2016/09/09

借りる

284views

プロミスのカードローン、審査基準は?他社と徹底比較!!

プロミスのキャッシング審査では、融資率が最も重要!


カードローンなどを利用してお金を借りるとき、やはり気になるのは「自分は本当にお金を借りることができるのかどうか?」ということではないでしょうか。

カードローンに限らず、ローン商品を利用するための審査は企業や商品によって千差万別です。


この記事では、消費者金融として日本でトップクラスのプロミスについて、その審査の難しさを検討していきたいと思います!


プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
金利4.5%〜17.8%
限度額500万円
審査時間すぐに審査9:00~21:00
融資スピード最短即日
担保・保証人不要
パート・アルバイト融資可能
無利息期間30日間

お申し込みはこちら
50万円以下なら、収入証明書が不要!


目次

1.プロミスのグループ会社や実績、タイプ、信用情報機関と保証会社の4項目から比較する

(1) グループ会社・関連会社​

(2) 売上高

(3) 銀行系 or 消費者金融 or 信販系?

(4) 信用情報機関と保証会社

2.プロミスの審査方法や対応の3項目から比較する

(5) 審査時間

(6) 自動審査の有無

(7) 融資スピード

3.プロミスの金利と口コミ・評判の2項目から比較する

(8) 実質年率(金利)

(9) 口コミ・評判

結論:プロミスの審査難易度は星4つです。


1.プロミスのグループ会社や業績、タイプ、信用情報機関と保証会社の4項目から比較する


キャッシングの審査の通りやすさというものは、審査を実際に行う人ではなく、ローン会社の企業体質や加盟信用情報機関、保証会社に依存します。

ですから、まずはプロミスの会社情報から審査の難易度について解剖していきましょう


(1) グループ会社・関連会社

カードローン会社のグループ会社や関連会社を知ることに、何の意義があるのか?とお思いの方もたくさんいることでしょう。


ローン事業を行う企業は、最近では銀行との再編や子会社化によって、金融機関とは切っても切れない関係となってきています。

銀行でも複数のローン会社を子会社化していたり、自行のローン商品の審査・保証業務を傘下の保証会社やローン会社に委託していることもあるため、「過去に関連会社のローンで事故を起こしてしまっていたため、審査に通るはずもなかった……」ということも考えられます。

逆に「関連会社のローンで一日も遅れることなく完済していたおかげで、銀行のローンに通りやすくなった」ということもありえなくはないのです。


ですから、まずは関連会社について知っていきましょう


えっ?「プロミス」なんて貸金企業は存在しない?!

実は「プロミス」のサービスを提供する企業名は「プロミス」ではないことをご存知でしょうか?

正式な社名は、「SMBCコンシューマーファイナンス」と言います。

「SMBC」とは「Sumitomo Mitsui Banking Corporation」の略称。

つまり、プロミスを運営する「SMBCコンシューマーファイナンス」は、三井住友銀行と何らかの関連があることがわかります。


それもそのはずで、SMBCコンシューマーファイナンスと三井住友銀行は、共に「三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)」の完全子会社になっています。


また、SMBCコンシューマーファイナンスの関連会社は以下の通りです。

  • アビリオ債権回収株式会社(債権回収会社)
  • 株式会社Doフィナンシャルサービス(信販事業)
  • 株式会社ネットフューチャー(テレマーケティング・ATM保守管理)
  • 株式会社エージーカード(クレジットカード事業)
  • プロミス香港
  • プロミスタイランド


(2) 売上高

会社の売上は、すなわち「その会社がどれだけの貸付を行い、また利用者がたくさんいるのか?」という指標になります。

ローン会社の利益は「金利」で賄われています。

ですから、貸し付けた分だけ金利の収入も増え、売上が増える、という論理は理解しやすいのではないでしょうか。

また、貸付額が多いということは、その企業は融資に積極的である、ということの証明にもなりますよね。


次の表は、有価証券報告書にて発表された、2013年4月〜2014年3月までの売上をまとめたものになります。


系統業者名連結売上単独売上





プロミス1,948億800万円1,647億2,800万円
アコム2,022億4,000万円1,556億5,900万円
アイフル918億5,800万円591億9,600万円
モビット-312億5,699万円


