2016/01/28

お金の雑学

1560views

【完全保存版】興行収入100億円を超えた大ヒット映画ランキングを一挙紹介します!

興行収入が100億円を超えた歴代の超大作を一挙ご紹介!

​​​​​​​

あなたは映画を観るのは好きですか?

今日は日本で公開された邦・洋画の興行収入上位ランキングを発表します。

TOP20に入っている映画はすべて興行収入が100億円を超え、超大作と呼ばれるものばかり。

そのタイトルは誰もが知っているのではないでしょうか。


あなたはランキング20位に入っている作品のうち、どれだけ観たことがあるでしょうか。

お気に入りの映画は入っているのかも気になるところですね。


ではさっそくランキングをみていきましょう。


※各作品の画像および作品の紹介文はAmazon.co.jpから引用。

20位からみていきましょう

[20位]ハリー・ポッターと炎のゴブレット 110.0億円

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 

『ハリー・ポッター』シリーズ第4作目となる本作では、これまでのシリーズとは一変。

ハリー、ロン、ハーマイオニーは少年期に永遠の別れを告げ、これまで経験したことのない数多くの局面に直面することに・・・。

[20位]マトリックス リローデッド 110.0億円

マトリックス リローデッド 

マトリックス(仮想世界)を創造した人工知能のマシン軍団が、人類の最後の砦である都市・ザイオンを発見し、攻撃を開始する。

人類の救世主と目されたネオも、自らのパワーに気づいて精神的に成長。

マトリックスの刺客との対決はもちろん、時速300kmでスーパーマンのように飛行し、仲間のピンチを救う。

[20位]ファインディング・ニモ 110.0億円

ファインディング・ニモ

グレート・バリアリーフを舞台に、魚の親子の絆を描くディズニー感動アニメ。

父・マーリンの目の前でダイバーにさらわれてしまったニモ。

広い海の中から息子を見つけ出すために、ニモの行方を知っているというドリーと共に、マーリンの大冒険が始まる。

[19位]インデペンデンス・デイ 113.1億円

インデペンデンス・デイ

『2012』のローランド・エメリッヒ監督がウィル・スミス主演で描いたSF大作。

巨大宇宙船で到来した異星人の襲撃により、人類は絶滅の危機に陥る。

ある天才技師は、宇宙船の信号が地球を攻撃するカウントだと発見するが…。

[1位]風立ちぬ 116.4 億円

風立ちぬ 

イタリアのカプローニへの時空を超えた尊敬と友情、後に神話と化した零戦の誕生、薄幸の少女菜穂子との出会いと別れ。
この映画は、実在の人物、堀越二郎の半生を描く─。

[17位]アリス・イン・ワンダーランド 118.0 億円

アリス・イン・ワンダーランド

「不思議の国のアリス」にティム・バートン監督が独自のオマージュを捧げ“アリスのその後の世界”を描いたファンタジー・アドベンチャー。

19歳に成長したアリスをアンダーランドの奇妙な住人と摩訶不思議な体験が待ち受ける。

[16位]スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 132.6億円

スター・ウォーズ エピソード1

 「これは嫌な予感がするな」、スターウォーズ:エピソードI、ファントム・メナスでユアン・マクレガー演じる若き日のオビ=ワン・ケノービは宇宙船から降り立ち、こうつぶやく。

映画史上他に類のないほど待ち望まれた作品の冒頭部分である。

[15位]ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 135.0億円

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

13歳になったハリーを待ち受けるかつていない危機と驚愕の真実。

ハリーが直面する両親の死の真相、そして存在の意味とは一体…。

[14位]ラストサムライ 137.0億円

ラストサムライ

 明治維新直後の日本で、軍を近代化したい政府の要請を受け、南北戦争の英雄オールグレンが招かれる。ごう慢な態度で軍を教育する彼だったが、反政府の侍たちとの戦いに敗れ、囚われの身となった山里で武士道精神にめざめていく。

[13位]ジュラシック・パーク 141.1億円

ベストセラー作家マイケル・クライトンの原作を、スピルバーグが驚愕のVFX映像で映画化したパニック・アクション大作。あたかも本物の恐竜が現代に甦ったかの如くリアルなCG映像を実現した。

[12位]アルマゲドン 142.0億円

アルマゲドン

地球滅亡の危機に挑む男たちの、命を賭けた活躍を描いた、ブルース・ウィリス主演で贈る傑作SFアクションドラマ。

監督は「ザ・ロック」のマイケル・ベイ。

[11位]崖の上のポニョ 155.0 億円 

崖の上のポニョ 

宮崎駿監督がアンデルセンの「人魚姫」をモチーフに、舞台を今日の日本に移し、幼い子供たちの愛と冒険を描いたファンタジーアニメ。

崖の上の一軒家に住む少年・宗介に助けられたさかなの子・ポニョは、人間になりたいと願うようになり…。

[10位]アバター 156.0 億円

アバター

『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が贈るSFアクション大作。

地球から遥か離れた惑星・パンドラに住む原住民と接触するために計画された、“アバタープロジェクト”に参加することになった元海兵隊員の冒険と成長を描く。

[9位]E.T. 163.5億円

地球に取り残されたエイリアン、E.T.。孤独な10歳の少年は、そのエイリアンを家へ連れて行きたいと思った・・・。あまりにも有名なテーマ曲と共に今もなお色褪せない、スティーブン・スピルバーグ監督の最高傑作!

