2016/04/02

お金の雑学

3270views

えっ、ワタシの年収が低いのは睡眠のせい?年収と睡眠の深い関係をキャッチ!

年収と睡眠は実は繋がっていた......!

睡眠 画像


年収が低いとお嘆きのあなたは、その原因が収入の低い会社にいるからとか、低いレベルの大学にしか行っていないからなどと思っていませんか?
意外にも年収に関係のあるのは睡眠だというのは、誰もが信じない話かもしれません。
しかしながら、睡眠不足なら十分に仕事で力が発揮できないなどと、収入に関係する部分はあります。


まずは十分に睡眠を取って、仕事を最大限の力で行えば、いつのまにか年収も上がっているかもしれません。
収入を増やしたいと考えている方は、一度自分の睡眠を見直してみると良いでしょう。

寝る子は育つは本当だった!?高収入の人ほどよく眠ることが判明!

高収入 睡眠


寝る子は育つという言葉はありますが、寝る子は収入は多いのでしょうか?
睡眠と年収の関係を調べたデータによると、年収が高い人ほど睡眠時間が長くなる傾向にあり、年収1,000円以上の方は睡眠時間8時間以上の方が多いです。
また平均年収が高い人は朝方の人が多く、朝から活動している、というデータもあります。


もちろん年収の低い方でも睡眠時間の長い方、夜型の人でも収入の高い方はいるかもしれませんが、全体的に見ると年収が高いほど睡眠時間が長く朝方の人が多いと言うことになります。
十分に眠れるような生活に改善すると、収入面でも変化が出てくるかもしれません。

年収アップも夢じゃない!?健康的な睡眠を手に入れるためにすべきこと

睡眠 環境

ベッドは窓から離れたところに置く

窓の近くで眠って太陽の日射しに合わせて起きる人もいるかもしれませんが、そうすると冬は日の出が遅く、夏は日の出が早いので時間がバラバラになります。
そのためにベッドは窓から離れた場所に置く方が毎日一定のリズムで起きられます。
ベッドを動かすことが出来ないなら、遮光カーテンなどを付けると良いです。
またベッドを取り除いて布団にするという方法もあります。

寝具は青色のものを選ぶ

色は人の気持ちに影響を与えます。
赤い色は闘牛が興奮するように、人も色によって感情に影響を受けます。
青色が睡眠を誘発し心を落ち着かせますので、寝具は青い色のものを使うと心地よく眠れます。

枕を買い替える

睡眠には枕の高さも重要です。
自分に合った高さの枕でなければ、首に負担がかかったり頭が深く落ち込んだりして眠りにくくなります。
首に負担がかからないぐらいの高さの枕が良く、自分の枕が高さが合っているか、一度確認した方が良いでしょう。


またその他の寝具も需要であり、布団を掛けすぎて暑苦しかったり、マットレスが柔すぎて体が沈みすぎる、逆に硬すぎて体が痛いということもあります。
枕以外の寝具も一度眠りやすいかどうか確認した方が良いでしょう。

朝は8時までに起きる

毎日ぐっすりと眠るポイントとして、毎日のリズムを作ると言うことはとても重要です。
朝8時には毎日起きるようにして、例え飲み会などで遅くなったとしても8時には一度起きるようにしましょう。
もちろん休みの日も8時に起きるようにします。


また起きたら必ず朝食を取るようにして、体を目覚めさせて下さい。
食べずにそのまま仕事をすると、空腹になり頭がぼーっとした状態で仕事をするので、仕事の効率が悪いです。
朝8時に起きて、その後必ず朝食を取る、これがポイントです。


年末年始やゴールデンウィークなどの休みの長い期間は、長期の旅行に行ったりして、生活リズムが狂うことも多いでしょう。
そのような時は夜型になってしまうようなこともあるかもしれませんが、そのような時でも休みが終わったら、すぐに8時に起きる生活に戻せば、自然と体内時計も元に戻り生活リズムも取り戻せます。

寝る間を惜し......まないで!

眠る 時間


収入を増やそうとすると、残業代を稼ぐために無理して遅くまで仕事をするような方もいますが、これは長期的に見ると賢いやり方ではありません。
収入を増やすためには、自分の環境を変えていき、基本的な収入を増やすようにすべきです。
寝る間も惜しんで仕事をすると言うのは、体に負担をかけるだけであり、仕事の効率も悪くなりますが、やがて体調を壊し病気になる可能性もあります。
そうなれば収入を増やすどころではありません。


面白いデータとして、6時間以下の睡眠を続ける人は、認識能力が2日間徹夜した人と変わらないという結果もあります。
そして恐ろしいことに、6時間以下の睡眠を続けている人は、自分たちの認識能力が低下しているという自覚がなかったのです。
このような結果からも睡眠時間を削って仕事を頑張ることは、体には悪い影響を与えることとなります。


人間の適切な睡眠時間というものは、個人差があり決まっていませんが、もしも普通の人なら8時間睡眠を心がけるようにした方が良いでしょう。
そうすることで、自然と仕事の効率や能力も上がっていき、やがて収入アップに繋がるかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「お金の雑学」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com