2017/08/29

使う

1670views

高額なプロパンガス代の場所別節約方法を公開!

プロパンガス(LPガス)の料金は都市ガスの2~3倍!?

ガス代 画像

プロパンガスを自宅で使っている人はいますか?

もしかすると皆さんのガス料金、都市ガスの2~3倍も違っているかもしれません。

なぜここまでガスの費用に差が生じるか、まずはLPガスと都市ガスの違いを理解するところから始めましょう。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスって何が違うの?

都市ガスとLPガスは、まず原材料が異なります。
都市ガスはメタンを主成分にした天然ガスで、LPガスはプロパンやブタンを主成分に持つ液化石油ガスを使っています。


都市ガスの場合、ガス管を使って供給しています。
決められた基準で公共料金として値段が設定されています。


ところがLPガスの場合、各業者が自由に価格設定できるのです。
このため、都市ガスと比較するとどうしても価格が割高になる傾向が見られます。

 

都市ガスに変えたいといってもガス感がないという人もいるでしょう。

そこでこれからはプロパンでもできるガス料金の節約方法についてみていきましょう。

実践あるのみ!ガス代を節約する方法

キッチン編

1.レンジを活用する

野菜の下茹ではガスを使うのではなく電子レンジを活用すれば、安上がりです。
野菜をラップで包むもしくは耐熱容器を利用すれば簡単に下茹でできます。

2.IHクッキングヒーターを活用する

IHクッキングヒーターは電気の力で調理をするため、ガスの消費を抑制できます。

炎を使わないので火事の危険性も減らせるメリットもあります。

3.圧力鍋を活用する

圧力鍋を利用すると、従来の鍋を使った調理よりも時間をかなり短縮できます。
調理時間を短縮できれば、おのずとガス料金の節約効果が見込めるわけです。

4.蓋を活用する

落とし蓋などを活用すると、熱が逃げにくくなります。

結果早く沸騰することになって、無駄なガス消費を防げます。

5.お湯を沸かす時は電気ケトルを使用する

お湯を沸かすときは電気ケトルと活用すると、ガス代の節約ができます。
電気料金の安い時間帯にお湯を沸かせば、さらなる節約効果が期待できます。

6.炎は鍋底からはみ出さないようにする

ガスをつけるときに鍋底から炎がはみ出ていると、効率が悪くなります。
炎のはみ出ている部分はうまく鍋に熱を伝えられなくなるからです。

7.鍋底の水滴を拭き取ってから火にかける

鍋底の水滴をふき取って火にかけると、ガスの使用量を2%節約できるといわれています。

8.大きな鍋底の鍋で料理する

小さい鍋よりも大きめの鍋を使って調理をした方が、ガスの熱を無駄なく鍋の中に伝えることができます。

 

バスルーム編

1.給湯でお湯張りをする

給油方式をとった方が自らお湯を沸かす風呂釜と比較するとガス消費を少なくできます。
年間で給油にすれば風呂釜と比較して、かなり節約することも可能です。

2.お風呂のふたをこまめに閉める

風呂のふたを閉めることでお湯の熱が逃げにくくなり、冷えなくなります。

追い焚きなどもする必要がなくなって、ガス料金の節約ができるわけです。

3.時間を空けずに続けて入浴する

できるだけ家族が立て続けに入浴すれば、お湯が冷えることもなくなります。

追い焚きの回数も減って、ガス消費量を少なくできます。

4.ひとり1分シャワーを短縮する

できるだけシャワーの時間を短くしましょう。
資源エネルギー庁のデータによると、1日1分シャワーを短縮すれば年間1755円節約できるといいます。

5.浴槽入浴を取り入れる

シャワーを17分くらい使っていると、浴槽一杯分くらいの水を使うことになります。
浴槽入浴を心がけた方が、結局ガスの消費量も少なくできるわけです。

6.設定温度を下げる

設定温度が高いとガスも多く消費して温めないといけません。
適温を心がけるようにしましょう。

7.節水シャワーヘッドに切り替える

節水シャワーヘッドは、穴の大きさや数を少なくして使用する水量を少なくできます。
ガス料金だけでなく、水道料金の節約効果も期待できるわけです。

特にバスルームの取り組みはダイレクトに反映される

バスルーム 画像

このようにちょっと日常生活のいろいろな光景で工夫をすれば、プロパンガスの料金を節約できるわけです。
特に上で紹介した節約方法の中でも、風呂場の節約効果はかなり大きいです。


まとまった水を40度くらいのお湯に変えるわけですから、それなりにガスを消費してしまいます。
しかもお湯を張って何度も追い焚きをして、シャワーもガンガン使うといったスタイルをとれば、プロパンガスをどんどん消費してしまいます。


上で紹介した方法を使って、節約生活にチャレンジしてみませんか?
年間で比較をすれば、かなりのお金を使わずに済むはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com