[8位]ハリー・ポッターと秘密の部屋 173.0億円

ハリー・ポッターと秘密の部屋

「ハリー・ポッター」シリーズ第2章。

叔母と叔父から容赦ない仕打ちを受け、楽しい夏休みを送れないハリー。

そんなある日、寝室に屋敷のしもべ妖精・ドビーが現れる。

[7位]踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 173.5億円



織田裕二主演の刑事ドラマの劇場版第2弾。お台場で猟奇殺人事件が発生し、同じ頃に起こった婦女暴行事件やスリ事件を追う青島刑事らも捜査に参加する。

しかし、捜査本部で指揮を執る女性管理官・沖田は殺人以外の事件を軽視。青島らは彼女と対立する。

[6位]もののけ姫 192.1億円

もののけ姫

  生きるためには闘っていかなくてはいけないという、アシタカ、サンらの壮絶な生きざまを、ファンタジックなキャラクターを駆使して描いた、アニメ界の巨匠・宮崎駿監督作。

構想16年、製作期間3年という力作だけあって、練りに練られたストーリーの中に、監督の哲学がしっかりと息づいている。

海外でも公開され、絶賛された宮崎アニメの最高峰だ。

[5位]ハウルの動く城 196.0億円

ハウルの動く城

 宮崎駿監督が発表した長編アニメーション(2004年公開)。

魔女の呪いで90歳の老婆に変えられてしまった少女ソフィーと、人々に恐れられているが実は臆病者の美青年魔法使いハウルが、王国の争いに巻き込まれながら心を通わせていく。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「魔法使いハウルと火の悪魔」を原作としたファンタジー。

[4位]ハリー・ポッターと賢者の石 203億円

ハリー・ポッターと賢者の石

ダニエル・ラドクリフ主演による「ハリー・ポッター」シリーズの第1章。

孤独な日々を送る少年、ハリー・ポッターの下に「ホグワーツ魔法魔術学校への入学を許可します」という手紙が届き…。

[3位]アナと雪の女王    259.2億円

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作による2013年公開のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画。

2013年度アカデミー長編アニメ映画賞受賞作品。

[2位]タイタニック 272.0億円

タイタニック

1912年、処女航海に出た豪華客船タイタニック号。

新天地アメリカを目指す画家志望の青年ジャックと上流階級の娘ローズは船上で運命的な出会いを果たす。

身分違いの恋を乗り越え強い絆で結ばれていく2人。

しかし不沈を誇っていた豪華客船は皮肉な運命に見舞われる……。

[1位]千と千尋の神隠し  304億円 

千と千尋の神隠し

わがままで無気力、どこにでもいるような現代っ子の千尋は、引越しの途中で、不思議な町に迷い込む。

謎の少年ハクに手引きされ、八百万の神様たちが入浴しに来る「油屋(ゆや)」で「千」と呼ばれながら働くことになった千尋。

さまざまな体験や冒険をとおして、少女は「生きる力」を取り戻していく…。

あの頃を思い出す名作の数々…

1位は2001年に公開された「千と千尋の神隠し」でした。

予測通りでしたか?

興行収入額はなんと304億円。

2014年に公開された「アナと雪の女王」も興行収入をどんどん伸ばし、歴代1位になるかという勢いでしたが、300憶円には届きませんでした。


ちなみに動員数でみると、千と千尋の神隠しが2350万人、アナと雪の女王が2003万人。
1965年に開催された東京オリンピックの動員が1950万人ですので、とんでもない数の人がこれらの作品を観るために映画館に足を運んだかがうかがえます。

参考:wikipedia日本歴代興行成績上位の映画一覧


TOP20の中ではハリーポッターシリーズが4タイトル、宮崎駿監督作品が5タイトルランクインされていました。

人気シリーズや人気監督の作品はそれだけで期待値が高まりますが、それを裏切らない作品だったということがこの結果からわかるでしょう。


さて今後は、この記録を破る超大作は生まれるのでしょうか?

楽しみにしたいところですね。


〈 年ごとの映画興行収入ランキングもチェック! 〉


 1位は4Dで話題のスピルバーグ監督作品。映画興行収入ランキング【2015年】

 あのディズニー映画が国内歴代記録を達成。映画興行収入ランキング【2014年】

 宮﨑 駿監督作品が100億円を超え1位に。映画興行収入ランキング【2013年】

 邦画が健闘!1位はあの人気シリーズ第4弾。映画興行収入ランキング【2012年】

 記録的ヒット小説が原作の人気シリーズ完結映画興行収入ランキング【2011年】

 1位はティム・バートン監督のあのディズニー映画。映画興行収入ランキング【2010年】

 3D映像で話題のあの作品が圧倒的トップ。映画興行収入ランキング【2009年】

 1位はつい口ずさんでしまう主題歌の宮崎アニメ。映画興行収入ランキング【2008年】

 人気シリーズ2年連続1位。映画興行収入ランキング【2007年】

 ジョニー・デップのあのシリーズと言えば?映画興行収入ランキング【2006年】

記録的ヒット小説が原作の人気シリーズ、第4巻映画興行収入ランキング【2005年】

上位3位が100億円超え。映画興行収入ランキング【2004年】
100億円超えが4作品もあったヒット当たり年。映画興行収入ランキング【2003年】
シリーズ作品がすべて年間1位になるという驚異。映画興行収入ランキング【2002年】
1位の興行収入は304億円という歴代記録誕生。映画興行収入ランキング【2001年】
● 世界的ヒットのトム・クルーズ主演作品が1位。映画興行収入ランキング【2000年】
● 1位は16年振りに製作されたあの大作。映画興行収入ランキング【1999年】
● 1位はブルース・ウィリス主演のSFアクション映画。映画興行収入ランキング【1998年】
● 邦画、洋画とも歴史に残る超大作が生まれた年。映画興行収入ランキング【1997年】
● アメリカのSF大作映画が100億円超え。映画興行収入ランキング【1996年】
● ブルース・ウィリス主演のアクション映画が1位。映画興行収入ランキング【1995年】


この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「お金の雑学」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com