三井住友銀行
カードローン
-3兆1,059億9,200万円
みずほ銀行
カードローン
-2兆209億5,100万円
三菱東京UFJ銀行
カードローン
(バンクイック)
-3兆5,994億2,800万円
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン
(プレミアムコース)
-472億9,600万円

※銀行系は、カードローン部門以外の収益も含まれています。


2014年度のプロミスの売上は、以下の通りとなります。


連結:1,948億800万円

単独:1,647億2,800万円

(2014年3月期)


上記の表で比較して頂ければおわかり頂けるかと思いますが、上記4社の中では単独売上がトップとなっています。

ですから、プロミスはどの消費者金融よりも大規模な貸付や融資をおこなっていること、また利用者が多数にのぼることが伺えます。

それだけプロミスは融資に対して積極的であることが言える証拠ではないでしょうか。


(3) プロミスは「消費者金融系」カードローン。

カードローンは、業者によって3つの分類に分けることができます

その内訳は、

  • 銀行系カードローン

……銀行や信用金庫といった金融機関自体が貸付を行う。総量規制(年収による貸付額の制限)の対象外。

  • 消費者金融系カードローン

……貸付業務を主業務として行っている、在野の企業。

  • 信販系カードローン

……信販会社が貸付を行う。クレジットカードの機能として付属している「キャッシング」は、ほとんどが信販系。

の3つです。


審査の通りやすさとしては、

銀行系カードローン

< 信販系カードローン・キャッシング

< 消費者金融系カードローン
という順序になります。


プロミスは消費者金融系に属するカードローンとなります。

ただし、プロミスは三井住友銀行カードローンの保証会社にもなっているので、他の消費者金融と比較すると、やや通りやすい程度と考えましょう。


(4) 信用情報機関と保証会社

信用情報機関について

カードローンにおける審査とは、「この人にお金を貸して本当に大丈夫なのか?」ということを確かめるためのものです。

この際に企業側は必ず「個人信用情報」というものを参照します。


個人信用情報にはカードローンの申込状況や返済状況だけでなく、クレジットカードの返済状況や、携帯電話の端末代を分割払いで購入した際の支払情報まで、全ての「後払いに関するお金の情報」が載っているといっても過言ではありません

ですから、過去5年ぐらいの間に他社の金融会社で返済の遅延・延滞があった場合は、必ず信用情報に記載されてしまっているのです。


個人信用情報は、日本では以下の3つの「個人信用情報機関」という情報収集機関によって管理されています。

  • JICC[(株)日本信用情報機構]

……貸金業やクレジット会社、リース会社などが主に加盟する機関。

  • KSC[全国銀行個人信用情報センター]

……都市銀行や地方銀行、信用金庫や農協、労金などのいわゆる「金融機関」が加盟する機関。

  • CIC[(株)シーアイシー]

……クレジットカード会社や信販会社、携帯電話会社や消費者金融の加盟する機関。


ローン会社は、上記のうちのどれかに必ず加盟をしています。

もし、過去の事故情報が掲載されている信用情報機関に加盟をしている場合は、確実に過去の情報が筒抜けになりますので、お金を借りられることはほぼできない、と考えて差し支えないでしょう。

逆に、そのローン会社が加盟していない信用情報機関に事故情報が載っている場合は、無事お金を借りられる可能性もあります。


系統業者名保証会社JICCCICKSC





プロミスSMBCコンシューマーファイナンス-
アコムアコム-
アイフルアイフル-
モビットモビット-


三井住友銀行
カードローン
SMBCコンシューマーファイナンス-
みずほ銀行
カードローン
オリエントコーポレーション-
三菱東京UFJ銀行
カードローン
(バンクイック)
アコム-
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン
(プレミアムコース)
SMBCコンシューマーファイナンス-


プロミスが加盟・利用しているのはJICCとCICであり、KSCには加盟していません。

したがってKSCにネガティブな情報が登録されていても、JICCとCICに登録されていなければ審査には影響を与えない可能性が高いでしょう。

逆に、CICかJICCどちらかに事故情報が載っていると、審査に通る確率は0%に近くなると言えますので、心配であればまずは自身の信用情報を開示してみることをおススメします


