2015/05/09

借りる

709views

プロミスはアルバイトや派遣社員でも借りれるのか?審査条件を徹底解説

ピンチの時こそ賢く使いたい!

社会的ステータスとして、どうしても正社員より低く見られてしまうのがアルバイトや派遣社員です。それは正社員に比べて収入が不安定だというイメージがあり、実際にそういった待遇の人が多いのでしかたのない事かもしれません。

しかし、不安定だからこそ急な出費の際の時、賢くやりくりできる手段を持っておきたいものです。

そんな時、役に立つのがプロミスのカードローンです。

プロミスのカードローンなら、アルバイトや派遣社員でもお金を借りることができ、急にお金が必要になったときでも最短1時間で審査から借り入れを済ませることができます。

とはいえ、お金を借りる「キャッシング」や「カードローン」に良いイメージを持っていない方も多いと思います。

確かにネット上には、簡単に借りることができるからといって「無駄な借り入れ」や「返す当てのない借り入れ」を繰り返して借金を重ねてしまうという話をよく聞きますし、悪質な金利の高い業者から借りてしまい、いつになっても借金が減らないという話も聞きます。

しかし、三井住友銀行(SMBC)の傘下にあり業界トップレベルの信頼性を誇るプロミスで、計画的な借り入れをするのであればカードローンというものはピンチの時にとても役立つアイテムになるのです。

プロミスなら派遣社員・アルバイトでも借りることができる !審査に通る!

「収入の安定した正社員じゃないけど、キャッシングの審査に通るの?」という疑問をお持ちの方は多いと思います。

「派遣社員やアルバイトだと、審査が厳しくて借りにくいのでは?」というイメージがあるかもしれませんが、心配はご無用です。プロミスであれば、正社員でなくとも簡単に審査に通ってお金を借りることができます。

プロミスが見ている点は以下の3点です。

・年収

・年齢

・勤続年数

・他社の借り入れ状況

年齢は20~69歳までという明確な規定もありますが、学生のアルバイトの方が借り入れを申し込むことなどもありますので、20歳で年収が100万円という場合と60歳で年収が100万円という場合は審査基準が若干違ってきます。

また、他社での借り入れは返済能力に影響してきますのでマイナスになります。

勤続年数の落とし穴

派遣社員やアルバイトの方で最も大切なのは、実は勤続年数です。

アルバイト・派遣社員は雇用契約の都合上、短期雇用の方が非常に多いです。短期間で収入が無くなる可能性の高い利用者は貸付リスクも高い、ということから、勤務年数1年未満であれば審査に落ちてしまう可能性があるのです。

総量規制に注意

プロミスの審査を受ける上で必ず覚えておかなければならない制度が、「総量規制」です。総量規制は、年収の3割以上のお金を貸してはならないといった規制で、年収が低すぎると貸付可能額も低くなってしまうのです。

プロミスでは「年齢・年収・借り入れ状況」を記入するだけで自分が借りられるかとうかという簡易的なチェックを受ける「3秒診断」というものがあります。

3byoushindan

上記にもあるように、クレジットカードのショッピング枠や、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローン、奨学金などは借り入れ金額には含まれません。

たいてい他に借入金額が多すぎない方であれば、問題なく審査は通るので安心してください。

プロミスの審査でアルバイト・派遣社員が有利になる条件とは?

上記でも少し述べましたが、プロミスの審査で有利になる条件とは何かという部分について詳しく解説していきます。

住居の状況

住居は賃貸よりも持ち家の方が審査に通りやすくなっています。
例えば、家賃5万円の家で一人暮らしをしていると、それだけで固定費として5万円が出ていきますし、光熱費など様々なお金が出ていくことがわかっています。固定費として出ていくお金が少ないだけ返済能力は高くなりますし、持ち家であればそれを資産として考えることもできるので、持ち家の方が有利なのです。

借り入れの状況

この場合、銀行系ローンや住宅ローンなどは借り入れには含まれません。

しかし、他の消費者金融の借り入れがあまりに多い場合は、「その借入を返せていないのにどうして新しく借り入れをしているのか」という疑問が生まれてきます。返済能力の信用が落ちてしまうのです。

ですから、借入はないのが一番です。

勤続年数や職種

上記でも述べましたが、一番大切な項目です。

派遣社員やアルバイトは短期的な契約が多く、職を失う可能性が高いことがネックだと考えられています。

また、職種によっての審査もあり、専門職の方であれば職を失うリスクが低いと考えられているため、勤続年数が少なくても審査に通りやすいのです。

審査のために必要な条件や書類は?

審査条件

プロミスを利用するために必要な条件は「年齢が20歳~69歳で、本人に安定した収入のある場合」となっております。
つまり、主婦や学生でも対象年齢を満たしていて、かつ派遣社員はもちろん、パートやアルバイトなどで安定した収入のある人なら、誰でも審査のうえで利用が可能という訳です。

では、安定した収入とは何でしょうか。

それは、月々の収入の大小ではく、少なくても毎月決まって収入があるかどうかということです。

なので、毎月決まった数だけシフトを入れて勤務している派遣社員やアルバイトであれば審査に通り利用することができます。逆に、高収入でも単発のアルバイトを繰り返して、コンスタントに収入がないという人だと審査は厳しくなってくるでしょう。

 

審査に必要な書類

審査に必要な書類は、基本的には本人確認書類である「運転免許証」があれば間違いないでしょう。

運転免許証がなければ、「保険証」「パスポート」が使えます。

必用書類は人によっては様々なので、詳しくは、「プロミスに必要な書類のまとめ」記事をご覧ください。

在籍確認の電話をなしにできる

派遣社員の方なら仕事で頻繁に電話を受けることがありますが、多くのアルバイトの方であると、会社に個人名で電話がかかってくることはまず少ないと思います。

例えばキッチンで料理を作っているアルバイトの方に「鈴木と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?」と電話がかかってくると、会社の人は不審に思いますし、感の良い人ならキャッシングの審査だなと感づいてしまいます。

そんな「できれば職場の人にはバレたくない」という人のために、プロミスでは「在籍確認を書類」で済ませてくれる場合があります。

・会社の給与明細(二か月分)

・社員証

・会社名の入った健康保険証

アルバイトの方であれば、2カ月分の給与明細を提出すれば良いでしょう。

その際は、オペレーターに「在籍確認を書類にしたい」旨を伝えましょう。

詳しくはこちらの記事「プロミスは書類提出で在籍確認の電話なし。絶対バレたくない方はプロミスがオススメ!」を参照してください。

初回は30日間無利息が便利!給料前やボーナス前のどうしてもという時に!

プロミスでは、はじめて契約する人には30日間無利息というサービスを行っています。

初回という一度だけですが、プロミスを知っておけば給料日前の急な出費やボーナス前の旅行にたいへん便利です。

お給料やボーナスが入ったときにまとめて返済すれば、手数料も利息も全くとられないので、損することはありません。

「今月はピンチ……だけど、キャッシングは利息が増えると返せないし……」とキャッシングに高いハードルを感じている方は一度プロミスで30日間無利息サービスを使ってみても良いでしょう。

無利息期間の対象は、初回出金の翌日から30日間。
この期間内であれば、追加利用分も無利息の対象になります。
例えば初回に5万円を借りて、追加で3万円を借りたとしても、その3万円も無利息の対象となる訳です。

30日無利息サービスの方法

書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択するだけで、30日間無利息というサービスが利用できます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com