2016/03/01

使う

8606views

子連れ旅行でも大丈夫!誰でもできる家族旅行の節約方法について大公開!

大型連休は旅行に行きたーい!けど......子連れって何かとお金がかかる...

家族旅行 画像

ゴールデンウィークなど大型連休は、家族連れでどこかに遊びに行くことも多いでしょう。
家族揃ってのレジャーは子供も楽しみにしているはずです。
しかし旅行に行くなどする場合は、何かとお金がかかるものです。
宿泊費用に食事代に移動費と、あっという間に予算オーバーしてしまうこともあります。

 

旅行に行くなら少しでも節約したいと思うものでしょう。
工夫次第では節約できるものはいくつもあります。
そんな節約方法を今回はご紹介しますので、家族旅行の参考にして下さい。

家族旅行で少しでも費用を浮かせるコツ

家族旅行 節約

飲み物は持参する

移動中や宿泊中など、飲み物は子供も欲しがりますし、親だって喉が渇くことがあります。
そのたびにジュースなどを買っていては、出費が嵩みます。
旅行で節約するなら基本は、飲み物を家で作って持参していくことです。
ポカリスウェットなどやお茶など、大きめの水筒に作って持っていけば、旅行中に飲み物を買わないで済むでしょう。

 

予め作れば、旅行中に缶ジュースなどを買うよりも費用も安いです。
スーパーなどの安売りの飲み物を買って持っていくのも良いでしょう。

子どもの洋服は少し多めに持っていく

子供の洋服は多めに持っていた方が良いです。
特に下着は多めに持っていき、旅先で何かあった場合の替えがすぐに出来るようにしておきましょう。
下着のみならず、衣類は汚すことも多いので、旅先で替えの服がないとそのまま着るか、最悪現地で買わないといけなくなります。

念のためにレインコートを持っていく

必ずレインコートは持っていきましょう。
旅先で雨が降ることもあります。
そんな時は、大雨になると傘では服が濡れてしまうので、いざというときのために用意しておきましょう。
現地で雨が降っているのに、傘もレインコートも無いとなると、買わなければならず、見つからなければ旅行どころではありません。

子どもの食事代、寝具代はあらかじめホテルに確認をとる

ホテルによっては子供の宿泊によって、料金が変わるところもあります。
小さい子供ならホテル代が無料になるところや、逆に子供がいると食事代が割り増しになるようなところもあります。
必ず旅行前に確認してきましょう。

 

小さい子供なら、添い寝プランというのもありますので、それを利用すると子供料金は無料というホテルもあります。
また大人の料理で子供が食べれそうなものを分けてあげれば、子供の食事代も浮かせられます。

食事はバイキング形式が鉄板!

食事代を浮かせるなら、ホテルではバイキング形式のところを選びましょう。
そしてバイキングで、家族全員しっかりとお腹いっぱい好きなだけ食事をして、他の場所で間食などをしないようにするのです。
ただし食べ過ぎると苦しくなって、その後が大変になるので、ほどほどにしておいた方がいいでしょう。

レジャー施設に行く際は、事前にクーポン券をGETせよ!

レジャー施設 クーポン

施設のホームページにアクセスする

利用するホテルやレジャー施設のホームページに是非ともアクセスしておきましょう。
サイトによっては、クーポン券を発行しているところもあり、印刷して提示すると割引きになることも多いです。
またホテルなら、インターネット予約をすれば宿泊代が割引きになるところもあるので、確認しておいた方が良いでしょう。

クレジットカードなどの優待制度を確認する

クレジットカードによっては、優待割引などの特典のあるカードもあります。
提携しているホテルの宿泊代が割引きになったり、対象のレジャー施設でカードを提示すると割引き料金で利用できることも多いです。
もしもクレジットカードを持っているなら、優待割引がないか調べてみましょう。

その地域の観光協会や慣行案内所に立ち寄る

旅行先の観光協会や観光案内所によると、割引クーポンが置いてあることもありますので、目的の施設のものがあれば利用すると良いでしょう。
その地域の観光協会のホームページでも割引きクーポンを発行している場合も多いです。

家族旅行は賢く楽しみましょう

家族旅行 節約 楽しむ

いかがでしょうか?
家族旅行に行くなら、節約してお財布にも優しくして、家族で楽しむ方が良いかと思われます。
身軽にしようと思って、あまり用意もせずに旅行に行くと、現地であれもこれも買うこととなり大きな出費を強いられます。
家で用意できる物は用意する、割引クーポンやチケットを利用するというのが旅行の節約の基本になります。
また移動費でも、電車でも飛行機でも、早い時期に予約すれば割引き価格で利用できることも多いです。


今回紹介したような節約方法を是非とも試してみて下さい。

その他にも節約方法としては、ホテルにあるティーバッグでお茶を作る、車での移動なら必要な分だけ入れて軽くして燃費を良くする、旅行での買い物はクレジットカード払いにしてポイントを貯めるなどの方法もあります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com