2017/08/22

使う

1099views

高速道路を使うならETCカードは必需品!

高速道路

車を所有している方なら、一度くらいは高速道路を利用する事もあるのではないでしょうか。

高速道路は一般道と異なり、通行料を支払う必要があります……というと、「当たり前の事じゃないか!」と思われるかもしれませんが、その支払い方には2通りあり、その方法によって料金所で通るべきレーンが変わってしまいます。

1つは「一般レーン」。

これは、進行方向に係員のいるブースがあり、そのブースで一旦停止した後規定の料金を現金およびクレジットカードで支払う方式です。

料金を精算した後開閉バーを上げてもらい、通過していく形になります。

そしてもう1つが「ETCレーン」です。

ETCとは「電子料金収受システム(Electronic Toll Collection System)」の略称で2001年より本格的な運用が開始されたしくみです。

「ETC車載器」と呼ばれる機械を搭載した車両がETCレーンを通過すると、自動で「通過する車両の情報」や「入口・出口となった料金所」、「通行料」といった情報が無線通信で行われ、問題なければ開閉バーが上がりほぼノンストップで料金所を通行できる、という方式となります。

つどつど一時停止する必要がなく、さらにETCを利用したほうが通行料を安く抑えられたり、深夜・早朝割引などの多彩な割引サービスが用意されていたりと、高速道路を使うなら絶対に利用しておきたい支払方法と言えるでしょう。

 

ただし、ETCレーンを通過するには車載機はもちろんのこと、なによりも「ETCカード」が必要となります。

このETCカードは原則としてクレジットカードの付属品としてしか作成する事ができないため、ETCを利用するならどうしてもクレジットカードを1枚は作る必要があります

とはいえ、クレジットカードによってはETCカードの発行に手数料がかかったり、ETC通行料金はポイントの対象とならなかったりとすることもあるため、ETCカード目当てでクレジットカードを作る場合は、3つの点に注目する必要があります。

そこで、今回はETCカードの選び方から作り方までをまるっと解説していきましょう!

STEP1:まずは、ETCカードを作るクレジットカードを選ぶ。

ETCカード 選び方

先ほども述べたように、ETCカードは単独では申し込むことができません。

ETCカードの精算はクレジットカードで行われるため、まずはクレジットカードを発行する必要があります。

しかし、日本国内だけでもクレジットカードは1,000種類以上あると言っても過言ではなく、しかもどこの会社のものでも同じと言う訳にはいきません

なぜなら、クレジットカードには年会費が発生するものや還元率が低いものなど様々な種類があり、せっかく作ったまでは良かったものの、使用頻度が低いとかえって損をしてしまうケースがあるからです。

さらに、クレジットカード自体の機能は良かったとしても、ETCカードを主体として考えたとき、ETCカードに年会費や発行手数料がかかってしまっては元も子もありませんし、できれば無料で使いたいものですよね。

そこで、賢いETCカードとクレジットカードの選び方として、以下の3つの点を比較・検討してみましょう。

選び方その1:ETCカードの年会費や発行手数料は無料なところを選ぶこと!

クレジットカードやカード会社によりますが、ETCカードのなかには年会費がかかったり、発行手数料が発生したりするものがあります。

あまりETCカードを使う頻度は高くないのに、決して安くはない年会費や発行手数料を払うのでは、おトク感も薄れてしまいますし、そもそも無料で発行してもらいたいものですよね。

 

ETCカードに年会費や手数料がかかるものの例としては、

  • 三菱UFJニコス(MUFGカード・VIASOカード・To Me CARDなど)→新規発行手数料1,000円+税(※ゴールドカード以上で無料)、年会費無料
  • 楽天カード→年会費500円+税※楽天PointClubプラチナ会員以上なら無料
  • ビューカード(ビュー・スイカカード・ビックカメラSuicaカードなど)→年会費477円+税
  • ポケットカード(P-oneカードなど)→新規発行手数料1,000円+税、年会費1,000円+税

といったカード会社があげられます。

ですから基本的には、年会費や発行手数料が無料のものを選ぶのがコツになります。

選び方その2:年会費の発生するクレジットカードでも、条件を達成できるならそちらのほうがおトクになるかも。

「手元にお金がなくても買い物ができてしまうから使いすぎが怖い」という理由でクレジットカードを使用しないのは、実のところ非常にもったいない話です。

何故ならクレジットカードの使用には様々な特典があり、同じ支払いをするならクレジットカードならではのメリットがあるからです。

 

