでしょう。
また使い過ぎにも気を付けてください。

固定費こそ、クレジットカードを最大限に利用出来るチャンスなんです!

ポイント還元の魅力と家計管理のお手軽さを紹介しました。
固定費は毎月必ず発生する支出ですので、少しでもお得に支払っていくべきでしょう。
ポイントに魅力を感じたのであれば還元率の高いクレジットカードを、家計管理の大切さが身に染みた方は幅広いサービスに対応しているクレジットカードを探してみてください。


上手に使うことができれば、こんなに素晴らしいアイテムはありませんよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com