2021/05/11

借りる

1464views

学生や主婦、契約社員でもプロミスは利用できる?審査落ちしない方法を紹介!

夏休みなどの長期休暇に旅行や飲み会、帰省にお金がかかってしまったり、サークル活動での出費などなど、学生にはお金のピンチがつきものです。

「どうにかして今月だけ乗り切りたい」という理由でキャッシングを考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、学生という身分上「そもそも学生が借りれるのか?」という疑問はつきものです。

「キャッシングってなんだか怖い」というイメージを持っている人も多いことでしょう。

さらには、「親に通知が行ってしまいバレるんじゃないだろうか」という疑問もあるでしょう。

そんな方におすすめしたいのは、学生でも借りることができる「プロミス」を利用すること。

この記事では、アルバイトや契約社員、学生がプロミスを利用する方法や審査条件について解説していきます!

 

主婦や学生でも利用できる!プロミスの審査基準について

アルバイトや派遣社員、主婦の方は、正社員よりも社会的ステータスが低く見られがちです。アルバイトや派遣社員の方は収入が不安定であったり、長期雇用ではないというイメージがあり、そういった待遇の人が多いのも事実なのである程度は仕方のないことかもしれません。

しかしプロミスのカードローンなら、アルバイトや派遣社員でもお金を借りることができ、急にお金が必要になったときでも最短1時間で審査から借り入れを済ませることができます。

しかも、プロミスは三井住友銀行(SMBC)の傘下にあり業界トップレベルの信頼性を誇るため、計画的な借り入れをするのであれば、カードローンはピンチの時にとても役立つアイテムになるのです。

プロミスの審査に通る基準は?

「正社員じゃないけどカードローンの審査に通るの?」という疑問をお持ちの方が多いと思います。

実際、派遣社員やアルバイト、主婦だと収入が不安定だと見なされ、審査が通りづらくなるケースも多いです。

しかしプロミスであれば、正社員でなくとも審査をクリアしてお金を借りることができます。

プロミスの審査基準は以下の4点です。

・年齢:20〜69歳
・勤続年数
・他社の借り入れ状況
・過去に金融トラブルがない

審査基準の根底にあるのは、当たり前ですが『信用できる人かどうか』です。

信用できない人にはお金を貸したくない気持ちはわかりますよね。金融機関なのでその辺りのルールは厳重です。

勤続年数の落とし穴

派遣社員やアルバイトの方が審査に通るかどうかのキーは、勤続年数です。

アルバイト・派遣社員は雇用契約の都合上、短期雇用の方が非常に多いですが、いつ契約が終了し収入がゼロになるかが予想できないので貸付リスクが高いため、勤務年数1年未満であれば審査に落ちてしまう可能性があります
 

総量規制に注意

プロミスの審査を受ける上で必ず覚えておかなければならない制度が、「総量規制」です。総量規制は、年収の3割以上のお金を貸してはならないといった規制で、年収が低すぎると貸付可能額も低くなってしまいます。

プロミスでは「年齢・年収・借り入れ状況」を記入するだけで、自分が借りられるかどうかを判断できる「3秒診断」という簡易審査があります。

お金を借りられるかどうか一度チェックしてから申し込みをするのもいいですね。

また、プロミスのカードローンの審査通過率は46.6%です。アコムやアイフルの審査通過率は44%程度なので、他のカードローンと比べると審査に通りやすいということがわかります。

プロミスの審査でアルバイト・派遣社員が有利になる条件はある?

審査基準について解説しましたが、さらに審査に通りやすくなるためのポイントを深掘りしていきましょう。

住居の状況

賃貸よりも持ち家の方が審査に通りやすいです。賃貸の場合、毎月家賃を支払わなければなりません。しかし、持ち家であれば家賃の支払いがない分、返済能力は高くなります。

それだけではなく、持ち家の場合資産と見なされるので、万が一返済できなくなった場合に担保とすることができるという点でも審査が有利に進みます。

借り入れの状況

銀行系ローンや住宅ローンなどは借り入れには含まれません。

しかし、他の消費者金融の借り入れがあまりに多い場合は、そもそも返済できていないのに新しく借りるということは、“お金がないから返済できない” と判断されてしまい、返済能力に対する信用が落ちてしまいます。

これは、プロミスに限らずどこの消費者金融でも同じですが、借り入れ金額が少なければ少ないほど、審査にクリアしやすいです。

勤続年数や職種

前述しましたが、派遣社員やアルバイトは短期的な契約が多く、職を失う可能性が高いことがネックだと考えられます。

また、職種によっての審査の通りやすさに差があります。例えば、有資格者の専門職の方は、職を失うリスクが低いと考えられているため勤続年数が少なくても審査に通りやすいです。

プロミスの審査に必要な書類は?

プロミスのカードローンへの申し込みには以下の書類が必要です。

①本人確認書類

・運転免許書

・パスポートまたは健康保健所+1点(住民票など)

(※健康保険証+1点が必要なのは、来店して契約手続きをする場合)

・外国籍の方は、在留カードまたは特別永住者証明書

②収入証明書

借入金額が50万円以上あるいは、他社との借入額の合計金額が100万円を超える場合は、

・源泉徴収票(最新)または確定申告書(最新)または給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

(※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書)

在籍確認の電話をなしにできる

職場の人にはバレたくないという人のために、プロミスでは在籍確認を書類で済ませてくれる場合があります。

オペレーターに「在籍確認を書類にしたい」旨を伝えたあと、以下の書類を提出してください。

・会社の給与明細(2ヶ月分)