クレジットカードの使用頻度が低い場合は年会費が無料の方がいいと言えますが、一定の条件を満たした場合、年会費がかかっても有利になる場合があります。

年会費がかかるクレジットカードでもほとんどの場合初年度の会費は無料なのですが、2年目以後も使用実績があれば引き続き年会費はかからないカードも多くあります。

 

例えばJCB一般カードでは12月16日~翌年12月15日のショッピング実績が50万円以上かつ年会費振替月の前々月19日までにMyJチェック(WEB明細)」の登録をすれば翌年の年会費が無料となります。

公共料金や携帯電話代の月々支払いをクレジットカードから払うようにしていれば、条件達成はそれほど難しいものではありません。

公共料金などを銀行口座からの引き落としにしている人は、クレジットカードからの支払いに切り替える方が、還元分がお得になります。

 

また、クレジットカード選びの着目点は年会費や還元率だけではありません。

例えば海外旅行やショッピングガードの保険が付いているカードや、ボーナス払いOKでそれまで金利がかからないカードがあります。

他にも、家族カードを発行してくれて支払いがまとめてできるだけでなくポイントを合算してくれたり、ポイントの有効期限を無期限にしてくれたりするものもあります。

 

年会費がかかっても、このカードを持っているとお店でのサービスが違ってくるステータスのようなものまであるのです。

クレジットカード選びの着目点はたくさんありますので、バランスを考えメリット・デメリットを比較しながら選ぶことが大切になります。

 

もちろん、ETCカードの中にも条件を満たす事で年会費を無料にする事のできるカードは存在します。

基本的には「年1回以上の利用で無料」になりますので、クレジットカード本体との兼ね合いを見て、使いこなす事ができそうであればこちらを使ってみるのも良いでしょう。

  • 三井住友カード(三井住友VISAクラシックカード・ANA VISAカードなど)→年会費500円+税、初年度・年1回以上の利用で無料
  • dカード→年会費500円+税、初年度・年1回以上の利用で無料

選び方その3:ETCカードの利用分のポイントの扱いは必ずチェック!

クレジットカードといえば、ポイントによる還元が大きなメリットの1つです。

特にポイントが貯まる使途としては、毎月一定額のかかる家賃や光熱費といった固定費があげられますが、ETCによる通行料の支払も大きな金額ですよね。

たとえば東京-名古屋間であれば、片道7,090円(割引なし)の通行料がかかってしまいます。

往復ともなれば14,180円となりますから、1,000円=1ポイントだとしても、14ポイントも貯めることができてしまうのです。

しかし、クレジットカードの中にはETCカードの利用分はポイント付与の対象外となってしまうカードも稀にあります。

いくらクレジットカードやETCカードが無料だったとしても、ポイントが付かないのは少し惜しいですので、よほどの事が無い限りはこのようなクレジットカードは使わないほうが良いでしょう。

たとえば先ほど「ETCカードを作るのに年会費も発行手数料もかかってしまうカード」として名を挙げた「P-oneカード(ポケットカード)」。

こちらのカードは一般的なカードとは少し変わっており、ポイントが付かない代わりに「月間利用額の1%が自動で割引になる」というユニークな制度を採用しています。

ただし、ETC利用分は割引の対象外となってしまっているため、「ETC目的」という目線で見ると、P-oneカードは絶対に使わないほうが良いカード、と言えそうです。

(もちろん、日常的な買い物などに使う分には、人によってはポイントが付くカードよりもおトクと言えるかもしれません)

 

またこれは余談ではありますが……クレジットカード選びは年会費ばかり着目しがちですが、還元率も併せて検討する必要があります。

使用頻度が高かったり買い物する金額が大きければ年会費がかかっても還元率が高いカードを選んだ方がお得ですし、逆に使用頻度が低かったり買い物する金額が小さい場合は年会費無料のカードを選択する方が良いでしょう。

おまけ:クレジットカードもETCカードも年会費無料のおすすめカード3選

JCB一般カード

JCB一般カード

JCB 一般カード
発行会社 株式会社 ジェーシービー
ブランド JCB
年会費 無料(条件付き)
ポイント還元率 0.5%〜2.5%
電子マネー QUICPay
海外旅行保険 最大3,000万円
国内旅行保険 最大3,000万円

