2016/03/20

使う

2145views

食費を見直すならランチ持参はジョーシキ!節約お弁当テクを公開!

毎日なにげなく使うランチ代。かなりの出費ですよ。

ランチ 手作り

毎日働いていても主婦であっても、外食で済ませるとランチ代はかかります。
しかしそれを自宅で作って持参すれば、かなりの金額を節約できます。
例えば、毎日ランチ代に500円使っているとしたら30日で15,000円です。
これが自宅で300円の食費で作れば12,000円となり、3,000円の節約です。
これに缶珈琲などを買わずに、お茶などを作って持っていけばさらに節約となります。


1ヶ月の節約金額は数千円から1万円ぐらいとなり、月単位で見ると小額ですが、これを年額で見るとかなりの金額となります。
もしも時間が無くて作れないなら、簡単に調理する方法をご紹介しますので、是非ともこれを参考にランチを作って持参して下さい。

「時間がない」とは言わせない!朝のお弁当時短テクニック6つ

お弁当 時短

テク1:夜ごはんの支度のついでに下準備をする

夜ご飯を作るついでに、お弁当を作るとわざわざお弁当を別途作る必要もありません。
ご飯のおかずを作るついでに、そのおかずをお弁当の一品として活用すれば、ついででお弁当が出来上がります。

テク2:同時に調理しちゃう!

同時に調理できる食材は一緒に調理しましょう。
鍋で野菜をまとめて茹でたり、オーブントースターで食材をまとめて焼いたりと、同時にすると手間が半分になります。

テク3:調理器具に入れっぱなし料理を取り入れる

調理器具を利用して、温めたり茹でたりするだけで出来る料理は簡単で手間がかかりません。
鍋で茹でておけば出来るようなものや、レンジで温めるだけで出来る料理は、調理過程が楽で良いです。

テク4:常に常備しておくものを決める

毎回何を作るか考えるのは大変でしょう。
そのために、常に常備しておくような食材を用意しておくと良いです。
そうすることで、その食材を中心としてレシピを考えられるので、使って食材がないということもありません。

テク5:定番メニューをいくつか決める

上の項目と似ていますが、定番メニューを決めると良いです。
そうすることで、お弁当のレシピが決まらないときや、どうしても時間がないときは、それを作ればすぐに出来上がります。

テク6:冷凍保存を上手く利用する

お弁当用の料理のテクニックで重要なのは、冷凍保存を上手く利用することです。
一度に少量ずつ作るとお金も余計にかかりますので、多めに作って、使わない分は冷凍保存すると良いです。
これは水分の多いものでも、工夫次第で冷凍保存も可能です。

主婦のミカタ!おかず別冷凍保存テクニック7つ

冷凍保存 テクニック


お弁当を作るなら冷凍保存を上手く使うと良いですが、食材によっては保存の仕方を間違えると解凍したときにパサパサになったりして、味が落ちる場合も多いです。
そのために保存には工夫の必要なものもあります。
ここでは定番メニューの保存テクニックをご紹介しましょう。

1. ハンバーグ

作ったらまずは冷ましてお弁当で使うサイズにして、1個ずつラップで包んで冷凍用の保存袋に入れて保存します。
ソースは別に瓶などに入れて保存しましょう。
生のまま保存すると、解凍したらパサパサになります。

2. オムレツ

こちらも、1個ずつラップで包んで冷凍用の保存袋に入れて保存します。
火を通してから保存するようにしましょう。

3. から揚げ

油を切って冷ましてから、1個ずつラップで包んで冷凍用の保存袋に入れて保存します。
調味料を一緒に入れておくと、中まで味が染みこみます。

4. とんかつ

お弁当で使うサイズにして、1個ずつラップで包んで冷凍用の保存袋に入れて保存します。
解凍するときは、トースターで焼くとかりっとして美味しいです。

5. コロッケ

こちらもとんかつと同じで、お弁当で使うサイズにして、1個ずつラップで包んで冷凍用の保存袋に入れて保存します。
解凍するときは、トースターで焼くとかりっとして美味しいです。

6. ナポリタン

お弁当に入れるカップに入れてから、1個ずつラップで包んで冷凍用の保存袋に入れて保存します。
解凍は電子レンジで行って構いません。

7. ひじきの煮物

1個ずつラップで包んで冷凍用の保存袋に入れて保存します。
レンジで解凍できるジップロックなどに、使う分ずつ分けて入れて保存しても良いでしょう。
自然解凍でも十分に解凍できるので手間がかかりません。

まずは1品から手作りを始めてみるのもアリ!

お弁当 1品 手作り


ランチを自炊して持っていくなら、急に全てを作ろうとはせずに、サラダやスープなど簡単なものから始めると良いです。
もちろん時間があるなら、本格的にランチを自宅で作ってお弁当として持っていっても構いません。


ただし時間がないと全部を作るのは大変なので、パンなどは買って食べる、冷凍食品を利用するなども便利です。
安いときにまとめ買いして、冷凍しておくと経済的にも助かります。
またランチでも、ご飯だけ持っていたりするだけでも、1日100円や200円の節約になります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com