2017/01/11

使う

1626views

家計管理が改善?!デビットカードが節約にもたらすメリット4つ

現金で使った分と、クレジットカードで使った分のレシートを集めて……もうメンドクサーイ!

デビットカード 画像


クレジットカードを使用し家計簿を付けていると、カード払いをすれば後でまとめて一括で支払いうので、支払い時はお金の心配をする必要がありません。
しかし家計簿を付けるとなると、アプリを使えばクレジットカードと銀行を連携してカードの明細を付けてくれるようなものもありますが、いくら使ったのかレシートで確認することとなるでしょう。
そして現金を使用すればさらにレシートを保管しておき、現金の分とクレジットカードの分のレシートの管理ととても手間がかかります。


これはクレジットカードがどうしても後払いという性質のために、いくらつかったか把握しないとならないので、レシートや明細表が必要となるために、どうしても手間がかかります。
しかしこんな家計簿での手間が大変だと思っているなら、思い切ってデビットカードを使用してみるのも良いでしょう。
デビットカードなら、使った分だけしか口座から引き落とされないので、レシートでの管理の手間が省けます。

デビットカードが節約を劇的に変える4つの理由

デビットカード 理由 画像

1. 使った瞬間、使った分だけ銀行口座から即刻引き落とし!口座に入っている分だけしか使えません。

デビットカードはカード用の口座に入金されている金額の範囲でしか、支払いではカードが使えません。
口座の金額が0になるとデビットカードは使用できないです。
口座にお金が入っていれば、支払いで払った額がそのまますぐに口座から引き落とされる仕組みです。


クレジットカードのような後払いには使えませんが、口座のお金でしか支払いが出来ないので、使いすぎるという心配がないです。

2. カードを使う度に口座残高を確認せざるを得ない……だからムダ使いを防止!

デビットカードがあとどれぐらい使えるかを知るには、口座の残高を見るしか方法はないです。
しかし常にどれぐらいあと使えるかを把握するには、毎回口座残高を確認することとなりますので、無駄に使うようなことも防止できます。


たとえば、今月はデビットカードの口座のお金が少なくなってきたので、節約しながら生活しようなどと言うような意識も芽生えます。
また銀行によって口座から引き落とされたら、メールで通知されるような仕組みのあるところなら、デビットカードを使えばその都度メールで支払いの完了の通知が来るので、使ったことを確認でき、不正利用防止にも役立ちます。

3. 通帳を見れば1ヶ月間の履歴がまるわかり!通帳が家計簿代わりになります。

通帳には当然のことながら1ヶ月の入金と出金の記録が残ります。
このために通帳を見れば、何に支払いをしたのか、いつ入金をしたのかなどがすぐに分かり、通帳がある意味家計簿代わりとなります。


ただし項目ごとに整理したりするには、やはり家計簿を付けないとなりませんので、そのような場合は明細を自動的に記録してくれる家計簿ソフトやアプリを使うのが良いでしょう。


もしもネットバンクを口座として使うなら、webで口座の明細が記録されますので、そのままEXCELなどですぐに明細として整理することも出来ます。

4. クレカにも負けず劣らず?ポイント還元やキャッシュバックの機能もあります。

最近のデビットカードの多くはポイント還元やキャッシュバック機能もあり、クレジットカードと同じようになっています。
ポイント還元だと使用額の0.3%~1%ぐらい、キャシュバックだと使用額の0.5%前後の還元率となっています。
クレジットカードほど還元率は高くはないですが、現金払いをするよりはお得に使えます。


毎日デビットカードで支払いを行ってコツコツポイントを貯めるような使い方も出来、デビットカードなら電気代などの公共料金の支払いにも使えるので、毎月自動的にポイントが貯まるようにも出来ます。

クレジットカードはなんだかんだと使いすぎてしまいそう……そんな人にこそデビットカードはおススメ!

デビット オススメ 画像​​​​​​​


クレジットカードを持ちたいけど使いすぎるのが心配だという人は、デビットカードがおすすめです。
先にも記載したとおり、デビットカードなら口座の金額しか支払いに使えないので、使いすぎる心配もありません。


デビットカードもVISAやJCBブランドなっており、クレジットカードが使えるような場所では、多くのところでデビットカードも使えます。
またVISAなど海外で使える場所でもデビットカードは使えます。


クレジットカードと違い難しい審査もありませんので、中学生を除く15歳以上の方なら誰でも申込みが出来、高校生でも高齢者でも、ブラックの方でもカードを持つことが出来ます。
申込みをすればほとんどの方が問題なくデビットカードは持つことが出来るでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

関連記事

関連記事はまだありません。

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com