保証会社について

保証会社とは、実際の審査を行う会社となります。

もしも「この人にはお金を貸して大丈夫」と審査を通した人が延滞を起こしてしまった場合は、この保証会社が融資元に返済分の補填をしてくれるのです。

実は、一見するとなんの関連性もなさそうなローン会社同士でも、同じ保証会社を利用している場合が多々あります。

ですから、過去に事故を起こしてしまった人は、同じ保証会社のローン審査には全く通らなくなってしまうこともあるのです。


プロミスの場合は、プロミス自体が保証会社となりますから、プロミス内で審査から融資まで一貫して行っていることが伺えますよね。

ただし、三井住友銀行カードローンやジャパンネット銀行ネットキャッシング、スルガ銀行フリーローンなどの保証会社もプロミスは請け負っていますから、これらの金融機関で延滞や遅延などの事故情報が過去にあると、審査に通るのは厳しくなってきます。


お申し込みはこちら

2.プロミスの審査時間・方法を3項目から比較する



(5) 審査時間

一度でも飛行機に乗ったことがある方はおわかりになるかと思いますが、飛行機に乗る際には搭乗前に「手荷物検査」があります。

もし、A社の手荷物検査は10秒で終わり、B社の手荷物検査は1分かかる、となった場合、どちらのほうがセキュリティが厳重である、と言えるでしょうか?

もちろん、B社の方が「じっくりと検査をしている」わけですから、それなりに厳しいセキュリティを敷いていることがわかりますよね。


このことは、カードローンの審査にも言えます。

カードローンやキャッシングでは審査時間は早いほうが望ましいのは言うまでもないことで、早ければ早いほど審査に通るか可能性が高い傾向があります

なお、全ての業者に言えることではありますが、申込の曜日や時間帯によっては、審査結果の開示や融資可能日が翌日以降になる場合もありますので、注意が必要です。


系統業者名審査時間契約可能時間即日融資即日振込可能時間





プロミス最短30〜40分9時〜21時原則平日14時50分まで
アコム最短30分9時〜21時原則平日14時まで
アイフル最短30分9時〜21時原則平日14時10分まで
モビット最短30分9時〜21時平日14時50分まで


三井住友銀行
カードローン
最短30分9時〜21時-
みずほ銀行
カードローン
原則即日(要口座)。
申込が午後の場合は、翌営業日となる場合も。
9時〜17時-
三菱東京UFJ銀行
カードローン
(バンクイック)
最短30〜40分9時〜20時(平日)
10時〜18時(土祝)
10時〜17時(日)
-
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン
(プレミアムコース)
数日間9時〜19時(平日)
9時〜17時(土日祝日)
×-


プロミスでは、申込が完了した時点で仮審査が行われ、完了後の画面で借入限度の予想額が表示されます

ですから、言ってしまえば10秒ほどで大まかな審査が完了している、と言っても過言ではないでしょう。


ただし、これは後述するコンピュータによる自動審査によって機械的に判断されたものですので、この後に人の手による本審査が始まります。

この本審査ではおよそ30〜40分程度の時間がかかりますので、注意が必要です。


(6) 自動審査の有無

会社によっては、コンピュータによる自動審査を導入しているところがあります。

コンピュータによる一律的な審査を行うことによって、審査スピードを速めたり、会社側の手間を減らすことができるのです。


また、人による審査ではなくマニュアル化された機械的な審査となっているため、審査担当者の思惑などが介在しませんから、よくわからないままに審査に落とされることはなくなるでしょう。

入力する内容は年収状況や他社からの借入状況等の情報となり、この記入値いかんで審査結果が変わってきます。


プロミスでは、システム(機械)による自動審査を行っています

申込完了後の画面で、大まかな借入限度の予想額が表示されますが、これは自動審査によって算出された額です。

ですので、申込後にこの画面が表示された場合は、第一の関門を突破したということを表します

とはいえ、次に行われる人の手による本審査の段階で審査落ち、ということもままありますので、あくまで目安として考えておきましょう

また、この自動審査が行われるのは9:00〜21:00の間となります。

この時間外に申込を行った場合は、メールか電話による審査結果の開示を待ちましょう。


(7) 融資スピード

融資までのスピードは、つまり審査にかかる時間によって変動すると言っても過言ではないでしょう。

融資までのスピードが速いほど、審査に柔軟に対応していることの証明となります。


プロミスでは、最短30分で審査が完了し、その後自動審査機を利用した契約をした場合に限り、即日で融資が行えます

この契約作業にさらに30分程度かかるかと思われますので、およそ1時間から2時間程度見ておけば、申込をしたその日中にお金を借りることも可能です。

ただし、平日14時50分までの申込が即日融資の条件となりますので、余裕を持った申込を行いましょう。


お申し込みはこちら

3.プロミスの金利と口コミ・評判の2項目から比較する



(8) 実質年率(金利)

