2016/02/12

使う

914views

超低コストでキレイを手に入れるならコレで決まりっ!お水ダイエットのススメ

手順は「食べる前にコップ一杯のお水を飲む」だけ

水 画像

女性がよく読む雑誌を見てみると、たびたびダイエットに関する特集をやっています。
若い女性を中心として、「ダイエットしなくちゃ」と思っている人も多いでしょう。


理想を言えば、エステなどにお金をかけることもなく、着実に効果の出るダイエットがあればいうことないでしょう。
着実に効果が出るかは置いておいて、すぐにでも始められる水ダイエットを今回紹介します。


やり方は至極簡単です。
食前にコップ一杯の水を飲む、それだけです。
過度な食事制限など体に無理のかかるダイエットではなく、健康的に痩せられる可能性が高いです。

お水でキレイに痩せられる6つの理由

①代謝がよくなる

水ダイエットで水分を定期的に摂取することで、代謝の力が向上します。
同じ日常生活の作業でも、より多くのカロリーが消化できるようになり、痩せやすく太りにくい体質になります。


また新陳代謝が上がると、老廃物の排出などもスムーズになります。
その結果肌荒れやむくみなどの症状も軽減され、美しくダイエットできるわけです。

②カロリーの摂取量が減る

普段喉が渇いたときに、ジュースや清涼飲料水、炭酸飲料を摂取している人も多いでしょう。
一回これらのラベルをチェックしてほしいのですが、ほとんどの飲み物にカロリーが含まれているはずです。
ジュースには糖質が多く含まれているからです。


もし水ダイエットで喉が渇いたときにジュースや炭酸の代わりに水を飲む習慣をつけるとどうでしょうか?
これらのカロリーを摂取することなく、のどを潤すことができます。
1日当たりはそれほど大きな違いではないかもしれませんが、1か月・1年となればカロリー摂取量もそれなりに大きな差になるでしょう。

③食欲を抑える効果がある

ダイエットをしているときに問題となるのが、空腹感との戦いでしょう。
空腹感に我慢できなくなって、ダイエットに挫折する人も多いです。


しかし水ダイエットで食事をする前にコップ1杯の水を飲めば、その分胃袋に水分が貯まります。
その結果、普段よりも少ない食事量だったとしても、満腹感を得やすくなります。


またもともと水には、食欲を抑制する効果もあるといわれています。
これらの相乗効果によって、あまり空腹感にさいなまれることなく、無理なくダイエットを続けられるわけです。

④消化を助けてくれる

女性の中で、便秘に悩まされている人も多いです。
便秘が続くと宿便が腐敗してしまって、有毒な成分が血液に溶けて全身に回り、吹き出物などを作ってしまいます。


水は消化を助ける効能がありますから、食事前にコップ1杯の水を飲む習慣をつければ、お通じも良くなる可能性が高いです。
お通じによってデトックス効果も期待でき、健康的かつ美しくダイエットができるかもしれません。

⑤むくみ防止にもなる

むくみに悩まされている人も多いでしょうが、これは普段摂取している水分量が少ないからかもしれません。
私たちの身体の2/3は水によって構成されていて、これが少しでも減少すると生命の危機に立たされるといいます。

もし数%でも水分が減少してしまうと、これ以上水を排出しないために溜め込もうとします。


結果尿や汗の量も少なくなってしまって、血液はドロドロになりますし、体内に排出すべき老廃物も溜まってしまいます。
その結果がむくみと考えられているのです。


女性の中には水分を摂取するとむくむと考えて、極力水分を取らない人もいるようです。
しかし実際にはその逆で、適度に水分を摂取した方が余分な老廃物や水分の排出もスムーズになってむくみ解消の効果が期待できます。

⑥美肌になる

水を適度に摂取することで、肌の代謝を促進することができます。
どんどん新しい肌に変わっていくため、乾燥肌や肌荒れを改善する効果が期待できます。


その他にも肌の免疫機能を向上する効果も期待できます。
にきびなどの吹き出物に悩まされている人も肌のコンディションが改善する効果も期待できるわけです。

ただし、飲み過ぎには注意が必要


食前に1杯の水を飲むだけでダイエットや美肌効果が期待できるわけですから、かなり興味深いです。
ただし水ダイエットをする場合、やってはいけないNG行動もありますので、その部分には注意しましょう。


まずは水を飲み過ぎないことです。
たまに健康法で1日2リットルの水を飲むという方法が紹介されています。


しかし無理して水を飲んでしまうと余分な水分が体内に溜まってしまって、むくみを引き起こす原因にもなりかねません。
その他にも冷え性やめまい、頭痛、鼻炎、ぜんそくといった症状を引き起こす可能性があります。
食前コップ1杯、多くても2杯くらいまでにセーブしておきましょう。


特に夏場になると、冷蔵庫などでキンキンに冷やした水を飲みたくなる人も多いでしょう。
しかしキンキンに冷やした水を飲むと、かえってダイエットの妨げになる恐れがあります。


冷たい水を体内に入れると、脂肪燃焼を邪魔してしまって、思うようにカロリー消費ができなくなる恐れがあります。
また胃腸にかかる負担も大きくなるので、消化がスムーズにできなくなることも考えられます。
以上のような点に注意しながら、水ダイエットを取り入れて、健康的に体脂肪を減らしてみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com