お申し込みはこちら

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
発行会社 クレディセゾン
ブランド VISA・MasterCard・JCB
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%
電子マネー iD・QUICPay
海外旅行保険 -
国内旅行保険 -

お申し込みはこちら

出光カードまいどプラス

出光カードまいどプラス

出光カード まいどプラス
発行会社 出光クレジット
ブランド VISA・JCB・MasterCard・American Express
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.45%
電子マネー Edy・nanaco・モバイルSuica・SMART ICOCA
海外旅行保険 -
国内旅行保険 -

お申し込みはこちら

STEP2:選んだクレジットカードに申し込み、同時発行してもらう。

ETCカード 申込

年会費、還元率などの条件と使用頻度や扱う金額とのバランスを考えて作るべきクレジットカードを選んだら、いよいよ申し込みを行っていきます。

クレジットカードの作り方としては

  • 郵送による申し込み
  • WEBからの申し込み

が用意されています。

最も手っ取り早いのは「WEB申し込み」ですが、本人確認のために運転免許証の番号や、引落し先登録のために銀行口座の番号入力が必要になる場面がありますので、申し込みを始める下準備として手元に用意しておくとスムーズに手続きが進みます。

 

申込自体はフォームに従って入力していけば簡単ですが、勤め先やローンなど借り入れの状況など審査に必要な項目は正確に登録しておきましょう。

というのも、カード会社は利用者の年齢、職業、ローンなど借り入れの状況、家族構成、持ち家の有無などさまざまな情報を元に、「この人は○○万円まで使える枠をあげても大丈夫!」という判断をするからです。

この申し込み項目に嘘の申告を紛れ込ませると、カード会社としては「この人はなにかやましいところがあるのだな」と判断し、たとえ他の項目が問題なかったとしても、その嘘1つで審査に落としてしまう可能性は十分あります。

ですので、申し込みの際には正確な情報を入力するようにし、誤字脱字などもしっかり確認しておきましょう。

 

なお、ETCカードはクレジットカードと同時発行する事ができます。

その際は、申し込みの際どこかに「ETCカードの発行も希望する」というような項目があるはずですので、そちらの申請を忘れずに行っておきましょう。

STEP3:あとは届くのを待つだけ!

郵便物 届く

申し込み手続きが終わったら、後は審査結果を待つだけです。

カード会社によってまちまちですが、審査結果は早ければ即日、遅くても1週間以内には結果が出ます。

問題なく審査に通れば数日後にはカード発送が行われますので、受け取ってください。

なお、クレジットカードは簡易書留で送られてきますので、不在だったからとポストにポイと放り込まれるわけではありません。

不在の場合は不在表がポストに入っているはずですので、普段家にいない方は定期的にポストをチェックしておきましょう。

 

また、場合によってはクレジットカードとETCカードが個別に送られてくることがあります。

別々に届く場合は往々にしてETCカードのほうが先に届いてしまうようですが、たとえクレジットカードが届いていなくてもETCカードが手元に来ればすぐに使用できますので、早速車載器に取りつけて作動することを確認しましょう。

クレジットカードの審査に通りさえすれば、拍子抜けするほどETCカードは簡単に作れる!

クレジットカード 簡単

ETCカードはクレジットカードの審査に通りさえすれば、おまけのような形で入手することができます。

ETCカードを作るのは難しそうだし面倒だなぁ……と思っている方は、やってみると入手の簡単さに拍子抜けしてしまうかもしれません。

実際のところはETC用車載器の取りつけの方が手間とコストがかかるのですが、最近の車では最初からETC車載器が搭載されているものもありますし、オンラインショップでETC車載機を購入して自分で取りつけると手間こそかかりますが、コスト的には安く済むこともあるでしょう。

なにはともあれ、高速の乗り降りでETCレーンを通過するときの簡単さやスムーズさを一度味わってしまうと、一般レーンに戻りたくなくなるのは断言できるでしょう。

 

とはいえ、ETCがいくら便利なものでも、ETCカード自体にコストが発生してしまっていてはその便利さも半減です。

ETCカードを持っていない人はもちろんのこと、今使っているETCカードやクレジットカードに年会費などのコストが発生している人は、お得なカードを新しく作ってみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com