誰しも、お金を借りるなら低金利で……と思うのは、当たり前のことですよね。

ですが、自分がお金を貸す側だったとしたら「低い金利で貸してしまって、踏み倒されでもしたら大変だ!」と思う方がほとんどではないでしょうか。


ローン会社ももちろん同じ考えを持つ訳ですから、もしも金利を低く貸すのであれば、「この人は貸し倒れのリスクが少ない!」という人にしか貸したくないわけです。

ですから、最高金利が低いローン商品は、必然的に「審査がかなり厳しい」ということが言えますし、逆に最高金利が法で定められた最高金利と同じくらいであれば、審査に通る人の幅が広まる、ということになります。


なお、貸出限度額が大きかったり、信用情報が非常に高評価であると金利が低くなると言われています。

しかし、初めての借入時から金利が低いことはあまりなく、ほとんどの方が最高金利からのスタートとなりますので、最低金利を気にする必要はありません

よくローンの比較サイトでは最低金利を強調して宣伝しているところが見受けられますが、実際に注目すべきところは最高金利ですので、この点は覚えておきましょう。


系統業者名金利遅延損害金





プロミス4.5〜17.8%20.0%
アコム4.7〜18.0%20.0%
アイフル4.5〜18.0%20.0%
モビット3.0〜18.0%20.0%


三井住友銀行カードローン4.0〜14.5%19.94%
みずほ銀行カードローン4.0〜14.0%19.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン
(バンクイック)
4.6〜14.6%14.6%
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン(プレミアムコース)
1.99〜7.99%20.0%


プロミスの実質年率(金利)は、4.8%~17.8%です。

さすがに銀行系カードローンとは比べ物にはなりませんが、主要な消費者金融系カードローンの中では比較的低金利での融資を行っています。

ですから、消費者金融系とは言えど、審査は少し厳しめになっているかもしれません。


(9) 口コミ・評判

カードローンに限らずどんな商品であっても、実際の利用者による評価や口コミほど有用な情報はありません

ここでは、ネット上にあふれる実際の口コミをまとめてみましたので、良い口コミ・悪い口コミともに参考にしてみましょう


評価の高い口コミ

・パソコンで、いろんな口コミを見てみると、プロミスは審査基準が厳しいけれど、対応がいいというものが多かったので、プロミスに融資の申込をしました。

希望額の50万は30万で決定しました。

でも、30万あれば十分よかったので助かっています。

対応はどうかというと、とてもすがすがしいものでした。


・父が以前利用していましたが、無理な返済を迫ってくる事も無く、返済期限を延期して貰えた事は高評価です。


・お金が急に必要になった時に助かりました。

手続きも思っていたほど時間もかからずに借り入れすることができました


評価の悪い口コミ

・プロミスは申し込みにかかる時間が短いと聞いていたので利用。

とにかく急にお金が必要になったのでその日に振り込んでもらわなければいけませんでした。

でも審査がまず長い!全然スピード審査じゃない

しかも何時間もかかったうえに結局は審査アウトでした。


お申し込みはこちら


結論:プロミスの審査難易度は星4つ(★★★★☆)です。



ここまで、9項目からプロミスの審査について調査してみました。

結局、プロミスは審査に通りやすいカードローンなのでしょうか?

