2016/05/03

使う

1679views

家族住まいは、食器洗いを手で洗うより食洗機に変えた方が良い理由

キッチンは後片付けにもコストがかかる......

食洗器 洗い物 画像

料理を作るのが好きな人の中で、「皿洗いが…」という人も多いでしょう。
特に冬場水を使って皿洗いをするとしもやけとかひび割れが起きて大変という人もいるはずです。

 

自分で皿洗いをするのが面倒な人のために、食器洗い機が登場しています。
電気量販店などに行ってみると、比較的リーズナブルな価格で販売されている食器洗い機も見られます。

 

ところで皿洗い機と食器洗い機を比較して、人間の負担の軽減できることはわかるでしょう。
しかし水道料金や電気代など、コストの面で考えると食器洗い機はお金がかかるのではないか、と思っている人もいるかもしれません。
そこで自分で皿洗いをする場合と食器洗い機を使った場合で、どちらがお得かについて検証してみました。

データを見れば食器洗い機の方が経済的だった

食洗器 経済的 画像

最近の食器洗い機を見ると、水道代が節約できると宣伝している機種もしばしば見かけます。
ただ食器洗い機の場合、人の手洗いとは違って電気代もかかるし、本当にお得なのかわからないという人もいるでしょう。
結論からいってしまいますが、食器洗い機を使った方が経済的といえます。


ここからは、省エネルギーセンターという財団法人が発表している「家庭の省エネ大辞典」のデータに基づき見ていきます。
年間にかかるコストですが、手洗いの場合年間26000円・食器洗い機を利用した場合年間14,000円となります。
つまり食器洗い機を使った方が、年間1.2万円、1日25円のコストカットができるわけです。


ちなみにこの比較ですが、40度の給湯器を使って1回当たり65リットルの水量を使って手洗いをしているのと、給湯接続タイプで標準もーぼを使った食器洗い機とで比較しています。
水量65リットルは、大体水道を5分強使っているときに使用する量だと思いましょう。
年間で1万円以上節約できるのであれば、食器洗い機を導入する価値は十分あるはずです。

食器洗い機のメリットはコストだけじゃなかった!

食洗器 メリット 画像

手が荒れない

自分で皿洗いをする場合、特に冬場になるとあかぎれなどのトラブルが起こりやすくなります。

しかし食器洗い機を利用することで、自分の手を水に浸す必要もなくなります。

その結果、手荒れなどの心配をする必要もないわけです。

時間を取られない

だいたい皿洗いに10~20分程度の時間をかける人が多いでしょう。
しかし食器洗い機を利用すれば、だいたい5分くらいに短縮できます。
しかも食器洗い機をセットすれば、あとは自動でやってくれるのでその間を別の作業時間に充てることが可能です。


パナソニックで食器洗い機を欲しい理由についてアンケートを取りました。
その中でも断然のトップは「時間の節約になるから」で45.7%を占めました。

キレイに洗えてしっかり除菌

最近の食器洗い機は、高濃度の洗浄液を加熱して、噴射の力を使って汚れを吹き飛ばしてくれます。
また酵素の力を使って除菌などもしっかりと行ってくれるので、99%の除菌レベルが実現できるような機種も出てきています。


食事は毎日するもので、食器に乗せられた食べ物を私たちは口の中に入れます。
そう考えると、やはり清潔な食器でありたいと思うでしょう。
食器洗い機はそのような願望をしっかり具現化してくれます。

しかし使い方によってはコストがかかってしまうことも......

食洗器 コスト 画像

食器洗い機を使えば、普通であれば通常の皿洗いよりもコストカットができます。
しかし使い方を誤れば、逆に光熱費がかさんでしまうこともあり得ます。


まず食器洗い機を使うたびに乾燥機能を使わないことです。
乾燥機能を使うと、どうしても消費電力が大きくなります。
食器洗い機の中には乾燥機能オフにできるものもあるので、なるべく自然乾燥を心がけることが大事です。


食器洗い機を見てみると、洗浄コースをいくつか決められるようになっています。
この中でも丁寧という最も時間のかかるコースを使い続けるとどうしても電気代がかさみます。
普段は標準もしくはスピーディコースを利用するように心がけることが大事です。


食器洗い機を使用するときに注意すべきは専用の洗剤を利用しなければならず、手洗い用のものは使用できません。
手洗い用のものを使用すると泡の大量発生を招き、水漏れなどの故障を引き起こすからです。
専用の洗剤は市販の洗剤と比較して、高価なものが多いですから、セーブしながら使用するように心がけることが重要です。

結論:ファミリー世帯など洗い物が多い家庭は食器洗い機、単身世帯など洗い物が少ない家庭は手洗いの方がオトク

食器 画像

食器洗い機ですが、皿洗いの手間を省けるのは大きな魅力といえます。
しかしその一方で食器洗い機の場合、市販と比較すると高価な専用の洗剤を使う必要があります。
ですから1回当たりの食事でかなりの洗い物が生じる人が利用すべきといえるでしょう。


具体的には結婚しているファミリー世帯であれば、1度当たりの食事で洗わないといけない食器はたくさんあるでしょう。
また世の奥さん方はほかにもやるべき家事があるでしょうから、自動的に皿洗いをしてくれる機会があると効率的に時間を使えます。


しかし一人暮らしの世帯の場合、自炊をした場合でもそれほどたくさんの食器を洗わないといけない機会は少ないはずです。
そう考えると一度に自動的に皿洗いをしてくれる食器洗い機の魅力を十分引き出せないので、手洗いでも十分となるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com