・社員証

・会社名の入った健康保険証

➡︎『プロミスは在籍確認なし?!勤務先に絶対にバレないようにする方法

こんな学生はプロミスの審査で不利になる

学生や主婦の方でもプロミスの審査に通る可能性はありますが、申込みの条件満たしていれば誰でも審査に通ってお金を借りれるというわけではありません。

では、どのような人が審査で不利になってしまうのでしょうか。以下で説明していきたいと思います。

奨学金を本人名義で借りている人

多くの人は奨学金を両親の名義で借りていることが多いでしょう。しかし、「両親に迷惑をかけたくない」という理由や「両親がいない」という理由で奨学金を本人名義で借りている方もいます。

そういった本人が奨学金(学生ローン)の場合は、信用情報機関に本人の借入金として登録されてしまうため、信用情報のステータス的が弱くなってしまいます。

もし、名義が両親の場合であれば両親どちらかの信用情報に借入金として登録されるため、学生本人の信用情報は無傷のままなので借りれる可能性は格段に上がります。

ただし、奨学金であれば返済もまだはじまっていないのであれば、少量であれば返済できるものとみなされ、借り入れが認められる可能性も十分にあります。

まずは審査を受けてみることをオススメします。

クレジットカードで滞納金がある

クレジットカードを持っている学生は多いと思いますが、クレジットカードで何度も滞納金が発生していたり、3ヵ月以上の滞納がある方は借りられる可能性がぐっと低くなってしまいます。これは、上記でも説明した信用情報機関に登録されている「信用情報」に傷がついてしまうためです。

消費者金融会社では、審査の際に信用情報機関に本人の信用情報を問い合わせます。その時、クレジットカードなどの滞納記録が見つかると、返済能力に疑問が生じてしまうためです。

返済能力がないと判断されてしまうと審査に通ることはできません。

携帯電話の分割決済で滞納したことがある人

これはあまり知られていないことなのですが、スマートフォンの購入代金を月々の料金の中に分割して入れるという「分割決済」は信用情報機関に「借り入れ」として登録されてしまうローンなのです。

ですので、実は分割決済の時に審査をやっていますし、信用機関に傷がついているいわゆる「ブラックリストに乗っている人」というのは分割決済を断られてしまいます。

そのため、「携帯電話の料金を先月払い忘れてしまった」ということが続くと、信用情報機関に登録されているスマートフォンの分割ローンという項目に傷がついてしまいます。場合によってはブラックリストに登録されてしまうこともあるのです。

返済能力がないとみなされれば、借入ができる可能性はぐっと下がってしまいますので、気を付けましょう。

プロミスは親バレなしで借り入れできる

しっかり自分で責任をもって返済していきたいので「親に変な心配をかけたくない」と思う学生の方は多いと思います。

プロミスでは親に一切知られずに借りることができます。一人暮らしと実家暮らしの場合で注意点をあげていきましょう。

一人暮らしの場合

一人暮らしの場合、本人確認書類である免許証や保険証の住所を実家にしている場合があります。

その場合は、本人確認書類とは別にガス代や電気代など公共料金の領収書が必用になります。

あと本人確認の電話は自分の携帯電話の番号で本人が出れば、大丈夫です。明細書もWEB明細書にすれば、WEBから確認するだけで済んでしまいます。

もうひとつ気を付ける点としては、仕送り用の通帳に振込指定をしてしまうと記帳した時に振込先が「プロミスから振込」と記帳されてしまうのでそこでバレてしまう可能性があります。

プロミスはカードが不要で振込で借り入れと返済を済ませることができるのがメリットですが、無人契約機からカードを発行するか、郵送でカードを送ってもらっても良いでしょう。

詳しくはSMBCプロミス詳細のページをご覧ください。

実家暮らしの場合

実家暮らしの場合、気を付ける点は以下の3つです。

明細書をWEB明細にする

郵送でローンカードを自宅に送らない

本人電話確認を自宅の電話にせず携帯にする

上記の一人暮らしの場合では振込指定より、ローンカードの発行をオススメしましたが、こちらは逆で銀行口座に振り込み指定をした方が良いでしょう。

なぜかというと、何かの拍子にローンカードの所持がわかってしまったり、うっかり無人契約機に入るところを家族やご近所さんに見られてしまう可能性もあるからです。実家の場合であれば、銀行口座に振り込み指定をしてから、キャッシュカードをつかってお金を引き出した方が親バレのリスクは低くできるでしょう。

プロミスの審査結果は電話?メール?

プロミスのカードローンに申し込みをすると、メールか電話で審査結果の連絡がきます

審査にかかる時間は最短30分なので、急ぎで現金が必要なときにも安心です。

もし、時間がたっても審査結果の連絡が来ない場合は、在籍確認が上手くいっていない、単純にプロミスカードローンへの申し込み数が増加していて対応に時間がかかっているといったことが考えられます。

「審査はどうなったんだろう?」と心配な方は、電話で問い合わせてみてもいいでしょう。

プロミスの審査に落ちたら再申し込みできる?

プロミスの審査に落ちてしまった場合、再申し込みをすることは可能です。

しかし、一度落ちているのであれば、今度審査に通る可能性はかなり低いと考えてください

この場合は、他の消費者金融に申し込みをするのがベストな方法ですが、注意すべきことが一点あります。

それは、信用情報が同じ金融機関に申し込みをしてもまた審査に落ちる可能性が高くなるということ。

そのため、万が一プロミスの審査に落ちてしまったら、消費者金融系のカードローンではなく、銀行系のカードローンに申し込みすることで、審査クリアのハードルが下がります。

まとめ

プロミスのカードローンは他の消費者金融に比べて審査に通りやすいので、学生でアルバイトをしている方や派遣社員、専業主婦におすすめです。

また、メガバンクである三井住友銀行の傘下にあることも安心できるポイントです。

カードローンの審査が心配…という方は、簡単3秒チェックでシミュレーションしてから申し込みをしてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com