マネストがプロミスの審査難易度を星で評価すると、こうなりました。

プロミスの審査難易度★★★★☆

プロミスの審査難易度は、「銀行系カードローンよりは易しいけれど、一般的な消費者金融系ほど甘くはない」ということで、星4つとなりました。


実は、プロミスやアコムといった消費者金融は、毎月「新規成約率」というデータを公表しています。

以下に主な消費者金融のデータをまとめてみましたので、ご覧下さい。


系統業者名2013/32014/32015/3





プロミス43.4%40.5%40.6%
アコム46.4%48.3%47.3%
アイフル41.4%44.2%44.2%
モビット非公表


見て頂ければおわかり頂けるかと思いますが、ここ2年の間は3社のうち最も新規成約率が低いことが明らかです

とはいえ、上記4社の中では最も金利が低く、売上額も高いことから、十分審査に通る可能性はありますので、まずは仮審査を受けてみることをおススメします


プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
金利4.5%〜17.8%
限度額500万円
審査時間すぐに審査9:00~21:00
融資スピード最短即日
担保・保証人不要
パート・アルバイト融資可能
無利息期間30日間

お申し込みはこちら
50万円以下なら、収入証明書が不要!


プロミスの審査に通る人・通らない人とは?

プロミス 審査

結局自分は審査に通るの?それとも落ちてしまうの?

審査難易度が星4つと言われても……つまり自分は審査に通るの?落ちるの?」とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

そこで、プロミスの審査に通りやすい人・落ちやすい人の目安をまとめてみました。

あくまでも目安ですので、あなたが「通りやすい人」の条件に該当していても、他の理由で審査落ちしてしまう可能性はありますので、参考程度に覚えておいて頂ければと思います。

プロミスの審査に通りやすい人

  • 安定した収入源があり、最低でも1年以上同じ職場に勤めている
  • 過去に支払の遅れや踏み倒しが無く、信用情報がきれい
  • 借り入れ希望額が少ない
  • 担当者への電話応対等が丁寧で、誠実そうな印象がある
  • 申込時の記入項目が全てしっかり埋まっており、誤字脱字や嘘の申告をしていない

プロミスの審査に落ちやすい人

  • 勤続年数が1年未満と短い

※審査に通る可能性もありますが、借入限度額が低いこともあります

  • 会社員に比べて収入が不安定な自営業や経営者
  • 過去に他社のローンやクレジットカードの支払が何度も遅れてしまっているなど、信用情報に傷がついている
  • 借り入れの希望額が大きい
  • プロミス以外に最低でも3社以上、同時期にローンの申込をしている
  • プロミス以外の他社から、高額な借り入れをしている
  • 担当者との電話で、態度が横柄だったりと、不誠実そうな印象がある
  • 申込時に必要な項目を全て埋めない、また誤字脱字があったり嘘をついた内容を記入している
  • 過去にプロミスとローンの取引をした際、返済トラブルがあった
  • プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)保証の銀行ローンで遅延や延滞といったトラブルを起こしたことがある

あなたは借りられる?プロミスの申込条件

カードローンにまつわるよくある疑問として、「自分は正社員じゃなくてアルバイトなんだけど借りられる?」「外国籍だけど借りられる?」など、自身の社会的属性は問題にならないのだろうか……というものがあります。

気になっている方は、下記の中から自分の属性を箇所をご覧ください。

正社員でも借りられる?

正社員なら問題ありません。

借り入れ限度額は500万円となりますが、下記条件のどちらかに該当すると、収入証明書の提出が必要となります。

  • 借入希望額が50万円以上の場合
  • 他社借入額と借入希望額の合計が100万円を超える場合

収入証明書として利用出来る書類は、

  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 直近2ヶ月の給与明細書+1年分の賞与明細書

の3種類です。

このうち1種類を提出する必要がありますので、該当する場合は先に用意をして申込を行いましょう。

フリーターやパート・アルバイトで生活してるけど借りられる?

正社員と同じく、借り入れは問題ありません。

安定した収入があること」が条件となりますので、その他信用情報に問題があったり、年収に比べて大きい金額を希望したりといった問題が無ければ、基本的には借りられるかと思われます。

こちらも限度額は500万円で、50万円までの希望であれば収入証明書は必要ありません

自営業や経営者だけど借りられる?

申し込むことはもちろん可能ですが、審査に通るかどうかはプロミス次第と言えます。

自営業や経営者は、会社員やパート・アルバイトと比べると「収入が安定していない」と判断されがちなため、審査に通っても借入可能額が希望額よりも少ない可能性もあります。

もちろん限度額は500万円収入証明書も50万円までであれば必要ありません

外国籍だけど借りられる?

プロミスでは外国籍でも借り入れは可能ですが、外国人が借入を行うには安定した収入の他に、2つの条件を満たす必要があります。

その条件は、以下の2つです。

  • 永住許可を受けていること
  • 日本語の読み書きができること

外国籍の方が申込をする際には、在留カードもしくは特別永住者証明書のどちらかを提出する必要があります。

就労ビザなどで滞在している方は申込条件を満たしていないことになりますので、借り入れはできません。

また、日本人の友人などの通訳を介して申込をすることも認められていませんので、自分で契約内容が理解でき、オペレーターとの会話が問題無い程度の日本語レベルが必要です。


外国籍の方の場合も限度額は500万円50万円までは収入証明書が必要ありません

専業主婦だけど借りられる?

プロミスは消費者金融となりますので、年収の1/3以上の借入を制限する総量規制の対象となります。

専業主婦の場合は収入がありませんから、年収の1/3は0です。

ですから、専業主婦の方の場合は、プロミスだけでなく全ての消費者金融での借入は不可能となります。


専業主婦の方が借入を行う場合は、三井住友銀行カードローンみずほ銀行カードローンイオン銀行カードローンBIGといった総量規制の対象外となる銀行系カードローンを利用するしかありません。

また、配偶者にバレてしまっても問題無いようでしたら、旦那様にお金を借りてもらうのも1つの手です。

学生だけど借りられる?

プロミスの申込で必ず満たしていなければいけない条件は、申込可能な年齢に達していることと、定期的で安定した収入があることです。

ですから学生であっても、下記2つの条件を満たせば借りることは可能です。

  1. 満20歳以上であること
  2. アルバイトで定期的な収入が見込めること

こちらも限度額は500万円収入証明書は50万円までの希望であれば必要ありません

定年退職しているけど借りられる?

定年退職していてもプロミスで借りることは可能ですが、満69歳以下の方のみが対象となります。

69歳以上になると申込条件を外れてしまいますので、借入は完全に不可能になります。


また、収入状況によっても借入できるかどうかが変わります

定年退職後もアルバイトや嘱託職員として定期的な収入が見込めるのであれば、500万円まで借り入れることが可能です。

また65歳以上の方は年金の支給がありますが、この年金は「定期的な収入」として認められないとされています。

ただし、年金+その他の定期的な収入(アルバイトなどで得た給料)があれば、審査に通る可能性はもちろんあります

もちろん50万円以上の借入の際には、収入証明書が必要となりますので、先に用意をしておきましょう。

自分でも借りられそうかも!そう思ったら早速申込をしてみよう!

プロミスのメリットといえば、なんと言っても初回の借入であれば30日間は無利息となることでしょう。

他に無利息サービスを行っている主な企業といえば、アコム新生銀行カードローン・レイクです。

特にプロミスの場合は、

  • 初めてプロミスを利用する
  • Eメールアドレスを登録の上、WEB明細を利用する

という2つの条件を満たすだけで、「初めて借入を行った日の翌日から30日間」無利息となります。

「契約日翌日から」とならないところが嬉しい点ですよね。


また、プロミスは他の消費者金融よりも、上限金利が少しだけ低く設定されているのもメリットの1つです。

たとえば、先ほど無利息サービスを行っている企業として紹介したアコムは4.7〜18.0%、新生銀行カードローン・レイクでは4.5〜18.0%となっています。

しかしプロミスでは4.5〜17.8%と、0.2%だけではありますが金利が低く設定されています。

たとえば100万円を30日間借りたとすると、18%の金利となる場合は14,740円の利息が発生します。

対して17.8%のプロミスの場合は、14,610円が利息となります。

その差は30日間だけですと130円しかありませんが、長期の借入になればなるほどこの差は大きくなっていきますから、プロミスは断然おトクと言えますよね。


そんなプロミスでは、借入診断のサービスを設けています。

生年月日と年収、他社からの借入金額を記入するだけで簡単に診断できますから、プロミスでの借入をお考えの方は、まずは借入診断から行ってみましょう!


プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
金利4.5%〜17.8%
限度額500万円
審査時間すぐに審査9:00~21:00
融資スピード最短即日
担保・保証人不要
パート・アルバイト融資可能
無利息期間30日間

お申し込みはこちら
50万円以下なら、収入証明書が不要!


この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

関連記事

関連記事はまだありません。

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com